七面山・希望峰

2021.09.25(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

15:31

距離

20.0km

上り

2315m

下り

2305m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 7
休憩時間
4 時間 12
距離
10.0 km
上り / 下り
1815 / 614 m
49
25
56
1 1
54
22
26
31
1 41
DAY 2
合計時間
4 時間 24
休憩時間
27
距離
9.9 km
上り / 下り
496 / 1691 m
16
23
35
2 17

活動詳細

すべて見る

山岳会で一泊で七面山に行く。泊まるのは、敬慎院。 今回5時50分に家を出て、途中の駅で会員をピックアップして藤野PAでリーダーと落ち合う。その後は2台の車で羽衣登山口にそれぞれのペースで。 登山開始も私は夫と2人で登る。リーダーと会員は、取材をしながら登ると言うから、先に駐車場に着き、登り始める。 表参道で1丁目から50丁目まである。広々として同じような傾斜が続くので1キロ22分から25分ペース。敬慎院までは急登もなく歩きやすかった。 敬慎院の上の広場には鹿🦌が数頭いて、人馴れしているのか逃げなかった。 なだらかな森を抜けると登山道らしい山道になる。この頃になるとガスが出てきて景色はよく見えない。 ゆっくり登ると七面山頂。ガスがなくとも展望はない山の中の山頂。 名前につられて『希望峰』へ!美しい神秘的な森を抜けていく。ガスが取れると展望が良い。束の間の景色を楽しむ。 一気に敬慎院まで下る。 敬慎院では思わぬ体験ができた。 まず石鹸は使えないがお風呂にはいれた。汗を流せたのでサッパリ! 精進料理美味しかった。その間に布団を敷いてくれていた。線路のような長い敷布団と掛け布団。枕を並べてインナーシュラフをセットする。 18時半から御開帳があった。ホットカーペットの上に正座した。椅子もあった。 19時から夜のお勤めがあり資料を見ながらお経を聞く。 口の動きが早く、5人の僧侶が唱えているが、それぞれ息継ぎする場所が違い、一つの流れになって早い。リズム感がよかった。 21時消灯だが、やることがないので20時頃床に入った。 朝は5時起床だが、3時頃から動きがあり目覚める。 5時半から朝のお勤め。御来光を優先していいとのことだが、朝方雨が降っていたので私たちは、お経を聞いていた。 その後朝の精進料理をいただき、下山。 下山は、北参道を下る。 安住坊で、コーヒーを淹れて休憩していたら雨が降ってきた。予定より少し雨が早かった。雨具を着たが暑くて、汗でビッショリ。 白糸の滝を見て駐車場に着いた。 帰り道、つむぎの湯で汗を流す。400円で泡バブもありいい風呂だった。また行きたいお風呂。 その後遠回りではあったが、お食事どころ『川』で、遅い昼食。ここも美味しくいただけた。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。