白馬小雪渓?と旭岳探索

2021.09.23(木) 2 DAYS

活動データ

タイム

15:08

距離

19.3km

上り

2291m

下り

1713m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 1
休憩時間
1 時間 38
距離
9.7 km
上り / 下り
1942 / 357 m
1 6
2 17
1 48
46
44
4
16
DAY 2
合計時間
6 時間 7
休憩時間
47
距離
9.6 km
上り / 下り
347 / 1356 m

活動詳細

すべて見る

白馬山荘1泊で白馬岳に行ってきました。 天ナビでは天気は晴れも、初日は終日風速19mの強風。中止も頭をよぎりましたが、麓は殆ど風もないので決行。 白馬大雪渓には以前から行ってみたいと思っており、そのために6月に残雪の谷川岳でチェーンスパイクの練習までしましたが、結論から言うとリサーチ不足。9月のこの時期には雪渓は殆ど残っておらず、10分もしないうちに雪渓歩きは終わってしまいました。 もう一つのチャレンジは白馬岳近くにある日本百高山の旭岳登頂。この山はYAMAPに山頂までのルートがなく、自力で登れれば頑張って登頂しようと思って出かけました。結論からいうとこちらも「登山には許可が必要」という看板や強風のために断念しました。 なかなか想定通りになりませんでしたが、2日目は好天に恵まれて気持ちいい稜線歩きが楽しめました。 白馬岳は蓮華温泉からや鑓温泉経由などいろいろなルートがあるので、来年でもまた登りたいと思います。

白馬岳・小蓮華山 登山口の猿倉荘。6時発のバスに乗る予定でしたが、白馬八方バスターミナルでタクシーが相乗り客を探しており、予定より30分早く着きました。値段も940円でバスより安い
登山口の猿倉荘。6時発のバスに乗る予定でしたが、白馬八方バスターミナルでタクシーが相乗り客を探しており、予定より30分早く着きました。値段も940円でバスより安い
白馬岳・小蓮華山 なんと頂上までトイレなし
なんと頂上までトイレなし
白馬岳・小蓮華山 曇一つない晴天。天ナビでは山頂の風速19mとなってるが、麓は殆ど風がない
曇一つない晴天。天ナビでは山頂の風速19mとなってるが、麓は殆ど風がない
白馬岳・小蓮華山 いよいよ大雪渓❗️
いよいよ大雪渓❗️
白馬岳・小蓮華山 雪渓ではなく、相変わらず川。もう少し先かな?
雪渓ではなく、相変わらず川。もう少し先かな?
白馬岳・小蓮華山 30分歩いてようやく雪渓の端に
30分歩いてようやく雪渓の端に
白馬岳・小蓮華山 雪渓を横目に山道を歩き続ける
雪渓を横目に山道を歩き続ける
白馬岳・小蓮華山 ついに雪渓を歩く人
ついに雪渓を歩く人
白馬岳・小蓮華山 ようこそ大雪渓へ、の案内から1時間でようやく雪渓に。チェーンスパイク装着
ようこそ大雪渓へ、の案内から1時間でようやく雪渓に。チェーンスパイク装着
白馬岳・小蓮華山 とても歩きやすい
とても歩きやすい
白馬岳・小蓮華山 落石が沢山。
落石が沢山。
白馬岳・小蓮華山 まだ雪渓に入って5分ほどなのに、皆さん雪渓から普通の登山道に?
まだ雪渓に入って5分ほどなのに、皆さん雪渓から普通の登山道に?
白馬岳・小蓮華山 本当に終わり?
本当に終わり?
白馬岳・小蓮華山 青の印がスタート地点。雪渓歩いた時間よりチェーンスパイク着脱の時間の方が長かった
青の印がスタート地点。雪渓歩いた時間よりチェーンスパイク着脱の時間の方が長かった
白馬岳・小蓮華山 岩室あたりから風が強くなりました
岩室あたりから風が強くなりました
白馬岳・小蓮華山 小屋は強風を避けて一休みする人で満員
小屋は強風を避けて一休みする人で満員
白馬岳・小蓮華山 あと少し。早く白馬山荘のスカイレストランに行きたい
あと少し。早く白馬山荘のスカイレストランに行きたい
白馬岳・小蓮華山 杓子岳も行ってみたいが、今日の風では無理
杓子岳も行ってみたいが、今日の風では無理
白馬岳・小蓮華山 やっと頂上山荘。気温6度で19mの強風なので体感温度はマイナスかも。
やっと頂上山荘。気温6度で19mの強風なので体感温度はマイナスかも。
白馬岳・小蓮華山 本日の宿は白馬山荘。日本最大の小屋らしいです
本日の宿は白馬山荘。日本最大の小屋らしいです
白馬岳・小蓮華山 2人分のスペースを1人で使えました。ただ、一番端の部屋で強風を受けた窓がずっとガタガタ鳴って落ち着きませんでした。
2人分のスペースを1人で使えました。ただ、一番端の部屋で強風を受けた窓がずっとガタガタ鳴って落ち着きませんでした。
白馬岳・小蓮華山 とりあえず昼食のカレー
とりあえず昼食のカレー
白馬岳・小蓮華山 寒かったのでお汁粉追加
寒かったのでお汁粉追加
白馬岳・小蓮華山 補給したので日本百高山の旭岳へ
補給したので日本百高山の旭岳へ
白馬岳・小蓮華山 YAMAPにはルートがないが、登れそうに見える
YAMAPにはルートがないが、登れそうに見える
白馬岳・小蓮華山 なんと登るには許可が必要と❗️
なんと登るには許可が必要と❗️
白馬岳・小蓮華山 旭岳の先に裏旭岳という山があるので、そこまで行ってみます
旭岳の先に裏旭岳という山があるので、そこまで行ってみます
白馬岳・小蓮華山 この辺りが裏旭岳の山頂のようです
この辺りが裏旭岳の山頂のようです
白馬岳・小蓮華山 この先は黒部渓谷方面への登山道。強風でもあり、誰もいません。
この先は黒部渓谷方面への登山道。強風でもあり、誰もいません。
白馬岳・小蓮華山 旭岳山頂方向。ここは登れそうだが
旭岳山頂方向。ここは登れそうだが
白馬岳・小蓮華山 これは登山道を意味するのか?
これは登山道を意味するのか?
白馬岳・小蓮華山 登って見たいがここは浮石だらけのようで、風も強いし断念
登って見たいがここは浮石だらけのようで、風も強いし断念
白馬岳・小蓮華山 白馬頂上山荘に行ってみます
白馬頂上山荘に行ってみます
白馬岳・小蓮華山 強風のためテントの設営にかなり苦労されてます。帰りにタクシー相乗りしたお兄さんはテント泊を断念して頂上山荘に泊まったと。
強風のためテントの設営にかなり苦労されてます。帰りにタクシー相乗りしたお兄さんはテント泊を断念して頂上山荘に泊まったと。
白馬岳・小蓮華山 再びスカイレストラン。寒かったのでココアとケーキ。山に行くたびに消費カロリーを上回るカロリーを摂取してる気が
再びスカイレストラン。寒かったのでココアとケーキ。山に行くたびに消費カロリーを上回るカロリーを摂取してる気が
白馬岳・小蓮華山 翌朝。良い天気
翌朝。良い天気
白馬岳・小蓮華山 火打、妙高など普段はあまり見慣れない山が近くに
火打、妙高など普段はあまり見慣れない山が近くに
白馬岳・小蓮華山 八ヶ岳と富士山
八ヶ岳と富士山
白馬岳・小蓮華山 朝日に映える白馬岳
朝日に映える白馬岳
白馬岳・小蓮華山 杓子岳と立山連峰
杓子岳と立山連峰
白馬岳・小蓮華山 立山連峰と剱岳
立山連峰と剱岳
白馬岳・小蓮華山 山荘出発。お世話になりました
山荘出発。お世話になりました
白馬岳・小蓮華山 白馬岳山頂
白馬岳山頂
白馬岳・小蓮華山 山頂から立山、剱岳
山頂から立山、剱岳
白馬岳・小蓮華山 これから歩く稜線
これから歩く稜線
白馬岳・小蓮華山 猿倉方向
猿倉方向
白馬岳・小蓮華山 奥には妙高、火打山
奥には妙高、火打山
白馬岳・小蓮華山 写真撮ってばかりで進まない
写真撮ってばかりで進まない
白馬岳・小蓮華山 振り返り白馬岳と右に見納めの剱岳
振り返り白馬岳と右に見納めの剱岳
白馬岳・小蓮華山 今度は妙高、火打山を見ながら歩く
今度は妙高、火打山を見ながら歩く
白馬岳・小蓮華山 新潟、長野、富山の三国境
新潟、長野、富山の三国境
白馬岳・小蓮華山 もう少しで小蓮華山
もう少しで小蓮華山
白馬岳・小蓮華山 白馬岳と杓子岳
白馬岳と杓子岳
白馬岳・小蓮華山 白馬大池か見えた
白馬大池か見えた
白馬岳・小蓮華山 そろそろ白馬岳も見納め
そろそろ白馬岳も見納め
白馬岳・小蓮華山 歩いてきた稜線
歩いてきた稜線
白馬岳・小蓮華山 白馬大池
白馬大池
白馬岳・小蓮華山 大池湖畔には大池荘の後ろから入れます
大池湖畔には大池荘の後ろから入れます
白馬岳・小蓮華山 秋の気配
秋の気配
白馬岳・小蓮華山 白馬乗鞍岳山頂
白馬乗鞍岳山頂
白馬岳・小蓮華山 雲が出てきた
雲が出てきた
白馬岳・小蓮華山 あっという間にガスに覆われる
あっという間にガスに覆われる
白馬岳・小蓮華山 天狗原でランチタイム
天狗原でランチタイム
白馬岳・小蓮華山 白馬山荘のお弁当
白馬山荘のお弁当
白馬岳・小蓮華山 登山終了
登山終了

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。