天王山・小倉山・釈迦岳・ポンポン山

2021.09.12(日) 日帰り

天気がすっきりしないのと、昨日に続けて麓で断念は精神的ダメージ大なので近場のお山へ。 今週は車もないので山崎から天王山、小倉山を経てポンポン山まで。 宝積寺の登り口には「倒木のため通行止め」の看板がありますが、特に問題なく天王山へは行けました。 天王山を過ぎてから、気温はそれほど高くないのですが湿気がひどくて汗ダラダラな上、のどの渇きがいつもより酷くて水1リットル、冷たいお茶0.5リットルの3/4を釈迦岳の途中で飲んでしまい、帰りは予定を変更して西山善峯寺へ降りることにしました。 ポンポン山の山頂までは、ほぼ人と出会うこともなかったのですが、山頂の広場は密ですね💦 休憩もそこそこに退却となりました。 善峯寺からJR向日町駅までは阪急・東向日駅を経由して阪急バスが1時間に1本出ています。

ここから登りはじめ。

ここから登りはじめ。

ここから登りはじめ。

宝積寺の塔を横目に見ながら・・・

宝積寺の塔を横目に見ながら・・・

宝積寺の塔を横目に見ながら・・・

宝積寺の本堂の横から天王山に登ります。

宝積寺の本堂の横から天王山に登ります。

宝積寺の本堂の横から天王山に登ります。

天気はいまひとつ

天気はいまひとつ

天気はいまひとつ

天王山の山頂。
手前の木にハチの巣があるようで、ハチが結構飛んでました。

天王山の山頂。 手前の木にハチの巣があるようで、ハチが結構飛んでました。

天王山の山頂。 手前の木にハチの巣があるようで、ハチが結構飛んでました。

右の道は水瀬の滝へ。
滝も見たいけれどまた今度。

右の道は水瀬の滝へ。 滝も見たいけれどまた今度。

右の道は水瀬の滝へ。 滝も見たいけれどまた今度。

小倉山。
特に眺望もないので先へ進みます。

小倉山。 特に眺望もないので先へ進みます。

小倉山。 特に眺望もないので先へ進みます。

ちょっと休憩

ちょっと休憩

ちょっと休憩

道がえぐられていて滑りやすく危ないです。
ポールつかいながら慎重に💦

道がえぐられていて滑りやすく危ないです。 ポールつかいながら慎重に💦

道がえぐられていて滑りやすく危ないです。 ポールつかいながら慎重に💦

ここから柳谷観音までは一般道です。

ここから柳谷観音までは一般道です。

ここから柳谷観音までは一般道です。

結構車が多くて危ないです。

結構車が多くて危ないです。

結構車が多くて危ないです。

西山古道でポンポン山へ。

西山古道でポンポン山へ。

西山古道でポンポン山へ。

沢沿いは滑りやすいです。

沢沿いは滑りやすいです。

沢沿いは滑りやすいです。

顔を洗ってすっきりと💦

顔を洗ってすっきりと💦

顔を洗ってすっきりと💦

曇りで眺望もいまひとつ

曇りで眺望もいまひとつ

曇りで眺望もいまひとつ

よくもまあこんな山の中に送電線を通したものです

よくもまあこんな山の中に送電線を通したものです

よくもまあこんな山の中に送電線を通したものです

しばらくはこんな感じ

しばらくはこんな感じ

しばらくはこんな感じ

大沢峠。
休憩用のベンチがありがたいです。

大沢峠。 休憩用のベンチがありがたいです。

大沢峠。 休憩用のベンチがありがたいです。

ルートをはずれて大沢山へ寄り道。
(YAMAPの地図には載っていないようです)

ルートをはずれて大沢山へ寄り道。 (YAMAPの地図には載っていないようです)

ルートをはずれて大沢山へ寄り道。 (YAMAPの地図には載っていないようです)

5分ほどで山頂

5分ほどで山頂

5分ほどで山頂

大沢山からの眺望その①。

大沢山からの眺望その①。

大沢山からの眺望その①。

大沢山からの眺望その②。
ベニーカントリー倶楽部。

晴れていればここからの眺望が一番いいのではないでしょうか。
ベンチもありますし人もいないのでお昼休憩に最適化と。

大沢山からの眺望その②。 ベニーカントリー倶楽部。 晴れていればここからの眺望が一番いいのではないでしょうか。 ベンチもありますし人もいないのでお昼休憩に最適化と。

大沢山からの眺望その②。 ベニーカントリー倶楽部。 晴れていればここからの眺望が一番いいのではないでしょうか。 ベンチもありますし人もいないのでお昼休憩に最適化と。

釈迦岳。
眺望もないので・・・

釈迦岳。 眺望もないので・・・

釈迦岳。 眺望もないので・・・

三角点を踏んでポンポン山へ向かいます。

三角点を踏んでポンポン山へ向かいます。

三角点を踏んでポンポン山へ向かいます。

鉄塔デカイ!

鉄塔デカイ!

鉄塔デカイ!

山頂は人で密でありました

山頂は人で密でありました

山頂は人で密でありました

善峯寺へ降りる途中、ガスってきた💦

善峯寺へ降りる途中、ガスってきた💦

善峯寺へ降りる途中、ガスってきた💦

沢のせせらぎが気持ちよい。

沢のせせらぎが気持ちよい。

沢のせせらぎが気持ちよい。

しばらくは沢に沿ってすすみます。

しばらくは沢に沿ってすすみます。

しばらくは沢に沿ってすすみます。

橋、落ちてます。
コンクリートと鉄板なので渡れますが、かなり危ないかと💦

橋、落ちてます。 コンクリートと鉄板なので渡れますが、かなり危ないかと💦

橋、落ちてます。 コンクリートと鉄板なので渡れますが、かなり危ないかと💦

道も崩落してます。

道も崩落してます。

道も崩落してます。

特に問題なくあるけました。
ここからは舗装道を下ります。

特に問題なくあるけました。 ここからは舗装道を下ります。

特に問題なくあるけました。 ここからは舗装道を下ります。

看板の絶景につられて三鈷寺の方へ行ってみたら・・・

看板の絶景につられて三鈷寺の方へ行ってみたら・・・

看板の絶景につられて三鈷寺の方へ行ってみたら・・・

三鈷寺。
ここは境内は無料で入れます。

三鈷寺。 ここは境内は無料で入れます。

三鈷寺。 ここは境内は無料で入れます。

三鈷寺からの眺望。

三鈷寺からの眺望。

三鈷寺からの眺望。

善峯寺バス停に行くには善峯寺境内を抜けないと降りれません。
3つ前の写真の場所まで戻るのはしんどいので拝観料500円を払う事に💦

善峯寺バス停に行くには善峯寺境内を抜けないと降りれません。 3つ前の写真の場所まで戻るのはしんどいので拝観料500円を払う事に💦

善峯寺バス停に行くには善峯寺境内を抜けないと降りれません。 3つ前の写真の場所まで戻るのはしんどいので拝観料500円を払う事に💦

善峯寺の宝塔

善峯寺の宝塔

善峯寺の宝塔

バスに乗って向日町駅へ

バスに乗って向日町駅へ

バスに乗って向日町駅へ

ここから登りはじめ。

宝積寺の塔を横目に見ながら・・・

宝積寺の本堂の横から天王山に登ります。

天気はいまひとつ

天王山の山頂。 手前の木にハチの巣があるようで、ハチが結構飛んでました。

右の道は水瀬の滝へ。 滝も見たいけれどまた今度。

小倉山。 特に眺望もないので先へ進みます。

ちょっと休憩

道がえぐられていて滑りやすく危ないです。 ポールつかいながら慎重に💦

ここから柳谷観音までは一般道です。

結構車が多くて危ないです。

西山古道でポンポン山へ。

沢沿いは滑りやすいです。

顔を洗ってすっきりと💦

曇りで眺望もいまひとつ

よくもまあこんな山の中に送電線を通したものです

しばらくはこんな感じ

大沢峠。 休憩用のベンチがありがたいです。

ルートをはずれて大沢山へ寄り道。 (YAMAPの地図には載っていないようです)

5分ほどで山頂

大沢山からの眺望その①。

大沢山からの眺望その②。 ベニーカントリー倶楽部。 晴れていればここからの眺望が一番いいのではないでしょうか。 ベンチもありますし人もいないのでお昼休憩に最適化と。

釈迦岳。 眺望もないので・・・

三角点を踏んでポンポン山へ向かいます。

鉄塔デカイ!

山頂は人で密でありました

善峯寺へ降りる途中、ガスってきた💦

沢のせせらぎが気持ちよい。

しばらくは沢に沿ってすすみます。

橋、落ちてます。 コンクリートと鉄板なので渡れますが、かなり危ないかと💦

道も崩落してます。

特に問題なくあるけました。 ここからは舗装道を下ります。

看板の絶景につられて三鈷寺の方へ行ってみたら・・・

三鈷寺。 ここは境内は無料で入れます。

三鈷寺からの眺望。

善峯寺バス停に行くには善峯寺境内を抜けないと降りれません。 3つ前の写真の場所まで戻るのはしんどいので拝観料500円を払う事に💦

善峯寺の宝塔

バスに乗って向日町駅へ