前烏帽子岳・後烏帽子岳

2021.09.19(日) 日帰り

活動データ

タイム

03:56

距離

9.7km

上り

1120m

下り

1121m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 56
休憩時間
17
距離
9.7 km
上り / 下り
1120 / 1121 m
1 35
26
1 9
19

活動詳細

すべて見る

3連休中日は台風一過で好天の予想☀ 蔵王方面に出かけようとYAMAPで物色して烏帽子岳へ 登山口すぐから幾つか渡渉。 まあまあの川幅のところもあって、ここで木は滑るのであまり信用出来ないことを学んだ。 樹林帯の木漏れ日と川音、登山道にはドングリがたくさん落ちていて、マイナスイオンだだ洩れ。 このルートは尾根筋のようで、予想以上に急な斜度基調に、時折急登も出現。 結構登り応えのあるルート。 眺望も殆ど無い道を上がり続けると、ほんと突然に前烏帽子の山頂部に出た。 山頂は岩場の上らしいが、ここのの登り口を間違える。 反対側から無理に上がろうとして落ちかけ、爪を痛めた。。😨 やっぱり手袋していた方が安心と学ぶ。 これくらいで済んでラッキーなくらい。 山頂からの景色は素晴らしいパノラマ✨ 後烏帽子・屛風岳・不忘山。。 ここまで眺望が無かった分、余計にそう思えるのかも。 後から着かれた方に山頂を譲って、後烏帽子を目指す。 このルートは稜線らしいが、登山道脇の茂みが深く、やはり眺望なし。 やはり斜度もまあまああって、少しハムストリングスも張りを感じてくる。 そして、また突然山頂に出た。 やはり絶景✨ 近くなった屏風岳に加えて、岩に登れば蔵王熊野岳、そして遠くに朝日連峰。。 風も穏やかな好天の下、おにぎりを頂いてから下山。 下りは千年杉コース。途中、初めてスキー場歩きを体験。これがしんどい。。。 足場にも斜度があるので、どうしてもブレーキをかける歩きになり、膝に来る。 さらに表面が草でも滑るし、泥でも滑る。一度尻餅つきかけた。 快適なハイキングコースに戻って、見落としようがないほどの貫録の千年杉にも挨拶して下山完了。 前日に天気を調べようと、てんくらを開くと、ふと山の名前をド忘れしてYAMAPのタブに戻る。 「前烏帽子と後烏帽子岳ね」。。。 あっ、だからスキー場の名前、えぼしリゾートなのかっ! ずっと「えぼし」と略して呼んでるくせに、全然結びつかずにいた😅 登山始めなければ、そのままだったろうな。 この後の遠刈田温泉も初めてで、またいろいろ知ることが出来た、良き山行の一日になりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。