八ヶ岳 絶景くれた真教寺

2021.09.19(日) 日帰り

活動データ

タイム

09:18

距離

12.8km

上り

1433m

下り

1436m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 18
休憩時間
1 時間 48
距離
12.8 km
上り / 下り
1433 / 1436 m
2 23
6
2 30
2 57

活動詳細

すべて見る

このところ、気がつけば八ヶ岳に足が向く。そして辿るピークには常に赤岳。だが、そのルートは毎回異なる。一般登山道では屈指の難易度を誇ると言われる真教寺尾根。先の八ヶ岳キレットを完走し、腕試しの山行。 三連休の初日は台風で今日が晴天となれば、道も山も渋滞。とりわけ華の八ヶ岳ならば言うに及ばず。機先を制するには早めのスタート以外に手は無し。夜半に出発し、4時前には美し森ロッジの駐車場に到着。広い駐車場には、この一台だけ。狙いが当たったことに快哉を叫ぶ。だが道中は深夜にも関わらず車が多かった。彼らはきっと、台風一過で早めスタートを決意した同志なのだ。 朝の儀式、バナナを頬張りながら登山準備。夏定番のスタイル、ベースレイヤーにショートスリーブ重ね着、これだけでは少々寒くソフトシェルを装着。重みで空が落ちてきそうなほどの満天の星。時折、霧雨が横切る。ヘッデンに照らされて、風が薄っすらと光る。 登山道へのアプローチは駐車場からスムーズで一安心。真っ暗闇の中を右往左往するのは遠慮したい。この出発点は前夜発見したばかりで、少々不安。活動日記を見ると多くが「美しの森駐車場」をベースに。だが登山道アクセスの極限まで車でアプローチしたい。ベタピン志向とも言うべき、効率性の名を借りた怠け癖。ホンモノの登山家にはあるまじきスタンス。とは言え早くも二つの勝利を収め、足取り軽く一つ目のランドマーク、賽ノ河原を目指す。 ヘッデンに反射して濡れた熊笹が光る。お蔭で周囲が明るくなり、暗闇はさほど気にならず。が、これは罠だった。かき分けながら登ること1時間。空を支配していた暗闇が交代を余儀無くされると共に、やっと周囲の状況が判明。そこはリフト降り場。これに乗れば僅か5分、暗闇と熊笹の旅、その虚しさが一瞬心をかすめる。いや営業開始前と思い至り、人力の偉大さを再確認。 賽ノ河原で小休止して、前菜の牛首山の向こうにメインの赤岳を眺める。そこで気付いた、ブーツがびしょ濡れなのだ。僅かながら靴下まで侵入。昨日までの雨と夜露で、たっぷりと水分を蓄えた熊笹。昨日防水対応したばかりだが、1時間もあれば突破は容易。ゲイターは必須だったと今更ながら愚考。 牛首山まで登り、その後は標高2300m前後の樹林帯。ピークとコルの繰り返しに飽きた3巡目、頂上山荘を視野に捉える。遂に本日のメインイベントが迫る。 6合目を過ぎると岩稜帯の気配。逸る心を抑え、歩みを進める。視界が開け、ダケカンバの立ち枯れ帯を抜けていくと、核心部に到達。聳え立つ岩場には、登山者に寄り添うように備えられた頑丈な鎖。朝日を浴びて岩場はすっかり乾燥。核心部の岩場は、ホールドも足の置き場も十分すぎる程。鎖は保険として、自らの手足で登攀。自らの手に大自然を収める感触を全身で堪能。背後には奥秩父と富士山、左には南アルプス、視線の先には権現から赤岳への稜線。見て良し登って良し、最高のルート。 贅沢なことに、今日は真教寺ルートを独占。他の登山者とは遭遇することなく、その分早朝スタートの気負いは肩透かし。マイナールートなのか、かえって寂寥を禁じ得ず。とは言えそんな侘しさも、赤岳山頂で人里の賑わい。ジワりと濡れたブーツを脱いで乾かし、いつもよりゆっくり目に休憩。阿弥陀岳と諏訪湖、北アルプスを眺める。 県界尾根を下る。ルンゼ状の岩場であり眺望は僅か。全面的にザレており、積もった岩屑が滑る。ホールドの小さい、足の置き場も見出し辛い岩場。途中まで自力にこだわり手足で降りるも、滑る岩場に嫌気差す。鎖に乗り換え、その便利さに感激。その対価は、自称登山家の矜持に傷。 岩質と眺望、相反する特徴を持つ2つのルートを1日で堪能。万人に愛されるルートも良い。一方で、人気がなくても魅力的なルートはある。秋を告げる高い空、登山口から長い車道を辿り思う。また八ヶ岳に、と。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。