伊那前岳・中岳・木曽駒ヶ岳(西駒ヶ岳)・宝剣岳

2021.09.13(月) 日帰り

活動データ

タイム

06:13

距離

6.7km

上り

639m

下り

639m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 13
休憩時間
1 時間 53
距離
6.7 km
上り / 下り
639 / 639 m

活動詳細

すべて見る

朝4時に山友Rちゃんが車でお迎え。まだ真っ暗。菅の台バスセンターに向かう。 7時頃にバスセンター駐車場到着。すでにバス待ちの長い列。今日、平日だよなぁ?こんなにいるって、やっぱり人気の山なのかな。バスのあと、ロープウェイで千畳敷駅に到着。ここからの絶景にもうテンションMAX。南アルプスの山々、そしてその向こうに富士山も見える。千畳敷カールからの木曽駒ヶ岳~宝剣岳の山並に魂持ってかれた。しかも空と雲が堪らないコントラストを見せてくれている。なんて幸せなんだ! 9時前にスタート。周りの景色に感激しまくりながら進む。振り返るとスタートした千畳敷ホテルが見える。こういうゴツゴツした岩肌が大好き。50分ほどで乗越浄土。ここから伊那前岳山頂を目指す。ここの尾根からの眺めは最高。なんでみんなこっちに来ないんだろう。すれ違う人も数人。南アルプスも北アルプスも見える。10時20分頃に伊那前岳山頂(2883m)に到着。ふたりで「ひとり占め」。 乗越まで戻り、ちょっと時間的には早かったけど宝剣山荘で昼食。ネットで見て決めていたビーフシチュー+ライスのセット。そして缶ビール。う~ん、旨い。 11時半に宝剣山荘出発して、すぐに中岳到着。ここからいよいよ木曽駒ヶ岳へ。山頂が近づくほど急登になってくる。ずんずん進むRちゃん。ビールのせい?ゼェハァですぐ離されちゃう。12時20分頃にやっと山頂。あのバス待ちの混雑を考えれば、やっぱりバラけたのか人が少なめ。しかしなんなの、この景色‼️前回登った御嶽山もはっきり見えている。北アルプスの槍ヶ岳も「早くおいで」みたいにその姿を主張している。山頂にいる人と「帰りたくないですよね~」なんて話しながら、でも名残惜しいけど降りなきゃならない。あ~、また来たいな。 馬の背方面から回って戻ることにして、分岐点から頂上山荘、そして宝剣山荘へ。残るは宝剣岳なんだけど、ガイドブック読んだり、YouTube見たりして「自分の今の力で登れるのかな?」って思ってた。「滑落事故多発」の看板がさらに不安を煽る。とにかく近づいて荷物をデポして、迷ったけど「やっぱり行く」。勇気を持って一歩踏み出す。それに、なんとなくこれなら行けそうという気持ちも強かった。 いやぁ、なかなかの急峻。でもそんなに長くはない。緊張しながらも、前を行くRちゃんを視野に入れながら登って行く。やはり足をかける部分はあるし、なんだかんだで登り切った。でも山頂の標識はない。岩の間に小さな祠があるだけ。いちばんのピークとなる岩にはさすがに登れない(いや、登って立ってる人は遠くから見えたけど)。でもここまで登れて大満足。 やっぱり登るより下る方が怖い。でも足先をかけるところが見つからなくて「わ、どうしよう」って思ったのは1回だけ。それもなんとかクリアして無事戻って来れた。 14時20分くらいに宝剣山荘から下山開始。3時前に「千畳敷カール」の標識があるところまで下りてきて、そこからの絶景を見納め。3時半のロープウェイでしらび平、そしてバスで菅の台へ。こぶしの湯でサッパリして帰路へ。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。