妙高山は最高に楽しい。でもサバイバル。

2021.09.19(日) 日帰り

活動データ

タイム

11:46

距離

16.0km

上り

2012m

下り

2009m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 46
休憩時間
46
距離
16.0 km
上り / 下り
2012 / 2009 m
5
38
2 27
1 14
18
22
4 18
1

活動詳細

すべて見る

新潟市自宅 2時40分出発  登山口 燕温泉 4時50分着 既に駐車場はかなり埋まってて車中泊されている方も多そう 日の出前なのに高揚感が漂う 前日まで台風で風と雨が強く、予報では晴れだったが出発時点では小雨交じり 妻の実家が高田なので、普段から立派な山容やなぁと見ていて県内で一番来たかった妙高山。 赤倉温泉の源泉まではカート道のようなコンクリート道で歩きやすい。 そこから九十九折で急坂を登っていく。 胸突八丁手前で、何だか今日は体が重いなぁと感じる。 先週のワクチンの影響なのか、昨日の2時間のバドミントンか(これは多分違う) 8合目風穴まで来たら野尻湖や遠く長野市街地もはっきり見える。 台風一過だからか空気が澄んでて視界が良い。 名物鎖場へ。 ほぼ垂直だけど足場もしっかりしてて登りやすい。 大迫力。 9合目付近で写真撮ってた男性に見えている山の名前を伺う。 「あれが富士山(!)・あれが御嶽、あれが槍」 槍ヶ岳も登られた事とがあるそう。 槍登るの大変じゃ無いですか?と尋ねると 「妙高山登れたら登れますよ。大変なのは最後のへんくらいかな」と。 めちゃくちゃテンション上がる。来年でも是非登ってみたい! 大岩付近で岩の上で登って写真を撮ってる若者3人組をいいな・・と思いながら見つめてたら撮ってくれた。 良い人や~ありがとうございます思い出が出来ました。 山頂の北峰・南峰は2,30人程の人でごった返す。 壮年の方たちのツアーで登られてきた様子。 南峰ではぬいぐるみを置いて写真撮って貰っている女性がいた。 YAMAPで見たことある!とここでもテンション上がる。 さあここからどうしようと考え、時間もあるし火打山へピストン出来るかもと挑戦。 あかんかったら回り込んで帰ろうと決める。 ここで火打山方面へ下るが、登って来る人多数。 しかも全く視界も悪いゴロゴロ岩の濡れた急登。 風景も無いのにみんなこんなしんどい思いしてたいへんやなと感じる。 黒沢池ヒュッテへ。 この付近は池糖がある高原の景色で火山の妙高とは感じが全然違うのが面白い。 100名山バッチ買おうと値段聞くと1000円もした。 いつも500円なのにここは倍か・・・裏にヒュッテの名前入りは特別感ある。 ここでザックをデポして妙高か火打行く方が多いのか広場はカラフルなザックだらけ。 ってことは笹ヶ峰から登る方が多いのだろう。 20分くらい火打山方面へ登り茶臼山で12時過ぎ。 標準タイムはここから1時間15分なので冷静に考えてピストンは難しいと判断して引き返す。 大倉山の北側を通るルートをYAMAPで確認し、進む。 斜度もなくて熊笹もしっかり刈られてるけど茎が尖って20センチくらい出てて、堅くて躓いて歩きづらい。 しかも笹がまんべんなく敷き詰められて滑る滑る。 疲れもあるけど6回尻餅をついて転ける。 誰とも会わないし急にこの道で合ってるのか不安が増す。 すると大倉山3分の2位のとこで向かうから登ってきたソロのご婦人と会ってホッとする。 昨日強風の中、笹ヶ峰から登ってヒュッテで一泊され今日妙高山へ登ってきたそう。 ドロドロの大倉乗越をもう1度通のが嫌で一度長助池に降りて大倉山を登ってきたとのこと。 金沢から来られたらしい。 元気な方でバイタリティに驚く。 今日も一泊して明日火打山へ登れたら登るんよと。 僕より高齢なのにこんな厳しい山道を一人で登られてくるなんて尊敬しかない。 この方とのやりとりがこの山での一番良い思い出になりました。 別れ際この先下りも笹道で滑りやすいと教わる。 しばらくして川に出る。 温泉成分なので岩もめちゃ滑る。 YAMAPでは途中まで川を下っている様に出ているので、ズンズン川を乗り越え進んで惣滝まで来て、途中で間違っているのに気づく。 ソーラーのポジションライトが岩の上に置いてくれてたのでそれを目印に進んだのに全然道が分からない。 さすがに惣滝越えは死を感じるので間違いだろう。 元来た合流地点まで戻ると、カラフルな軽装の5,6人の沢下りメインの方と会った。 すみません、道が分からなくてどう行ったら良いんでしょうと尋ねると「今から登られるんですか?この道を上がるんです」と勘違いされて行ってしまった。 道を尋ねるって難しい。 2人組の大人しそうな男性二人組にも尋ねると僕もこのルート初めてなんですと言われる。 この時点で16時半。 川って冷えてくるし日が暮れたらどうしようとめちゃ焦る。 男性にピンクのテープを注意深く探すよう言われるもそもそも僕は色弱だ(笑) ピンクも白テープに見える、どないすんねん。 普段使わない頭をフル回転し、道を探すとようやく右の岸壁にいくつか連続してテープがあるのを見つける。 わかるかっちゅーねん。 YAMAP履歴の惣滝付近で行ったり来たりしてるのはその影響です・・・。 程なくして燕温泉へ。 12時間弱。 僕にとっては結構サバイバルだった。 総括すると妙高山は最高に面白い。 鎖場・景色・沢下り・・・すべての要素があって魅力にあふれてました。

妙高山・火打山 4時50分では真っ暗
4時50分では真っ暗
妙高山・火打山 明るくなって出発
明るくなって出発
妙高山・火打山 黄金の湯(露天風呂)の脇を通る
黄金の湯(露天風呂)の脇を通る
妙高山・火打山 妙高山は雲の中
妙高山は雲の中
妙高山・火打山 道はコンクリートで舗装されてて歩きやすい
道はコンクリートで舗装されてて歩きやすい
妙高山・火打山 朝日に照らされて頂が
朝日に照らされて頂が
妙高山・火打山 赤倉温泉源泉の小屋までは舗装された道を進む
赤倉温泉源泉の小屋までは舗装された道を進む
妙高山・火打山 赤倉って冷泉だったんだと知る
赤倉って冷泉だったんだと知る
妙高山・火打山 途中の滝も温泉の色
途中の滝も温泉の色
妙高山・火打山 硫黄の香りがすごい
硫黄の香りがすごい
妙高山・火打山 むむ、ここからがきついのか
むむ、ここからがきついのか
妙高山・火打山 ここからは岩ゴロゴロ
ここからは岩ゴロゴロ
妙高山・火打山 2個穴が開いてた
2個穴が開いてた
妙高山・火打山 確かにほんのり風は出てるけど、気温も低いので涼しくは感じず
確かにほんのり風は出てるけど、気温も低いので涼しくは感じず
妙高山・火打山 黒姫・野尻湖が見えてきた
黒姫・野尻湖が見えてきた
妙高山・火打山 急な岩登りだけど足の置き場がしっかりあって登りやすい
急な岩登りだけど足の置き場がしっかりあって登りやすい
妙高山・火打山 鎖もしっかり
鎖もしっかり
妙高山・火打山 足場もしっかり。でも落ちたら死ぬ(多分)
足場もしっかり。でも落ちたら死ぬ(多分)
妙高山・火打山 9合目あたりで大岩発見
9合目あたりで大岩発見
妙高山・火打山 察してくれた若者に撮ってもらいました。左には富士山も見える
察してくれた若者に撮ってもらいました。左には富士山も見える
妙高山・火打山 火山らしく溶岩ドームの頂き
火山らしく溶岩ドームの頂き
妙高山・火打山 頂上からの景色。御嶽山・槍ヶ岳もこの日はくっきり
頂上からの景色。御嶽山・槍ヶ岳もこの日はくっきり
妙高山・火打山 富士山が見えて感動
富士山が見えて感動
妙高山・火打山 南峰直下
南峰直下
妙高山・火打山 南峰頂き
南峰頂き
妙高山・火打山 最高の景色
最高の景色
妙高山・火打山 僕の毎回の確認事項。北峰にジム発見。電波ないのに(笑)
僕の毎回の確認事項。北峰にジム発見。電波ないのに(笑)
妙高山・火打山 火打山・乗鞍方面
火打山・乗鞍方面
妙高山・火打山 ランドマーク
ランドマーク
妙高山・火打山 南峰
南峰
妙高山・火打山 北峰
北峰
妙高山・火打山 北峰から少し火打山へ下ったあたり。ここで山開きの奉納が行われるのかな?
北峰から少し火打山へ下ったあたり。ここで山開きの奉納が行われるのかな?
妙高山・火打山 火打山へ向かう、こらは大倉山
火打山へ向かう、こらは大倉山
妙高山・火打山 長助池付近を右に見つつ下る
長助池付近を右に見つつ下る
妙高山・火打山 大倉乗越。ここから粘土状でぐちゃぐちゃな道
大倉乗越。ここから粘土状でぐちゃぐちゃな道
妙高山・火打山 黒沢池ヒュッテ
黒沢池ヒュッテ
妙高山・火打山 黒沢池
黒沢池
妙高山・火打山 ここでタイムアップ
ここでタイムアップ
妙高山・火打山 今度来よう火打山
今度来よう火打山
妙高山・火打山 ヒュッテって法人なんや
ヒュッテって法人なんや
妙高山・火打山 立派な建物。広場にザックをデポしてる数が30個はあった
立派な建物。広場にザックをデポしてる数が30個はあった
妙高山・火打山 黒沢池ヒュッテから茶臼山北側を通る道。途中まで誰も会わず。熊笹をしっかり刈ってくれているがめちゃ滑る
黒沢池ヒュッテから茶臼山北側を通る道。途中まで誰も会わず。熊笹をしっかり刈ってくれているがめちゃ滑る
妙高山・火打山 道に間違いはなさそうで安心する
道に間違いはなさそうで安心する
妙高山・火打山 茶臼山降りきって、北地獄谷からの道と合流。関川の支流?
茶臼山降りきって、北地獄谷からの道と合流。関川の支流?
妙高山・火打山 水量半端ない。温泉での水蒸気なのか幻想的
水量半端ない。温泉での水蒸気なのか幻想的
妙高山・火打山 完全に足が浸かりながらの沢渡り
完全に足が浸かりながらの沢渡り
妙高山・火打山 惣滝手前まで道に迷い川を下ってしまった。この時点で16時半。めちゃくちゃ焦る
惣滝手前まで道に迷い川を下ってしまった。この時点で16時半。めちゃくちゃ焦る
妙高山・火打山 必至に川上に戻ってたまたま降りてきた方に道を尋ねるもその方たちもよく分かって無かった。こんなん見落としますやん
必至に川上に戻ってたまたま降りてきた方に道を尋ねるもその方たちもよく分かって無かった。こんなん見落としますやん
妙高山・火打山 おいおいまだこんなにあるんかいとげんなりする。この辺で雰囲気のある17時のチャイムが聞こえる
おいおいまだこんなにあるんかいとげんなりする。この辺で雰囲気のある17時のチャイムが聞こえる
妙高山・火打山 立派な吊り橋が
立派な吊り橋が
妙高山・火打山 おお立派だ
おお立派だ
妙高山・火打山 観光される方向けにこんな立派な橋を?
観光される方向けにこんな立派な橋を?
妙高山・火打山 風光明媚ですな・・・
風光明媚ですな・・・
妙高山・火打山 やっと温泉に降りてきた
やっと温泉に降りてきた
妙高山・火打山 普通に保養で来たい
普通に保養で来たい
妙高山・火打山 車すくなっ
車すくなっ
妙高山・火打山 どんだけ無駄に歩いたのか
どんだけ無駄に歩いたのか

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。