尾瀬御池から燧ヶ岳(俎嵓)ピストン

2021.09.24(金) 日帰り

昨年この時期に30年ぶりの尾瀬ってことで初の御池→燧ヶ岳~尾瀬沼~沼山峠(バス帰り)を嫁とチャレンジしてみたら下りの長英新道があまりに果てしな過ぎて嫌になった嫁の足が完全に止まってしまい沼山峠からの最終バスに間に合わなかったというトラブル(遭難)があったので次回は絶対ピストンで!って言ってたのに嫁は行かない言うんで(悲)結局ソロで行ってきましたん((+_+) いや~ソロでピストン早くてイイ~(→またヒザ壊れましたが…(今度は両ヒザ 今回天気は曇り&霧が濃くて俎嵓からは下界が一切みえないため双耳峰の片方の柴安嵓に向かったつもりが間違って前回と同じ沼へ降りるルートに10分ほど行ってしまい途中で気付いて登り返しましたが、どっちにしても視界がゼロなら行かなくていいやと断念し俎で飯食ってとっとと下りることにしました そしてやっぱり”降りると晴れる”の呪縛連鎖にハマってしまいました(くそう・。・。 あ、燃えるような草紅葉は今が見頃のピーク入りでした♪ ※去年の遭難は偶然通りかかった尾瀬資料館を担当していた南会津の工事関係者の方々の特別な厚意により車で送ってもらえたので九死に一生を得られました(心より感謝&あとでお礼しました

早く着いたのでこのあと仮眠しました

早く着いたのでこのあと仮眠しました

早く着いたのでこのあと仮眠しました

登山開始時(ヘッデン点けて出発

登山開始時(ヘッデン点けて出発

登山開始時(ヘッデン点けて出発

ニュー木道

ニュー木道

ニュー木道

ヘリで部材を運んできてるみたい

ヘリで部材を運んできてるみたい

ヘリで部材を運んできてるみたい

広沢田代

広沢田代

広沢田代

燃えるような草紅葉

燃えるような草紅葉

燃えるような草紅葉

ステキ

ステキ

ステキ

つら…

つら…

つら…

足利からきたタカさんイエイ

足利からきたタカさんイエイ

足利からきたタカさんイエイ

スマホのカメラだと非常にわかりづらいけど奥に見える奥只見湖の先の山々が冠雪してた
新潟方面?

スマホのカメラだと非常にわかりづらいけど奥に見える奥只見湖の先の山々が冠雪してた 新潟方面?

スマホのカメラだと非常にわかりづらいけど奥に見える奥只見湖の先の山々が冠雪してた 新潟方面?

ナナカマドだけ真っ赤に

ナナカマドだけ真っ赤に

ナナカマドだけ真っ赤に

つら。。。(コケそう

つら。。。(コケそう

つら。。。(コケそう

まだデスかぁ・。・。

まだデスかぁ・。・。

まだデスかぁ・。・。

ワナ(乗ったらアカンやつ

ワナ(乗ったらアカンやつ

ワナ(乗ったらアカンやつ

もうムリ…(たびたび足が止まります・。

もうムリ…(たびたび足が止まります・。

もうムリ…(たびたび足が止まります・。

ここまで来れば…と思うけど
このあとも最後の拷問で足がヤラます

ここまで来れば…と思うけど このあとも最後の拷問で足がヤラます

ここまで来れば…と思うけど このあとも最後の拷問で足がヤラます

ピーク①俎嵓

ピーク①俎嵓

ピーク①俎嵓

双耳峰のもうひとつ柴安嵓に行くつもりがなんで→ヌマって書いてある方に行ってしまったのか(視界がゼロのせい…

双耳峰のもうひとつ柴安嵓に行くつもりがなんで→ヌマって書いてある方に行ってしまったのか(視界がゼロのせい…

双耳峰のもうひとつ柴安嵓に行くつもりがなんで→ヌマって書いてある方に行ってしまったのか(視界がゼロのせい…

柴安は諦めて戻った俎で飯

柴安は諦めて戻った俎で飯

柴安は諦めて戻った俎で飯

早朝の登りではムシが全然居なかったのでまたオニヤンマ効果がわからずじまいに…

早朝の登りではムシが全然居なかったのでまたオニヤンマ効果がわからずじまいに…

早朝の登りではムシが全然居なかったのでまたオニヤンマ効果がわからずじまいに…

視界はゼロのまま

視界はゼロのまま

視界はゼロのまま

下山開始(雲の中なのか頂上は結構寒かった

下山開始(雲の中なのか頂上は結構寒かった

下山開始(雲の中なのか頂上は結構寒かった

何度か小岩に乗ってスライディングしてしまったガレ坂
※コケてはいない(ギリギリ

何度か小岩に乗ってスライディングしてしまったガレ坂 ※コケてはいない(ギリギリ

何度か小岩に乗ってスライディングしてしまったガレ坂 ※コケてはいない(ギリギリ

登りはツライ/下りはコワイ

登りはツライ/下りはコワイ

登りはツライ/下りはコワイ

ナナカマド

ナナカマド

ナナカマド

熊沢田代を上から

熊沢田代を上から

熊沢田代を上から

ナナカマドだけ…(ry

ナナカマドだけ…(ry

ナナカマドだけ…(ry

たぶん会津駒(方面

たぶん会津駒(方面

たぶん会津駒(方面

降りると晴れるパターン(またか…

降りると晴れるパターン(またか…

降りると晴れるパターン(またか…

日差しがジリジリと

日差しがジリジリと

日差しがジリジリと

ゴール地点間際の最初の木道まできた

ゴール地点間際の最初の木道まできた

ゴール地点間際の最初の木道まできた

良い天気(今更感

良い天気(今更感

良い天気(今更感

ゴール

ゴール

ゴール

なんか休日のような込み具合なんですけど・・・(山中も

なんか休日のような込み具合なんですけど・・・(山中も

なんか休日のような込み具合なんですけど・・・(山中も

今更)むっちゃ快晴!

今更)むっちゃ快晴!

今更)むっちゃ快晴!

早く着いたのでこのあと仮眠しました

登山開始時(ヘッデン点けて出発

ニュー木道

ヘリで部材を運んできてるみたい

広沢田代

燃えるような草紅葉

ステキ

つら…

足利からきたタカさんイエイ

スマホのカメラだと非常にわかりづらいけど奥に見える奥只見湖の先の山々が冠雪してた 新潟方面?

ナナカマドだけ真っ赤に

つら。。。(コケそう

まだデスかぁ・。・。

ワナ(乗ったらアカンやつ

もうムリ…(たびたび足が止まります・。

ここまで来れば…と思うけど このあとも最後の拷問で足がヤラます

ピーク①俎嵓

双耳峰のもうひとつ柴安嵓に行くつもりがなんで→ヌマって書いてある方に行ってしまったのか(視界がゼロのせい…

柴安は諦めて戻った俎で飯

早朝の登りではムシが全然居なかったのでまたオニヤンマ効果がわからずじまいに…

視界はゼロのまま

下山開始(雲の中なのか頂上は結構寒かった

何度か小岩に乗ってスライディングしてしまったガレ坂 ※コケてはいない(ギリギリ

登りはツライ/下りはコワイ

ナナカマド

熊沢田代を上から

ナナカマドだけ…(ry

たぶん会津駒(方面

降りると晴れるパターン(またか…

日差しがジリジリと

ゴール地点間際の最初の木道まできた

良い天気(今更感

ゴール

なんか休日のような込み具合なんですけど・・・(山中も

今更)むっちゃ快晴!

この活動日記で通ったコース

尾瀬御池-燧ヶ岳 縦走コース

  • 5時間55分
  • 8.4 km
  • 1012 m
体力度
2