切合小屋テント泊

2021.09.15(水) 日帰り

MAX佐藤さんと、初めてのテン泊 9時に葡萄沢入り口からスタート 五段山のアップダウンに体力を奪われ、剣ヶ峰付近では二人共挫折しそうなりましたが、食料は沢山あるのだが水が底を付きそうな為、気合いで切合小屋まで頑張った。 もう夕方、本山は諦めてテン泊の準備をした 素晴らしい夕日を眺めながらの夕食 贅沢な時間であった 早めの就寝、夜中には突風が吹き、これは山小屋へ避難するしかないか考えてると、隣のテントからMAX佐藤のイビキ 幸せか・・・ 諦めて寝る事にした 朝5時頃起床 夜中の突風が嘘のような天気だった お目当ての朝日を拝む事が出来ました 山小屋から下山 三国小屋手前で、若い女性が滑落 仲間が救助へ向かっているようで、笹藪から笑い声がした為大丈夫と判断 三国小屋から剣ヶ峰を下り終わる頃 前を歩くMAX佐藤が、大丈夫ですか?と叫んでる また1人滑落した 急いでMAX佐藤が救助へ向かった 2人でリュックを上げ、ゆっくり登山道まで登らせた 腰と左足を打撲したらしく、消毒し少し一緒に休むことにした ちょうど切合小屋の管理人さんがポチと荷上げの途中で出会い、今日はヘリが来ない天気だと言う事で、ゆっくり歩けそうな為、俺たちがリュックを持ち、分岐点まで一緒に下山した そこで、お別れの為、命が優先なので、リュックを借り置きし、下山してもらう事にした その後、気になっていたが、MAX佐藤に連絡があり、救助要請し無事下山したとの事 良かった 改めて山の怖さを実感した そして、ヤマップを通じ連絡が取れる事で、ヤマップの素晴らしさをしった