犬鳴山・和泉葛城山

2021.09.20(月) 日帰り

本日は大阪と和歌山の県境にある犬鳴山と(和泉)葛城山に行ってきました。 犬鳴山は「行者の滝」もさることながら、渓谷の景色も素晴らしく「大阪みどりの百選」にも選ばれ、とても美しく癒されました。 続いて葛城山を目指しますが、採用したルートの関係上ほぼ舗装道路を歩くことになりました。残念ながら見どころはあまりありませんでしたが、山頂手前の円形の展望台からは360度の風景を堪能することができました。 下山後は犬鳴山温泉の不動口館で昼食、入浴し、大変リフレッシュできた一日でした。 【駐車場】 今回は清水駐車場でお世話になりました。 30台くらいは駐車可能で、料金は500円と良心的で受付のおばちゃんもすごくいい人でした。 下山時(12時頃)は駐車場の8割が埋まっていました。

犬鳴山参道入口
犬鳴山の名は猟師が大蛇に襲われそうになった際、愛犬が身をていして猟師を守ったことから名づけられたそうです。

犬鳴山参道入口 犬鳴山の名は猟師が大蛇に襲われそうになった際、愛犬が身をていして猟師を守ったことから名づけられたそうです。

犬鳴山参道入口 犬鳴山の名は猟師が大蛇に襲われそうになった際、愛犬が身をていして猟師を守ったことから名づけられたそうです。

「犬鳴山」と「七宝瀧寺」の説明

「犬鳴山」と「七宝瀧寺」の説明

「犬鳴山」と「七宝瀧寺」の説明

大阪府で一番高い杉(38m)

大阪府で一番高い杉(38m)

大阪府で一番高い杉(38m)

大阪府で一番高い杉だけあって上の方は見えません

大阪府で一番高い杉だけあって上の方は見えません

大阪府で一番高い杉だけあって上の方は見えません

瑞龍門

瑞龍門

瑞龍門

参道入口もそうですが神々しい。
神域のような雰囲気です。

参道入口もそうですが神々しい。 神域のような雰囲気です。

参道入口もそうですが神々しい。 神域のような雰囲気です。

犬鳴山の「行者の滝」は帰りに見ることにして、葛城山をめざします。
途中に犬鳴隧道を通ります。

犬鳴山の「行者の滝」は帰りに見ることにして、葛城山をめざします。 途中に犬鳴隧道を通ります。

犬鳴山の「行者の滝」は帰りに見ることにして、葛城山をめざします。 途中に犬鳴隧道を通ります。

展望台手前からの風景

展望台手前からの風景

展望台手前からの風景

展望台に到着

展望台に到着

展望台に到着

展望台からの風景①(関空側)
淡路島も微かに見えます。

展望台からの風景①(関空側) 淡路島も微かに見えます。

展望台からの風景①(関空側) 淡路島も微かに見えます。

展望台からの風景②(神戸側)

展望台からの風景②(神戸側)

展望台からの風景②(神戸側)

展望台からの風景③(和歌山側)

展望台からの風景③(和歌山側)

展望台からの風景③(和歌山側)

展望台からの風景④(関空側)

展望台からの風景④(関空側)

展望台からの風景④(関空側)

和泉葛城山の「八大竜王社」
ここが山頂でしょうか?

和泉葛城山の「八大竜王社」 ここが山頂でしょうか?

和泉葛城山の「八大竜王社」 ここが山頂でしょうか?

葛城山から犬鳴山に戻ってきました。
「行者の滝」が見えてきました。

葛城山から犬鳴山に戻ってきました。 「行者の滝」が見えてきました。

葛城山から犬鳴山に戻ってきました。 「行者の滝」が見えてきました。

「行者の滝」に到着

「行者の滝」に到着

「行者の滝」に到着

清々しいというか、神々しい

清々しいというか、神々しい

清々しいというか、神々しい

カメラの残像モード

カメラの残像モード

カメラの残像モード

すごい水量
すごい水しぶき

すごい水量 すごい水しぶき

すごい水量 すごい水しぶき

昼食は不動口館で地元のブランド豚?の犬鳴ポークのどんぶりをいただきました。肉はやわらかく、甘みがあり大変おいしかったです。
※昼食を食べると入浴料が安くなります。

昼食は不動口館で地元のブランド豚?の犬鳴ポークのどんぶりをいただきました。肉はやわらかく、甘みがあり大変おいしかったです。 ※昼食を食べると入浴料が安くなります。

昼食は不動口館で地元のブランド豚?の犬鳴ポークのどんぶりをいただきました。肉はやわらかく、甘みがあり大変おいしかったです。 ※昼食を食べると入浴料が安くなります。

犬鳴山参道入口 犬鳴山の名は猟師が大蛇に襲われそうになった際、愛犬が身をていして猟師を守ったことから名づけられたそうです。

「犬鳴山」と「七宝瀧寺」の説明

大阪府で一番高い杉(38m)

大阪府で一番高い杉だけあって上の方は見えません

瑞龍門

参道入口もそうですが神々しい。 神域のような雰囲気です。

犬鳴山の「行者の滝」は帰りに見ることにして、葛城山をめざします。 途中に犬鳴隧道を通ります。

展望台手前からの風景

展望台に到着

展望台からの風景①(関空側) 淡路島も微かに見えます。

展望台からの風景②(神戸側)

展望台からの風景③(和歌山側)

展望台からの風景④(関空側)

和泉葛城山の「八大竜王社」 ここが山頂でしょうか?

葛城山から犬鳴山に戻ってきました。 「行者の滝」が見えてきました。

「行者の滝」に到着

清々しいというか、神々しい

カメラの残像モード

すごい水量 すごい水しぶき

昼食は不動口館で地元のブランド豚?の犬鳴ポークのどんぶりをいただきました。肉はやわらかく、甘みがあり大変おいしかったです。 ※昼食を食べると入浴料が安くなります。

類似するルートを通った活動日記