厳しかった💦中谷右股⬆️金比羅古道⬇️

2021.09.16(木) 日帰り

8月初旬の中谷左股以来気になっていた中谷右股。しかし左股より難易度は高そう🤔。そこで山の師匠を誘って同行してもらうことにしました(無理やりかも😁)。 中谷右股は予想通り中小の素晴らしい滝が続き水も綺麗。最大の見所はゴルジュの連滝😍。直登、高巻きをしながら本谷を遡上しましたが最後は小滝で行き止まり。やむなく急峻なリッジ尾根をはい上がって何とか縦走路に合流💦。ここで昼御飯😄。 下りは蓬莱山から金比羅峠を経由して琵琶湖バレーP 辺りに降りるバリ道を選択。中盤以降ルートが不鮮明で分かりにくい。終盤は倒木祭りとなりルーファイしながら倒木の中の藪こぎ。倒木は滑る、藪で下が見えない、段差に注意でなかなか進まない。さらに樹林帯の中は日没近くは暗くなって来て焦る😥。ある意味本日の核心部🤣。何とか堰堤まで降りて車道に合流した💦。 久しぶりに緊張感のあるハードな山行となりました。達成感半分、反省半分でしょうか🤔。お互いにちょっと変わってるよね🤣と笑いながら蓬莱駅到着。日が暮れてしまいました😄。

JR 志賀駅からスタート。

JR 志賀駅からスタート。

JR 志賀駅からスタート。

一時間ほど車道を歩いてここから入る。すぐに崩落箇所を通過する。

一時間ほど車道を歩いてここから入る。すぐに崩落箇所を通過する。

一時間ほど車道を歩いてここから入る。すぐに崩落箇所を通過する。

右手の鉄製梯子を登る。

右手の鉄製梯子を登る。

右手の鉄製梯子を登る。

アーチ型堰堤に到着。カッコいい😍。

アーチ型堰堤に到着。カッコいい😍。

アーチ型堰堤に到着。カッコいい😍。

ここで身支度をして中谷右股へ入る。

ここで身支度をして中谷右股へ入る。

ここで身支度をして中谷右股へ入る。

最初の滝。ここに着くまでに既に私はドボンした😅。

最初の滝。ここに着くまでに既に私はドボンした😅。

最初の滝。ここに着くまでに既に私はドボンした😅。

次の滝が見えてきた。

次の滝が見えてきた。

次の滝が見えてきた。

2番目の滝。左を高巻く。

2番目の滝。左を高巻く。

2番目の滝。左を高巻く。

すぐに次の滝が見えてきた。

すぐに次の滝が見えてきた。

すぐに次の滝が見えてきた。

3つ目の滝。左側から登れる。

3つ目の滝。左側から登れる。

3つ目の滝。左側から登れる。

綺麗な水✨。楽しい😄。

綺麗な水✨。楽しい😄。

綺麗な水✨。楽しい😄。

核心部のゴルジュの連滝。中段まで登って左から高巻く。

核心部のゴルジュの連滝。中段まで登って左から高巻く。

核心部のゴルジュの連滝。中段まで登って左から高巻く。

この辺りまでは余裕あり😄。
右股ルートの半分くらいの地点か。

この辺りまでは余裕あり😄。 右股ルートの半分くらいの地点か。

この辺りまでは余裕あり😄。 右股ルートの半分くらいの地点か。

中盤以上は流木で埋まっている箇所多数。おいおい💦。

中盤以上は流木で埋まっている箇所多数。おいおい💦。

中盤以上は流木で埋まっている箇所多数。おいおい💦。

流木の中を潜り抜ける師匠。

流木の中を潜り抜ける師匠。

流木の中を潜り抜ける師匠。

水が綺麗✨。

水が綺麗✨。

水が綺麗✨。

左の支谷奥に滝が見える。(行っていないが7メートルぐらいありそう)

左の支谷奥に滝が見える。(行っていないが7メートルぐらいありそう)

左の支谷奥に滝が見える。(行っていないが7メートルぐらいありそう)

さらに遡上する。

さらに遡上する。

さらに遡上する。

最後の滝が見えた。左側は崩落してザレている。右側手前から高巻く。

最後の滝が見えた。左側は崩落してザレている。右側手前から高巻く。

最後の滝が見えた。左側は崩落してザレている。右側手前から高巻く。

右側手前から急斜面を高巻く。トラロープあり。

右側手前から急斜面を高巻く。トラロープあり。

右側手前から急斜面を高巻く。トラロープあり。

滝の落ち口から。
※この後、右ルンゼに入るのを見落とした。

滝の落ち口から。 ※この後、右ルンゼに入るのを見落とした。

滝の落ち口から。 ※この後、右ルンゼに入るのを見落とした。

分岐点。本谷を詰める。(この後から厳しくなる💦)

分岐点。本谷を詰める。(この後から厳しくなる💦)

分岐点。本谷を詰める。(この後から厳しくなる💦)

分岐点。水流のある右へ入る。

分岐点。水流のある右へ入る。

分岐点。水流のある右へ入る。

分岐点。水流のある左を遡上。ザレ気味のルンゼを詰めて行くが…

分岐点。水流のある左を遡上。ザレ気味のルンゼを詰めて行くが…

分岐点。水流のある左を遡上。ザレ気味のルンゼを詰めて行くが…

この小滝で行き止まり😲。岩盤は脆く登れない🤔。

この小滝で行き止まり😲。岩盤は脆く登れない🤔。

この小滝で行き止まり😲。岩盤は脆く登れない🤔。

少し戻って右側の尾根に取り付く。ザレた急斜面。

少し戻って右側の尾根に取り付く。ザレた急斜面。

少し戻って右側の尾根に取り付く。ザレた急斜面。

根や枝に捕まりながら急斜面を登る💦。右側は先ほどの分岐点からのルンゼ。

根や枝に捕まりながら急斜面を登る💦。右側は先ほどの分岐点からのルンゼ。

根や枝に捕まりながら急斜面を登る💦。右側は先ほどの分岐点からのルンゼ。

右側、左側ともに深く切れ落ちている。岩は脆く剥がれ落ちる。落石注意⚠️。スリング3本繋いで安全確保。

右側、左側ともに深く切れ落ちている。岩は脆く剥がれ落ちる。落石注意⚠️。スリング3本繋いで安全確保。

右側、左側ともに深く切れ落ちている。岩は脆く剥がれ落ちる。落石注意⚠️。スリング3本繋いで安全確保。

何とか平坦場まで登って来た。小休憩。

何とか平坦場まで登って来た。小休憩。

何とか平坦場まで登って来た。小休憩。

あとは適当に縦走路合流を目指し北へ登る。

あとは適当に縦走路合流を目指し北へ登る。

あとは適当に縦走路合流を目指し北へ登る。

縦走路合流後、ここで昼御飯にする。何回も通っているポイント。
一つ目のミッションクリア😄。心地よい疲労感。

縦走路合流後、ここで昼御飯にする。何回も通っているポイント。 一つ目のミッションクリア😄。心地よい疲労感。

縦走路合流後、ここで昼御飯にする。何回も通っているポイント。 一つ目のミッションクリア😄。心地よい疲労感。

木戸峠。ガスっている。
ここまで誰にも会わず。

木戸峠。ガスっている。 ここまで誰にも会わず。

木戸峠。ガスっている。 ここまで誰にも会わず。

琵琶湖テラスから近江舞子方面。ガスでほぼ眺望無し。

琵琶湖テラスから近江舞子方面。ガスでほぼ眺望無し。

琵琶湖テラスから近江舞子方面。ガスでほぼ眺望無し。

青いテラス。うっすら下界が見える。

青いテラス。うっすら下界が見える。

青いテラス。うっすら下界が見える。

レストランには入らない。かなり場違いなおっちゃん二人😅。

レストランには入らない。かなり場違いなおっちゃん二人😅。

レストランには入らない。かなり場違いなおっちゃん二人😅。

さて、蓬莱山手前の下山口から降りる。
なになに?立入禁止になっている😲。

さて、蓬莱山手前の下山口から降りる。 なになに?立入禁止になっている😲。

さて、蓬莱山手前の下山口から降りる。 なになに?立入禁止になっている😲。

金比羅峠からロープウェイ乗り場P へ降りるバリルートで下山。2つ目のミッション☝️。(金比羅古道とのこと)
2年前の台風で倒木しているらしい。大丈夫かな🤔。
※結果的には蓬莱駅方面へ降りるべきでした。倒木厳しかったです。

金比羅峠からロープウェイ乗り場P へ降りるバリルートで下山。2つ目のミッション☝️。(金比羅古道とのこと) 2年前の台風で倒木しているらしい。大丈夫かな🤔。 ※結果的には蓬莱駅方面へ降りるべきでした。倒木厳しかったです。

金比羅峠からロープウェイ乗り場P へ降りるバリルートで下山。2つ目のミッション☝️。(金比羅古道とのこと) 2年前の台風で倒木しているらしい。大丈夫かな🤔。 ※結果的には蓬莱駅方面へ降りるべきでした。倒木厳しかったです。

途中まではルート鮮明。杉林に入ってから踏み後は不鮮明となる。目印は無い。尾根を外さないようにコンパスで確認しながら下る。

途中まではルート鮮明。杉林に入ってから踏み後は不鮮明となる。目印は無い。尾根を外さないようにコンパスで確認しながら下る。

途中まではルート鮮明。杉林に入ってから踏み後は不鮮明となる。目印は無い。尾根を外さないようにコンパスで確認しながら下る。

倒木が道をふさぐ😥。
藪の中を迂回する。~の繰り返し。

倒木が道をふさぐ😥。 藪の中を迂回する。~の繰り返し。

倒木が道をふさぐ😥。 藪の中を迂回する。~の繰り返し。

とうとう倒木と藪で登山道がふさがれ通行不能となる😥。やむなく倒木とシダが繁る斜面を気をつけながら下る💦。
師匠は藪こぎ得意だが私はちょっと…😥

とうとう倒木と藪で登山道がふさがれ通行不能となる😥。やむなく倒木とシダが繁る斜面を気をつけながら下る💦。 師匠は藪こぎ得意だが私はちょっと…😥

とうとう倒木と藪で登山道がふさがれ通行不能となる😥。やむなく倒木とシダが繁る斜面を気をつけながら下る💦。 師匠は藪こぎ得意だが私はちょっと…😥

振り返って。台風で杉が折れている😲。かなり荒れている。

振り返って。台風で杉が折れている😲。かなり荒れている。

振り返って。台風で杉が折れている😲。かなり荒れている。

何とか堰堤まで降りて来た😄。対岸の車道に渡る。

何とか堰堤まで降りて来た😄。対岸の車道に渡る。

何とか堰堤まで降りて来た😄。対岸の車道に渡る。

堰堤内。正面奥の沢で渡渉するのが本来のルートだったらしい。
打見山はガスの中。キツかったなぁ😅。

堰堤内。正面奥の沢で渡渉するのが本来のルートだったらしい。 打見山はガスの中。キツかったなぁ😅。

堰堤内。正面奥の沢で渡渉するのが本来のルートだったらしい。 打見山はガスの中。キツかったなぁ😅。

日が暮れるとマズいので休憩無しで2時間30分で降りて来た。
パンとバナナ🍌を食べて小休憩。反省しばし😅

日が暮れるとマズいので休憩無しで2時間30分で降りて来た。 パンとバナナ🍌を食べて小休憩。反省しばし😅

日が暮れるとマズいので休憩無しで2時間30分で降りて来た。 パンとバナナ🍌を食べて小休憩。反省しばし😅

琵琶湖バレーロープウェイ乗り場P 。学生の頃来た記憶が…。

琵琶湖バレーロープウェイ乗り場P 。学生の頃来た記憶が…。

琵琶湖バレーロープウェイ乗り場P 。学生の頃来た記憶が…。

ロープウェイの最終便も終わっているので駐車場は車なし。

ロープウェイの最終便も終わっているので駐車場は車なし。

ロープウェイの最終便も終わっているので駐車場は車なし。

なになに。ラッキーブリッジ?だと。昭和的な名前🤣。

なになに。ラッキーブリッジ?だと。昭和的な名前🤣。

なになに。ラッキーブリッジ?だと。昭和的な名前🤣。

琵琶湖バレー入口まで降りて来た。既に薄暗い。

琵琶湖バレー入口まで降りて来た。既に薄暗い。

琵琶湖バレー入口まで降りて来た。既に薄暗い。

彼岸花と蓬莱山。

彼岸花と蓬莱山。

彼岸花と蓬莱山。

蓬莱駅に到着。日没。
ハードでしたが楽しい山行でした😄。これってやはりへ○タイ?😅

蓬莱駅に到着。日没。 ハードでしたが楽しい山行でした😄。これってやはりへ○タイ?😅

蓬莱駅に到着。日没。 ハードでしたが楽しい山行でした😄。これってやはりへ○タイ?😅

JR 志賀駅からスタート。

一時間ほど車道を歩いてここから入る。すぐに崩落箇所を通過する。

右手の鉄製梯子を登る。

アーチ型堰堤に到着。カッコいい😍。

ここで身支度をして中谷右股へ入る。

最初の滝。ここに着くまでに既に私はドボンした😅。

次の滝が見えてきた。

2番目の滝。左を高巻く。

すぐに次の滝が見えてきた。

3つ目の滝。左側から登れる。

綺麗な水✨。楽しい😄。

核心部のゴルジュの連滝。中段まで登って左から高巻く。

この辺りまでは余裕あり😄。 右股ルートの半分くらいの地点か。

中盤以上は流木で埋まっている箇所多数。おいおい💦。

流木の中を潜り抜ける師匠。

水が綺麗✨。

左の支谷奥に滝が見える。(行っていないが7メートルぐらいありそう)

さらに遡上する。

最後の滝が見えた。左側は崩落してザレている。右側手前から高巻く。

右側手前から急斜面を高巻く。トラロープあり。

滝の落ち口から。 ※この後、右ルンゼに入るのを見落とした。

分岐点。本谷を詰める。(この後から厳しくなる💦)

分岐点。水流のある右へ入る。

分岐点。水流のある左を遡上。ザレ気味のルンゼを詰めて行くが…

この小滝で行き止まり😲。岩盤は脆く登れない🤔。

少し戻って右側の尾根に取り付く。ザレた急斜面。

根や枝に捕まりながら急斜面を登る💦。右側は先ほどの分岐点からのルンゼ。

右側、左側ともに深く切れ落ちている。岩は脆く剥がれ落ちる。落石注意⚠️。スリング3本繋いで安全確保。

何とか平坦場まで登って来た。小休憩。

あとは適当に縦走路合流を目指し北へ登る。

縦走路合流後、ここで昼御飯にする。何回も通っているポイント。 一つ目のミッションクリア😄。心地よい疲労感。

木戸峠。ガスっている。 ここまで誰にも会わず。

琵琶湖テラスから近江舞子方面。ガスでほぼ眺望無し。

青いテラス。うっすら下界が見える。

レストランには入らない。かなり場違いなおっちゃん二人😅。

さて、蓬莱山手前の下山口から降りる。 なになに?立入禁止になっている😲。

金比羅峠からロープウェイ乗り場P へ降りるバリルートで下山。2つ目のミッション☝️。(金比羅古道とのこと) 2年前の台風で倒木しているらしい。大丈夫かな🤔。 ※結果的には蓬莱駅方面へ降りるべきでした。倒木厳しかったです。

途中まではルート鮮明。杉林に入ってから踏み後は不鮮明となる。目印は無い。尾根を外さないようにコンパスで確認しながら下る。

倒木が道をふさぐ😥。 藪の中を迂回する。~の繰り返し。

とうとう倒木と藪で登山道がふさがれ通行不能となる😥。やむなく倒木とシダが繁る斜面を気をつけながら下る💦。 師匠は藪こぎ得意だが私はちょっと…😥

振り返って。台風で杉が折れている😲。かなり荒れている。

何とか堰堤まで降りて来た😄。対岸の車道に渡る。

堰堤内。正面奥の沢で渡渉するのが本来のルートだったらしい。 打見山はガスの中。キツかったなぁ😅。

日が暮れるとマズいので休憩無しで2時間30分で降りて来た。 パンとバナナ🍌を食べて小休憩。反省しばし😅

琵琶湖バレーロープウェイ乗り場P 。学生の頃来た記憶が…。

ロープウェイの最終便も終わっているので駐車場は車なし。

なになに。ラッキーブリッジ?だと。昭和的な名前🤣。

琵琶湖バレー入口まで降りて来た。既に薄暗い。

彼岸花と蓬莱山。

蓬莱駅に到着。日没。 ハードでしたが楽しい山行でした😄。これってやはりへ○タイ?😅

類似するルートを通った活動日記