大ナゲシ、赤岩尾根…奥秩父のバリエーションルート!

2021.09.12(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:14

距離

6.8km

上り

1230m

下り

1019m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 14
休憩時間
1 時間 43
距離
6.8 km
上り / 下り
1230 / 1019 m
1
47
28
24
3 59
27

活動詳細

すべて見る

埼玉と群馬の県境、奥秩父の大ナゲシと赤岩尾根に行ってきました。ずっと気になってたバリエーションルートです。 赤岩橋、ニッチツ鉱山社宅跡地から赤岩峠へ、急登を上り詰め、すでに汗だく…。 まず、大ナゲシ目指して尾根を西へ、ところどころ県境の目印の杭、番号が振ってあります。しばらく行くとピークから北に向かって「大ナゲシへ」の立て札。 大ナゲシには、上りは左から巻いて鎖ルート、下りはロープのルート。鎖、ロープは使いたくなかったのですが…ちょっと厳しいところあり、少し頼ってしまいました。大ナゲシ、けっこうな岩峰で楽しめました。 赤岩峠まで戻ったら東に向かう尾根へ。 赤岩岳から、いよいよ…八丁峠まで続くバリルートの赤岩尾根です! 正直、ソロで不安…だって少し行くと前方にそそり立つ岩峰が…(^-^; 行けるかな…と思いつつ壁のような岩を足場、ホールド探って直登! 登れました! そこから先もできる限り直登! と思ってたら「こりゃ無理!」という岩峰もあり、右から巻いて側面から上ります。途中、何度かルートミス…(^-^; もうホントにバリルート・・・たどり着くかしら・・・と思いつつもここまで来たら先に進むしかない・・・また岩峰!・・・え、ここ下るの・・・と赤岩岳から三時間、最高点1,589mのP1に到達! ここからは下りはじめは急降でしたが、その後は平和な尾根歩き、終盤でまたルートミスしかけるも、無事に八丁峠にたどり着きました。何度か見慣れた「この先、登山道未整備・・・」の立札の向こうから帰ってきたのです。 あとは、上落合橋までくたくたになりながら下って、無事に駐車場に帰還しました。 いやいや、しんどいけど楽しかった!一部、真剣に命懸けだったような・・・(^-^; ※1.今回、かなり危険と不安を感じながらのバリルート挑戦でした。下調べが不十分だったこと少々、反省。 ※2.赤岩尾根はダウンロード地図では登山道の赤ルートになってません。ピンクテープまばら、地図上の県境の線とコース上の県境の杭が目印になります。(P1~八丁峠は県境から外れる) ※3.このルートを逆から辿るとなると、壁のような岩峰を降りることになるので、やはり相当な岩場の技術やロープなどの装備が必要と思われます。

両神山・諏訪山・二子山 未知のバリエーションルートへ出発!
上落合橋に向かう道路は右へ、
登山口は左のニッチツ鉱山社宅跡地へ。
未知のバリエーションルートへ出発! 上落合橋に向かう道路は右へ、 登山口は左のニッチツ鉱山社宅跡地へ。
両神山・諏訪山・二子山 登り口の目印になる石標
登り口の目印になる石標
両神山・諏訪山・二子山 壊れそうな橋を渡って沢沿いに右へ。
壊れそうな橋を渡って沢沿いに右へ。
両神山・諏訪山・二子山 汗をかきながら急登を詰める。
汗をかきながら急登を詰める。
両神山・諏訪山・二子山 少し明るくなって小尾根に出ます。
少し明るくなって小尾根に出ます。
両神山・諏訪山・二子山 赤岩峠、もう少し。
足下がザレザレで登りにくい。
赤岩峠、もう少し。 足下がザレザレで登りにくい。
両神山・諏訪山・二子山 やった!
やった!
両神山・諏訪山・二子山 祠にご挨拶。
大ナゲシに向かって尾根を西へ。
この尾根が県境。
祠にご挨拶。 大ナゲシに向かって尾根を西へ。 この尾根が県境。
両神山・諏訪山・二子山 県境の尾根から、北の群馬県側に分岐。
県境の尾根から、北の群馬県側に分岐。
両神山・諏訪山・二子山 巨大な・・・
巨大な・・・
両神山・諏訪山・二子山 正面はロープの垂れた岩壁
左に巻くと鎖の岩場
途中、ホールドとれず、ちょっとだけ鎖に頼る。
正面はロープの垂れた岩壁 左に巻くと鎖の岩場 途中、ホールドとれず、ちょっとだけ鎖に頼る。
両神山・諏訪山・二子山 けっこう楽しい(険しい)岩場。
けっこう楽しい(険しい)岩場。
両神山・諏訪山・二子山 大ナゲシ!
大ナゲシ!
両神山・諏訪山・二子山 ガスで展望なし。
今日はずっとガスでした。
ガスで展望なし。 今日はずっとガスでした。
両神山・諏訪山・二子山 大ナゲシの下りはこのロープ。
ここもホールドとれず、ロープ使用。
大ナゲシの下りはこのロープ。 ここもホールドとれず、ロープ使用。
両神山・諏訪山・二子山 クモの巣に露がびっしり。
※何度もクモの巣に引っかかってしまいました。
クモの巣に露がびっしり。 ※何度もクモの巣に引っかかってしまいました。
両神山・諏訪山・二子山 こけの着いた湿った岩は・・・ズルっと
こけの着いた湿った岩は・・・ズルっと
両神山・諏訪山・二子山 いったん赤岩峠に戻ります。
いったん赤岩峠に戻ります。
両神山・諏訪山・二子山 そして赤岩岳に向けて東へ。
ここもザレザレの急登。
そして赤岩岳に向けて東へ。 ここもザレザレの急登。
両神山・諏訪山・二子山 岩岩してきました。
岩岩してきました。
両神山・諏訪山・二子山 赤岩岳!
赤岩岳!
両神山・諏訪山・二子山 やはりガスで展望いまいち。
正面は先ほどの大ナゲシ。
やはりガスで展望いまいち。 正面は先ほどの大ナゲシ。
両神山・諏訪山・二子山 バリルート赤岩尾根へ侵入。
バリルート赤岩尾根へ侵入。
両神山・諏訪山・二子山 岩峰を直登。
このあたりは今思うと序の口。
岩峰を直登。 このあたりは今思うと序の口。
両神山・諏訪山・二子山 おう、コレは直登は無理か・・・
右側に巻いていくと、側面に登れるルートあり。
おう、コレは直登は無理か・・・ 右側に巻いていくと、側面に登れるルートあり。
両神山・諏訪山・二子山 尾根づたいにこのような県境の杭があり、コレがあればコースを外してないことがわかります。
※何度かルートミスして焦りました(^-^;
尾根づたいにこのような県境の杭があり、コレがあればコースを外してないことがわかります。 ※何度かルートミスして焦りました(^-^;
両神山・諏訪山・二子山 だいぶ進んでいくつかの岩を登り、P3。
だいぶ進んでいくつかの岩を登り、P3。
両神山・諏訪山・二子山 続いてP2。
続いてP2。
両神山・諏訪山・二子山 正面にこのルート最高点のP1。
直登は無理そうでしょ・・・(^-^;

岩壁の下に行って見上げると、上の方にピンクテープが!
「ここを登れってこと」か・・・?
どうしよう・・・と思いながら行ってしまいました。
かなり厳しかったけど、足場とホールドはなんとかなりました。
ここだけの話、命懸け…(^-^;
正面にこのルート最高点のP1。 直登は無理そうでしょ・・・(^-^; 岩壁の下に行って見上げると、上の方にピンクテープが! 「ここを登れってこと」か・・・? どうしよう・・・と思いながら行ってしまいました。 かなり厳しかったけど、足場とホールドはなんとかなりました。 ここだけの話、命懸け…(^-^;
両神山・諏訪山・二子山 なんとか登り切った!
なんとか登り切った!
両神山・諏訪山・二子山 展望・・・なし!
展望・・・なし!
両神山・諏訪山・二子山 最高点、P1です!
最高点、P1です!
両神山・諏訪山・二子山 こんなところに・・・
こんなところに・・・
両神山・諏訪山・二子山 赤岩尾根の終盤、八丁峠に向けて尾根を登って行きますと…なんか様子がおかしい…
戻ってみると、左のやや下る方向にピンクテープがありました。
赤岩尾根の終盤、八丁峠に向けて尾根を登って行きますと…なんか様子がおかしい… 戻ってみると、左のやや下る方向にピンクテープがありました。
両神山・諏訪山・二子山 何度か見慣れた注意書き。

「どんなコースだろう」とずっと気になっていたのです。
そして、この向こうから帰ってきたのです。
何度か見慣れた注意書き。 「どんなコースだろう」とずっと気になっていたのです。 そして、この向こうから帰ってきたのです。
両神山・諏訪山・二子山 ここから上落合橋まで、やっと平和な山道。
ここから上落合橋まで、やっと平和な山道。
両神山・諏訪山・二子山 無事に帰還!

※ちょっと不安なバリルートでした。
無事に帰還! ※ちょっと不安なバリルートでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。