【思い出の山再訪】大山〜三峰山(大山三峰山)

2021.08.30(月) 日帰り

トレーニングが主体でした。ついでに大山三峰山にも、と計画。 三泊分のテン泊&食料に、今日の日帰り山行の水3Lと行動食を詰め込んで18キロ。 5月より3キロ以上減らして、いざ。 結果。バテバテ。 荷物放り出して帰りたかった。 高度下げれば、気温グングン上がるし、風ないし。熱中症で遭難か!!ってマジで思った。 大山三峰山頂で感慨になんか耽ってられないっすよ。栄養と水補給と休憩、これ。 思い出なんてどっかいっちゃったよ。。。 ということで、山を趣味にしようと思い立った私が、最初に自発的に選んで訪れた山が大山三峰山でした。 東京近郊ワンデイハイク的ガイド本から選んだと思うけど、よくこんなマニアックなとこ選んだと思う。 山の実力はアレとして自分はドMだと思うけど、この山を最初に選ぶあたり才能あったかも、Mの。 最後にルートについて。 唐沢峠から不動尻に降りずに三峰山を目指す経路は、不明瞭/沢への迷い込み注意(西面の唐沢川とか)と警告されています。実際に歩くとたしかにやや踏み跡が不明瞭かも。小ピークを越えた/巻いた時の次の下降路を間違えないようにしましょう。YAMAPあるので大丈夫かと。 それより、七沢山から三峰山越え、尾根北面が大崩壊している辺りまでが、今日の私の核心。 ちょこちょこ登ったり降りたりで体力気力を削る上、結構いやらしいところ多く、全くスピード上がりませんでした。 美しい思い出を語ろうと思ったけど、これでおしまい。

誰もおりません

誰もおりません

誰もおりません

黙々と歩きすぎて、もう阿夫利神社

黙々と歩きすぎて、もう阿夫利神社

黙々と歩きすぎて、もう阿夫利神社

こんな好天になるなんて聞いてない

こんな好天になるなんて聞いてない

こんな好天になるなんて聞いてない

せっかく晴れてくれたのにいまいち嬉しくない。暑くなる未来が見えるから

せっかく晴れてくれたのにいまいち嬉しくない。暑くなる未来が見えるから

せっかく晴れてくれたのにいまいち嬉しくない。暑くなる未来が見えるから

富士山が中央に

富士山が中央に

富士山が中央に

先週はヤビツからここに躍り出ました

先週はヤビツからここに躍り出ました

先週はヤビツからここに躍り出ました

一応記念写真。めっちゃ暑い

一応記念写真。めっちゃ暑い

一応記念写真。めっちゃ暑い

見晴らし台から帰っとけばよかった。思い出回収とかぬるいことやってるから辛い目に遭う。

見晴らし台から帰っとけばよかった。思い出回収とかぬるいことやってるから辛い目に遭う。

見晴らし台から帰っとけばよかった。思い出回収とかぬるいことやってるから辛い目に遭う。

ガレてない/痩せてないとこは、結構こういう感じで綺麗でした

ガレてない/痩せてないとこは、結構こういう感じで綺麗でした

ガレてない/痩せてないとこは、結構こういう感じで綺麗でした

大山を振り返って

大山を振り返って

大山を振り返って

ここの表示を無視して画面奥に突き進みます(不動尻に寄らず直接三峰山に向かう)

ここの表示を無視して画面奥に突き進みます(不動尻に寄らず直接三峰山に向かう)

ここの表示を無視して画面奥に突き進みます(不動尻に寄らず直接三峰山に向かう)

はじめはこんな感じ

はじめはこんな感じ

はじめはこんな感じ

こういうとこ、どの尾根取るかご注意を

こういうとこ、どの尾根取るかご注意を

こういうとこ、どの尾根取るかご注意を

間違った尾根に行かぬようロープを貼ってくれている場所もありました

間違った尾根に行かぬようロープを貼ってくれている場所もありました

間違った尾根に行かぬようロープを貼ってくれている場所もありました

指差す方から来ました。不動尻からの経路との合流点(分岐点)

指差す方から来ました。不動尻からの経路との合流点(分岐点)

指差す方から来ました。不動尻からの経路との合流点(分岐点)

なんの感情もわかない。疲れすぎて。暑すぎて。
ともあれ二十数年ぶりに来ました。

なんの感情もわかない。疲れすぎて。暑すぎて。 ともあれ二十数年ぶりに来ました。

なんの感情もわかない。疲れすぎて。暑すぎて。 ともあれ二十数年ぶりに来ました。

空は青々と晴れ渡る。

空は青々と晴れ渡る。

空は青々と晴れ渡る。

尾根の北面が結構大規模に崩壊している地点で。

尾根の北面が結構大規模に崩壊している地点で。

尾根の北面が結構大規模に崩壊している地点で。

この表示の後は、心を殺して下山するだけモードに突入。

この表示の後は、心を殺して下山するだけモードに突入。

この表示の後は、心を殺して下山するだけモードに突入。

誰もおりません

黙々と歩きすぎて、もう阿夫利神社

こんな好天になるなんて聞いてない

せっかく晴れてくれたのにいまいち嬉しくない。暑くなる未来が見えるから

富士山が中央に

先週はヤビツからここに躍り出ました

一応記念写真。めっちゃ暑い

見晴らし台から帰っとけばよかった。思い出回収とかぬるいことやってるから辛い目に遭う。

ガレてない/痩せてないとこは、結構こういう感じで綺麗でした

大山を振り返って

ここの表示を無視して画面奥に突き進みます(不動尻に寄らず直接三峰山に向かう)

はじめはこんな感じ

こういうとこ、どの尾根取るかご注意を

間違った尾根に行かぬようロープを貼ってくれている場所もありました

指差す方から来ました。不動尻からの経路との合流点(分岐点)

なんの感情もわかない。疲れすぎて。暑すぎて。 ともあれ二十数年ぶりに来ました。

空は青々と晴れ渡る。

尾根の北面が結構大規模に崩壊している地点で。

この表示の後は、心を殺して下山するだけモードに突入。

類似するルートを通った活動日記