上高地から焼岳(北峰)~わさび平へテント泊縦走!

2021.08.28(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 29
休憩時間
1 時間 28
距離
20.1 km
上り / 下り
1577 / 1679 m

活動詳細

すべて見る

7月に訪れて以来、2度目の北アルプス登山。 6泊7日のテント泊&山小屋で臨みます。 勇ましく組んだ縦走スケジュールはこんな感じでした。 ※無謀すぎて1日目しか達成出来なかったけど💦 【北アルプス長期縦走(予定)】 1day 焼岳~ わさび平キャンプ場 2day わさび平キャンプ場~笠ヶ岳~双六小屋 3day 双六小屋~黒部五郎岳~薬師峠テント場 4day 薬師峠~薬師岳~高天原山荘 5day 高天原山荘~水晶岳~鷲羽岳~壮六小屋 6day 壮六小屋~槍ヶ岳~ヒュッテ西岳 7day ヒュッテ西岳~燕岳~中房温泉~松本1泊 8day 松本~韮崎駅~瑞牆山~富士見平小屋 9day 富士見平小屋~金峰山~帰宅 ** 装備 **************** 帽子、ミレーあみあみタンクトップ、サレワ半袖、マーモットアームカバー。 下はレッグカバー&マーモットショートパンツ。 日差しが強いので帽子は必須。 人気のない森林帯エリアでは念のため熊鈴を鳴らしていました。 標高2200mくらいからはマムートヘルメット着用! リュックの重さは18.5kg。 前回の二泊3日北アルプス縦走より1.5キロ軽量化できた。 **深田久弥「焼岳」紹介文******** 焼岳は微妙な色彩のニュアンスを持っている。濃緑の樹木と、鮮やかな緑の笹原と。伽褐色の泥流の押し出しと、ーそういう色が混ざり合って美しいモザイクをなしている。しかも四季の推移によって、そのモザイクも一様でない。 **いざ焼岳へ********* 朝5時半に上高地バスターミナルに到着。やや肌寒い気温。 中ノ湯温泉で下車して「新中の湯ルート」で焼岳を目指すこともできたが、上高地インフォメーションセンター前の水場で水を確保したかったのです。 上高地バスターミナルからテクテク梓川へ歩いていくと、見事な穂高連峰が見えた。 穂高連峰を眺めながらコーヒーなど飲みたかったが、先へ急ぎます。 登山口からは森林帯を歩き、徐々に急な坂になっていく。 恐怖の鉄梯子や「2つの一枚岩の鎖場」があり、忙しい道のりで飽きがこないね(^^;! 焼岳小屋でリュックをデポすることも可能らしいが、小屋内に人がいないし、やや道のりを戻ることになるので、そのまま焼岳へ直行した。 **きつい岩山と山頂の様子**** 重いリュックだと足もとに不安を感じたので、途中でリュックをデポ! ヘルメットを装着し、身軽になった足取りで山頂へ行く。 上高地から3時間20分ほどで焼岳山頂に到着! 山頂は思った以上に人が多くて驚いた。 焼岳の南峰は時間の都合上諦めて、下山しました。 **山頂から中尾高原口へ下山**** 下山はハイカーとの距離を開けながら、落石させないように注意。 私の後ろを歩いていた若者二人が小さく落石させてしまい「ラークッ!」って叫んでました。危ないね。 下山中の景色も本当に美しく幸福感に包まれます。 山頂から下山場所まで標高差1472m! 岩の上は滑りやすいし、登山が嫌いになるような下山道。気が抜けなかったなぁ。 **日帰り温泉~わさび平キャンプ場**** やっとの思いで登山口に辿り着き、さらに日帰り温泉「中崎山荘 奥飛騨の湯」へ黙々と歩く。 温泉はJAF割が利いて大人800円で利用しました。 少し混雑したけど、湯の花の量がすごく、スノードームの中にいるみたいだったよ。 温泉から1時間、標高差400mくらい歩いて「わさび平キャンプ場」へ。 汗をかいてしまったが、まぁしょうがないね。 わさび平キャンプ場は静かで落ち着きました(^^) **** 2日目へ続く… ******* ◆ブログの方が写真がかなり美しいです✨👇 https://road-to-freedom.net/mt_yakidake2021/ ■わさび平キャンプ場の様子👇 https://road-to-freedom.net/wasabidaira2021/ ◆ライカ×Gopro!Youtubeハイクオリティ動画👇 https://youtu.be/fAVxZl1c-5Y

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。