三俣山ぐるっと

2017.11.05(日) 2 DAYS Oita, Kumamoto
muroken
muroken

活動詳細

もっと見る

昨年、satoyamaarukiさんと三俣山に行ったときに出来なかった、大鍋小鍋の周回がどうしてもしたくて行ってきました。 午前12時頃に大曲駐車場に入り仮眠をとって出発!(4時以降は寒くて眠れません) スガモリから西峰、本峰までは順調に歩きますが、本峰から鍋を眺めると凄い迫力!これ回るの無理じゃなかろうか?と弱気になりますが、チャレンジ!本峰から北峰の鞍部までの急降下は凄いものがありましたが北峰までの登り返しは意外とすんなりといけました。これで私の悪い癖で『周回簡単じゃん!』となめてしまい、北峰で大絶景を眺めて大休止してしまいました。『さて南峰で昼飯でも食べようかねぇ~』と余裕で再出発してからが長い長い道のりでした。でも、なんとか三俣の大鍋小鍋を一周回れて満足の南峰での昼食でした。 本日は、スガモリ峠から久住別れに登り返して星生山経由で牧の戸におりようかと思ってましたが、風も無く真っ青な空の下の南峰からの景色に、もうどうでもいいやとまたまたゆっくりしてしまいました。星生山の尾根歩きはまたの機会に挑戦します。 それにしても山頂からは大分・熊本の山々はもちろんのこと、雲仙や多良山系もくっきりと望むことができて素晴らしい景色を堪能することができました。山頂から『帰りたくない』と本気で思うほどの良い一日を楽しみました。

今日は大曲登山口より三俣山を目指します
すぐに堰堤を越えるためにハシゴを利用します。(設置の方、ありがとうございます)
霜柱バリバリです。 三俣山でも昼過ぎまで日陰には霜柱たってました。
鉱山道路に出会います。
真正面に本日のターゲットを見ながら。
休憩禁止区間
ここから左折して堰堤をわたります。
黄色い目印をたよりに、スガモリ越へひと登り。
スガモリ越
さて登ります!
西峰への登りは大船山を右手に見ながら
雲に浮かぶのは祖母?
娘とのお約束で部活全国大会出場で制作したタオルと一緒に。
久住別れの向こうに阿蘇・根子岳
本峰到着
鍋越の由布岳。今日は山肌まで綺麗に見えます。
ズーム
さて、北峰への降り口に回り込みます。 このまま一人で突入して大丈夫だろうかと不安になりますが・・・ 行きます!(^0^)
降り口からの涌蓋山
直滑降ですばい。
北峰の鞍部に到着。 これ登ると?
とりあえず現実逃避 その1
現実逃避 その2
あきらめて登ります。この大岩までくるともうすぐ北峰で休めます
北峰、意外と楽勝やん! 北峰からの涌蓋山
由布岳も
北峰からのパノラマ
長者原方面の紅葉が綺麗です。
本日は久しぶりにケストレル君が相棒
北峰が意外と簡単だったのでご満悦。
さて南峰に向かって歩き出しますが、なんか凄い下ってますけど?
下るのはいいけど
撮影したいのは大船山ではなくて小鍋の縁です。メッチャきれ落ちてます。
小鍋の底。
やっぱりこうなるのね。南峰への登り返えしです。
さて南峰にとりつきます。 現実逃避の北峰の鞍部ショット。
少し登って北峰。崩落のあとが凄いです。
じゃあ、行きましょう
ずいぶん登って、坊がつる。 テントもちらほら。来年はここでキャンプしよう!
もうすぐ南峰。北峰に登頂者。
南峰到着!
Ⅳ峰と奥に本峰。三俣は高度感あります。
南峰からも祖母?
さて昼飯!
おやつ!
南峰からは久住別れの向こうに阿蘇・高岳
これはたぶん右が多良山系で左が雲仙普賢岳
南峰出発します。山頂標識と本峰
まずはⅣ峰。
このアングル好き。午前中より綺麗に見える?
Ⅳ峰より長崎方面
本峰に帰り着きました。これで鍋の周回完了!
おさらいの平治岳と大船山
ぐるっと周回のパノラマ
北峰と由布
大鍋小鍋
う~ん・・・ 久住別れまで登り返すのはやめとこう・・・
なごりおしいけど・・・
こちらもなごりおしいけど・・・
スガモリから大曲へ帰ります。
スガモリから降りきって堰堤渡ってから振り返り。 いい天気だなぁ~!帰るのもったいない。
硫黄山の煙も朝より多いみたい。
鉱山道路を下ります。休日が終わっていく。
大曲駐車場に帰りつきました。 綺麗だなぁ~!
牧の戸でアイス美味し!!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。