伊豆半島縦断ロングトレイル!温泉宿に泊まり2泊3日で歩く66キロ

2021.09.23(木) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 6
休憩時間
35
距離
19.3 km
上り / 下り
1411 / 1016 m
2 55
6
27
26
19
14
38
37
DAY 2
合計時間
9 時間 43
休憩時間
41
距離
25.3 km
上り / 下り
1922 / 1700 m
36
3
38
36
1 6
26
21
28
5
6
40
22
16
24
51
19
DAY 3
合計時間
8 時間 53
休憩時間
1 時間 7
距離
21.5 km
上り / 下り
1131 / 1702 m
9
1 56

活動詳細

すべて見る

動画 https://youtu.be/y4j4IvVINuA 当初、伊豆山稜線歩道を1泊2日のテント泊で歩こうかと思っていたがテント泊大好きな私でも、どうも野営には抵抗がある。 まず怖い(笑) トイレ水場がない。など踏み切れずにいた。 何とか宿に泊まりながら歩けないかと思案していたところ、調べていくうちに今回の壮大なトレイルが可能なことがわかった。 どうせならと地元沼津から始めることとし、木負農協バス停からスタートとした。 海抜0メートルから登る、まさにsea to summitだ! 海から山そして海へ 西伊豆から東伊豆へ そうと決まれば宿の予約。 トレイルから泊地まではバスで下り、翌日またバスで復帰する。 【1日目】船原温泉に泊まる 沼津駅から始発のバスで木負農協バス停へ。下山のバスは大曲茶屋バス停。 翌日もこのバス停から再開。 船原温泉近くにはコンビニがあるのもありがたい。 1日目のハイライトはなんと行っても金冠山から達磨山へと続く稜線歩き! 【2日目】湯ヶ島温泉に泊まる 大曲茶屋バス停から再開し下山のバス停は天城峠バス停。 湯ヶ島温泉近くにもコンビニあり。 2日目のハイライトは魂の山から仁科峠までの草原歩き。 個人的には今回のトレイルで一番気に入った場所。 【2日目の注意点】  ヤマップで事前に登山計画した際コースタイム10時間12分(休憩考慮しない) 始発で大曲茶屋バス停スタートしても天城峠の最終バス17:49に10分ほど間に合わない。 幸い私は20分前に到着し事なきを得た。 【3日目】水生地下バス停からスタート。 最短距離で八丁池へ。その後、三筋山へ登りススキで有名な細野高原を通り稲取駅へ下山。電車で沼津へ戻る(1時間40分) 3日目のハイライトは三筋山へ続く風車とススキの風景。風力発電の真横を通り進むトレイル。 細野高原のススキも見もの。 【総評】 序盤の西伊豆はクマザサの稜線で眺望良く富士山や海を望む気持ちのいい縦走路。 中盤の中伊豆は猫越岳あたりからは天城独特のブナの森。紅葉の時期には最高だろう。 後半の東伊豆は三筋山周辺の風車とススキの絶景がクライマックスにふさわしい。 伊豆半島を縦断する達成感がある。 温泉宿泊なので温泉で疲れがとれ、近くのコンビニで行動食を補充できる。 金冠山から仁科峠まで西伊豆スカイラインが並走していてバイク、車、ロードバイクの方もちょっと登れば絶景を楽しめる。 無人でもいいからテント場とトイレがあればオールシーズン楽しめるテント泊縦走路として人気が出そう。 バスはすべて東海バスを利用。ホームページで最新情報を得られます。 以上今回の感想です。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。