銀線台から高原温泉へ ぷらぷら縦走😺

2021.09.26(日) 日帰り

ガッツリ歩きたい気分満載の今日この頃 しかし 日の出は遅く 日の入りは早い のんびりしていると日暮れが迫ります😅 まだまだ初心者 安全を心がけて歩きます 今日は色々選択肢はあったのですが 事情が合わなかったり色々😅 行き先は石北峠で朝焼けを見て決めよう! 来年と思っていたのですが!三国峠に曲がる先行車につられて曲がり レイクサイドへ 車うじゃうじゃ 人も沢山😅嘘でしょう まだ5時半すぎです😅 なんとか銀線台バスの始発の組に入れました。 高原温泉行きは激混み長蛇の列 慌てて並んだ為 ザックの中身を調整せず😅 一眼レフの二台持ち 一台はマクロレンズを装着したままザックの中で揺られて終わり 13キロ越えのザックを背負うことに、トレーニング登山では無いのですが💦 色々と試行錯誤で標準レンズで何処まで写せるかの挑戦💦 250枚撮していました そう言いながら 山の空気は最高のご馳走です! なので本日もゆっくり 季節と空気の移り変わりを楽しむ旅でした。 ここから先は写真と共に  

見事な朝焼け さて何処に行こう ヤマップで登山計画を沢山立てていたので迷う

見事な朝焼け さて何処に行こう ヤマップで登山計画を沢山立てていたので迷う

見事な朝焼け さて何処に行こう ヤマップで登山計画を沢山立てていたので迷う

銀線台から雲海が見えました! 

銀線台から雲海が見えました!

銀線台から雲海が見えました! 

歩きますか😺 そういえば😅ザックの中身はトレーニング用で13キロ 今日は写真は程々に

歩きますか😺 そういえば😅ザックの中身はトレーニング用で13キロ 今日は写真は程々に

歩きますか😺 そういえば😅ザックの中身はトレーニング用で13キロ 今日は写真は程々に

でも 見晴台まで来るとついつい

でも 見晴台まで来るとついつい

でも 見晴台まで来るとついつい

2週間前は綺麗な赤でしたが 今はすっきり

2週間前は綺麗な赤でしたが 今はすっきり

2週間前は綺麗な赤でしたが 今はすっきり

しもばしら 昔 「しもばしら」という 涼 鳩十 さんが物語を書かれた絵本がありました。
人間の里山開発の為に住み家を奪われた きつねの親子の物語です。
ラストシーンで「しもばしら」という言葉が出てきます。
何とも言えない気持ちになるラストシーン 今の自分たちの暮らしが 今までそこに住んでいた動物達の犠牲の元に成り立っている事を私の子供心に深く刻んだ作品です。 「しもばしら」を見ると思い出さずにはいられない物語です。

しもばしら 昔 「しもばしら」という 涼 鳩十 さんが物語を書かれた絵本がありました。 人間の里山開発の為に住み家を奪われた きつねの親子の物語です。 ラストシーンで「しもばしら」という言葉が出てきます。 何とも言えない気持ちになるラストシーン 今の自分たちの暮らしが 今までそこに住んでいた動物達の犠牲の元に成り立っている事を私の子供心に深く刻んだ作品です。 「しもばしら」を見ると思い出さずにはいられない物語です。

しもばしら 昔 「しもばしら」という 涼 鳩十 さんが物語を書かれた絵本がありました。 人間の里山開発の為に住み家を奪われた きつねの親子の物語です。 ラストシーンで「しもばしら」という言葉が出てきます。 何とも言えない気持ちになるラストシーン 今の自分たちの暮らしが 今までそこに住んでいた動物達の犠牲の元に成り立っている事を私の子供心に深く刻んだ作品です。 「しもばしら」を見ると思い出さずにはいられない物語です。

紅葉は終わりの時を告げていますが 惜しむように登ります

紅葉は終わりの時を告げていますが 惜しむように登ります

紅葉は終わりの時を告げていますが 惜しむように登ります

所々で最後の赤

所々で最後の赤

所々で最後の赤

ウラジロナナカマドは 殆どが実だけに

ウラジロナナカマドは 殆どが実だけに

ウラジロナナカマドは 殆どが実だけに

紅葉も終わり 冬の訪れを待つばかりです

紅葉も終わり 冬の訪れを待つばかりです

紅葉も終わり 冬の訪れを待つばかりです

晩秋デスね

晩秋デスね

晩秋デスね

沼に薄氷が張っていました

沼に薄氷が張っていました

沼に薄氷が張っていました

ウレシマツツジ この株だけ色が残っていました

ウレシマツツジ この株だけ色が残っていました

ウレシマツツジ この株だけ色が残っていました

第4雪渓の木道!🆕 強力さん達ありがとうございます

第4雪渓の木道!🆕 強力さん達ありがとうございます

第4雪渓の木道!🆕 強力さん達ありがとうございます

ここは草紅葉が残っていました!

ここは草紅葉が残っていました!

ここは草紅葉が残っていました!

赤岳山頂 自分は影で映り込み 

赤岳山頂 自分は影で映り込み

赤岳山頂 自分は影で映り込み 

赤岳 第三雪渓ぐらいから足の指がなんとなくつる😅どうする私

赤岳 第三雪渓ぐらいから足の指がなんとなくつる😅どうする私

赤岳 第三雪渓ぐらいから足の指がなんとなくつる😅どうする私

ペースダウンでゆっくりここまで😅 銀線台に引き返す? 

ペースダウンでゆっくりここまで😅 銀線台に引き返す?

ペースダウンでゆっくりここまで😅 銀線台に引き返す? 

白骨化した木の枝とコケモモのコラボレーション

白骨化した木の枝とコケモモのコラボレーション

白骨化した木の枝とコケモモのコラボレーション

チョウノスケソウの枯れ葉と これは何?  このオブジェは時間をかけて撮してみたいです

チョウノスケソウの枯れ葉と これは何?  このオブジェは時間をかけて撮してみたいです

チョウノスケソウの枯れ葉と これは何?  このオブジェは時間をかけて撮してみたいです

標準レンズでは伝わらない素晴らしさら

標準レンズでは伝わらない素晴らしさら

標準レンズでは伝わらない素晴らしさら

今年四度目の分岐です

今年四度目の分岐です

今年四度目の分岐です

チョコレート色のイワウメ 来年の課題かな

チョコレート色のイワウメ 来年の課題かな

チョコレート色のイワウメ 来年の課題かな

緑岳 到着 トムラウシ方面も お鉢方面もよく見えます!
足指のつりも直った様です! 休憩してのんびり降ります!

緑岳 到着 トムラウシ方面も お鉢方面もよく見えます! 足指のつりも直った様です! 休憩してのんびり降ります!

緑岳 到着 トムラウシ方面も お鉢方面もよく見えます! 足指のつりも直った様です! 休憩してのんびり降ります!

トムラウシ山がガッツリ見えます 秋のラストシーンは沼ノ原に行きたい気分

トムラウシ山がガッツリ見えます 秋のラストシーンは沼ノ原に行きたい気分

トムラウシ山がガッツリ見えます 秋のラストシーンは沼ノ原に行きたい気分

ここを降ります 高原沼もよく見えます

ここを降ります 高原沼もよく見えます

ここを降ります 高原沼もよく見えます

ボルドー色のウラシマツツジ 緑の絨毯が良い色しています

ボルドー色のウラシマツツジ 緑の絨毯が良い色しています

ボルドー色のウラシマツツジ 緑の絨毯が良い色しています

今日一番の美人コケモモ

今日一番の美人コケモモ

今日一番の美人コケモモ

這松 雪が降るとなんとなく邪魔者扱いされますが、私は結構好きです

這松 雪が降るとなんとなく邪魔者扱いされますが、私は結構好きです

這松 雪が降るとなんとなく邪魔者扱いされますが、私は結構好きです

ナッキーとの遭遇を期待して ゆくっり ゆくっり 鈴の音を消して降りていたら!

ナッキーとの遭遇を期待して ゆくっり ゆくっり 鈴の音を消して降りていたら!

ナッキーとの遭遇を期待して ゆくっり ゆくっり 鈴の音を消して降りていたら!

オコジョではありませんか♪

オコジョではありませんか♪

オコジョではありませんか♪

近接近 ネズミぽいけどもこの子はイタチ😅捕食者です ナッキー狙い?

近接近 ネズミぽいけどもこの子はイタチ😅捕食者です ナッキー狙い?

近接近 ネズミぽいけどもこの子はイタチ😅捕食者です ナッキー狙い?

這松さん コントラストが素敵良い仕事しています!
先程遭遇したオコジョは単独行動ですがオコジョが徘徊しているからなのか
ナッキーは鳴き声だけでした

這松さん コントラストが素敵良い仕事しています! 先程遭遇したオコジョは単独行動ですがオコジョが徘徊しているからなのか ナッキーは鳴き声だけでした

這松さん コントラストが素敵良い仕事しています! 先程遭遇したオコジョは単独行動ですがオコジョが徘徊しているからなのか ナッキーは鳴き声だけでした

さて ここからは少し速度を上げて歩きます!

さて ここからは少し速度を上げて歩きます!

さて ここからは少し速度を上げて歩きます!

と言いつつ 直ぐにぱしゃりと 良い目印になりそうなので

と言いつつ 直ぐにぱしゃりと 良い目印になりそうなので

と言いつつ 直ぐにぱしゃりと 良い目印になりそうなので

秋のメインは紅葉だけではありません 枯れ草は名脇役

秋のメインは紅葉だけではありません 枯れ草は名脇役

秋のメインは紅葉だけではありません 枯れ草は名脇役

ドライフラワーのよう

ドライフラワーのよう

ドライフラワーのよう

目印に  画像がヤバイ レンズが汚れた? 異物

目印に  画像がヤバイ レンズが汚れた? 異物

目印に  画像がヤバイ レンズが汚れた? 異物

!正に今年は当たり年

!正に今年は当たり年

!正に今年は当たり年

飽きもせず又チングルマの綿毛を撮しています 

飽きもせず又チングルマの綿毛を撮しています

飽きもせず又チングルマの綿毛を撮しています 

この子の青は好きな青

この子の青は好きな青

この子の青は好きな青

チングルマの綿毛 ザックインしている35mmの一眼レフ マクロレンズ装着 出すか出さないか 迷いましたが そのまま ザックのお荷物決定

チングルマの綿毛 ザックインしている35mmの一眼レフ マクロレンズ装着 出すか出さないか 迷いましたが そのまま ザックのお荷物決定

チングルマの綿毛 ザックインしている35mmの一眼レフ マクロレンズ装着 出すか出さないか 迷いましたが そのまま ザックのお荷物決定

紅葉が迫ってきます

紅葉が迫ってきます

紅葉が迫ってきます

今日のお気に入りの1枚

今日のお気に入りの1枚

今日のお気に入りの1枚

沼がちらほら 第二花園

沼がちらほら 第二花園

沼がちらほら 第二花園

木道登場 夏の初めは花園全体が雪渓だったので姿がわかりませんでした!

木道登場 夏の初めは花園全体が雪渓だったので姿がわかりませんでした!

木道登場 夏の初めは花園全体が雪渓だったので姿がわかりませんでした!

苔が美しい!

苔が美しい!

苔が美しい!

第一花園 このまま素直に降れば 14時半のバスに間に合う感じですが
14時から15時のバスは激混みとか? コロナの影響で人数制限あり 待たされるなら ゆくっり紅葉を楽しみます!

第一花園 このまま素直に降れば 14時半のバスに間に合う感じですが 14時から15時のバスは激混みとか? コロナの影響で人数制限あり 待たされるなら ゆくっり紅葉を楽しみます!

第一花園 このまま素直に降れば 14時半のバスに間に合う感じですが 14時から15時のバスは激混みとか? コロナの影響で人数制限あり 待たされるなら ゆくっり紅葉を楽しみます!

朝こちらから登れば光の加減が良さげなポイント

朝こちらから登れば光の加減が良さげなポイント

朝こちらから登れば光の加減が良さげなポイント

枯れ葉のカサカサという音に癒やされます

枯れ葉のカサカサという音に癒やされます

枯れ葉のカサカサという音に癒やされます

遊び心

遊び心

遊び心

フジバカマ 山野草 春食べれるものばかり注目して 秋にひっそり佇む子達をおそろそかにしてました

フジバカマ 山野草 春食べれるものばかり注目して 秋にひっそり佇む子達をおそろそかにしてました

フジバカマ 山野草 春食べれるものばかり注目して 秋にひっそり佇む子達をおそろそかにしてました

ゴゼンタチバナ 良い色しています

ゴゼンタチバナ 良い色しています

ゴゼンタチバナ 良い色しています

また この子も素敵

また この子も素敵

また この子も素敵

倒木がゆっくり自然に却ってゆきます

倒木がゆっくり自然に却ってゆきます

倒木がゆっくり自然に却ってゆきます

ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリー

紅葉ゾーンまで降りました

紅葉ゾーンまで降りました

紅葉ゾーンまで降りました

サワヒヨドリ で良いのか? 日の当たり加減で白に近い株もありましたとき

サワヒヨドリ で良いのか? 日の当たり加減で白に近い株もありましたとき

サワヒヨドリ で良いのか? 日の当たり加減で白に近い株もありましたとき

あともう少しで高原温泉 名残惜しい

あともう少しで高原温泉 名残惜しい

あともう少しで高原温泉 名残惜しい

登山口 到着

登山口 到着

登山口 到着

今日も煮たって降ります

今日も煮たって降ります

今日も煮たって降ります

この紅葉ゲートが本当にラスト

この紅葉ゲートが本当にラスト

この紅葉ゲートが本当にラスト

無事下山 14時半のバスに乗れる時間でしたが🈵の為 14時50分の増便に乗車
高原温沼から次々と人が😅バス待ちの列が長い!

無事下山 14時半のバスに乗れる時間でしたが🈵の為 14時50分の増便に乗車 高原温沼から次々と人が😅バス待ちの列が長い!

無事下山 14時半のバスに乗れる時間でしたが🈵の為 14時50分の増便に乗車 高原温沼から次々と人が😅バス待ちの列が長い!

見事な朝焼け さて何処に行こう ヤマップで登山計画を沢山立てていたので迷う

銀線台から雲海が見えました! 

歩きますか😺 そういえば😅ザックの中身はトレーニング用で13キロ 今日は写真は程々に

でも 見晴台まで来るとついつい

2週間前は綺麗な赤でしたが 今はすっきり

しもばしら 昔 「しもばしら」という 涼 鳩十 さんが物語を書かれた絵本がありました。 人間の里山開発の為に住み家を奪われた きつねの親子の物語です。 ラストシーンで「しもばしら」という言葉が出てきます。 何とも言えない気持ちになるラストシーン 今の自分たちの暮らしが 今までそこに住んでいた動物達の犠牲の元に成り立っている事を私の子供心に深く刻んだ作品です。 「しもばしら」を見ると思い出さずにはいられない物語です。

紅葉は終わりの時を告げていますが 惜しむように登ります

所々で最後の赤

ウラジロナナカマドは 殆どが実だけに

紅葉も終わり 冬の訪れを待つばかりです

晩秋デスね

沼に薄氷が張っていました

ウレシマツツジ この株だけ色が残っていました

第4雪渓の木道!🆕 強力さん達ありがとうございます

ここは草紅葉が残っていました!

赤岳山頂 自分は影で映り込み 

赤岳 第三雪渓ぐらいから足の指がなんとなくつる😅どうする私

ペースダウンでゆっくりここまで😅 銀線台に引き返す? 

白骨化した木の枝とコケモモのコラボレーション

チョウノスケソウの枯れ葉と これは何?  このオブジェは時間をかけて撮してみたいです

標準レンズでは伝わらない素晴らしさら

今年四度目の分岐です

チョコレート色のイワウメ 来年の課題かな

緑岳 到着 トムラウシ方面も お鉢方面もよく見えます! 足指のつりも直った様です! 休憩してのんびり降ります!

トムラウシ山がガッツリ見えます 秋のラストシーンは沼ノ原に行きたい気分

ここを降ります 高原沼もよく見えます

ボルドー色のウラシマツツジ 緑の絨毯が良い色しています

今日一番の美人コケモモ

這松 雪が降るとなんとなく邪魔者扱いされますが、私は結構好きです

ナッキーとの遭遇を期待して ゆくっり ゆくっり 鈴の音を消して降りていたら!

オコジョではありませんか♪

近接近 ネズミぽいけどもこの子はイタチ😅捕食者です ナッキー狙い?

這松さん コントラストが素敵良い仕事しています! 先程遭遇したオコジョは単独行動ですがオコジョが徘徊しているからなのか ナッキーは鳴き声だけでした

さて ここからは少し速度を上げて歩きます!

と言いつつ 直ぐにぱしゃりと 良い目印になりそうなので

秋のメインは紅葉だけではありません 枯れ草は名脇役

ドライフラワーのよう

目印に  画像がヤバイ レンズが汚れた? 異物

!正に今年は当たり年

飽きもせず又チングルマの綿毛を撮しています 

この子の青は好きな青

チングルマの綿毛 ザックインしている35mmの一眼レフ マクロレンズ装着 出すか出さないか 迷いましたが そのまま ザックのお荷物決定

紅葉が迫ってきます

今日のお気に入りの1枚

沼がちらほら 第二花園

木道登場 夏の初めは花園全体が雪渓だったので姿がわかりませんでした!

苔が美しい!

第一花園 このまま素直に降れば 14時半のバスに間に合う感じですが 14時から15時のバスは激混みとか? コロナの影響で人数制限あり 待たされるなら ゆくっり紅葉を楽しみます!

朝こちらから登れば光の加減が良さげなポイント

枯れ葉のカサカサという音に癒やされます

遊び心

フジバカマ 山野草 春食べれるものばかり注目して 秋にひっそり佇む子達をおそろそかにしてました

ゴゼンタチバナ 良い色しています

また この子も素敵

倒木がゆっくり自然に却ってゆきます

ブルーベリー

紅葉ゾーンまで降りました

サワヒヨドリ で良いのか? 日の当たり加減で白に近い株もありましたとき

あともう少しで高原温泉 名残惜しい

登山口 到着

今日も煮たって降ります

この紅葉ゲートが本当にラスト

無事下山 14時半のバスに乗れる時間でしたが🈵の為 14時50分の増便に乗車 高原温沼から次々と人が😅バス待ちの列が長い!

この活動日記で通ったコース

体力度
2