検証「オニやん棒」の効果やいかに?交野山実証実験☆灼熱のアブ天国へ再び!

2021.08.29(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 41
休憩時間
1 時間 2
距離
9.3 km
上り / 下り
615 / 594 m
1 15
5
1 5
1 11
37

活動詳細

すべて見る

先週はアブの猛攻をくらい、20回以上咬みつかれ心折られてあえなく撤退…(~_~;)虫除けを導入しようと思ったんですが、いただいたコメントの一言が胸に突き刺さった! 「黄色と黒は最強の色!」 トラ、スズメバチ、オニヤンマ…なるほど!そしてタイガース…あ、タイガースは今年ちょっと調子いいだけで、普段は弱いな。それから軽自動車のナンバー…もう強くもなんともないな。生き物でもないし(^_^;) 私たち世代にとっては「黄色と黒は勇気の印、24時間戦えますか?」なんですけど… スズメバチやオニヤンマの色は、鳥などの捕食者に対して「オレたちは危険だぞ!近づくな!」という警戒色。逆にスズメバチやオニヤンマに狙われる方としては、黄色と黒を見ると反射反応的に、「やっべぇヤツが来た!逃げろーっ!」となるわけです。 そこに着目したのが、昨今大ブームの「オニヤンマ君」。虫除け用のオニヤンマのフィギュアです。帽子やザックに付けるとアブやハチが逃げていく、というわけです。 よし!流行りに乗っかってオニヤンマ君採用や!…と思ったんですが、よーく考えたら黄色と黒の色に忌避効果があるのなら、目玉や羽根はいらないんじゃね?それなら自作しちゃえー! ということでオニヤンマ君ならぬ、ただの黄色と黒の縞々の棒を作っちゃいましたー!名付けて「オニやん棒」!(←ちょーダッセェ!) オニやん棒の詳細はこちら→ https://yamap.com/moments/230729 このオニやん棒、嬉しいことに多くの皆さまから大変な反響をいただきました*\(^o^)/* コメントもたくさんいただたんですが、中でも多かったのが、「おめー、オニやん棒持って、もう1回行って来い!」という半ば脅迫めいた…あ、いや、温かいご指示をたくさん賜りましたので、もう1回行ってきます! いや、本当は行きたくなんかないですよ…(ー ー;) 雨続きでまともな山登りが全く出来なかった8月…せっかく晴れ予報の最後の日曜日、できることなら山深い標高の高い山で、涼しい風に吹かれながら雄大な景色を眺めたい…なんて思ってたんですが… 行きますよ!行けばいーんでしょ!猛暑日確定の残暑厳しい日に、家の近所の低山を、しかもイヤというほどアブがいるのがわかっているのに…なんで2週も続けて行かなきゃならないんだ… くそっ!もうこーなったらヤケクソや!虫除けスプレーも虫除け線香も使わずに、オニやん棒オンリーで乗り込んでやる! もちろん無傷で帰れるなんて思ってません。もしもの時は潔く死んできます。もし道半ばで倒れた時は、YAMAPの皆さんに「幸せだった」と伝えてください…(T-T) 敵の爆撃機に竹槍で突っ込んで行く気持ちって、こんな感じなんでしょーね。ツライなぁ。。。 …というわけで、再びアブ天国に行ってきます(>_<) 今回はJR河内磐船駅から獅子窟寺、普見山、八ツ橋…までは先週と同じ。そして交野山へ。その後は白旗池で休憩。下山は源氏の滝からJR津田駅に向かいます。 先週は自宅から歩いて出発したんですが、ロードが長くてちょっとバテちゃったので、今日はズルして電車に乗っちゃいます。行きは1駅、帰りは2駅です(^_^;) 河内磐船駅から八ツ橋までは先週と全く同じルートなので詳細は省きます。 オニやん棒は獅子窟寺から使用。1本はザックに、もう1本はネックストラップで首から吊り下げました。 先週アブとの大格闘を繰り広げた八丈岩に登って、リベンジに挑む。アブの羽音はするが、姿が捉えられない。ふと見ると2mくらい先にアブより一回り小さい黄色い体の虫がホバリングしている。ハチの仲間かアブの仲間かよくわかりませんが、こいつでオニやん棒を試してみる。 ホバリングしている虫の目の前におもむろにオニやん棒を差し出すと…突然パニックになってグルグルと円を描いて飛び回った後、その場を飛び去っていきました!よっしゃー!効果あり!とその瞬間、右のふくらはぎに激痛!…アブ、食いついとるやんけっ!? 全くオニやん棒を無視して攻撃を仕掛けてくるアブ!思わずそそくさと退散…(~_~;) その後歩いていても執拗に絡んでくるヤツもいれば、なんとなく飛び去って行くヤツもいる。正直オニやん棒の効果はわかりません。ただ八丈岩以降、被害はナシ。 そのうち前の方で先行していた女性2人組がアブに絡まれて悲鳴をあげているのが聞こえた。 追いついてみると女性の1人は羽織っていたネルシャツを脱いで、必死でアブを追い払っていた。 やっぱりアブはいる!でも私は今アブに絡まれていない。 女性たちを追い抜くと後ろで、「あ!オニヤンマ君や!オニヤンマ君や!」という声が聞こえた。 奥さん、オニヤンマ君じゃないんですよ。オニやん棒なんです( ̄+ー ̄) 心の中で呟きながら、足早にその場を立ち去る。きっと彼女はオニヤンマ君を仕入れるんだろーなー(^^) 普見山の山頂で今日2回目のアブ攻撃を被弾。ここのアブはしつこかった! そのまま八ツ橋へ向かう。相変わらずアブはブンブンと周囲を飛び回るが、とりあえず咬みつかれることなく八ツ橋へ到着。 先週はここで3匹同時攻撃を食らって心が折れた。でも今日はアブとの大格闘もないし、体力的にも問題ないのでこのまま交野山へ向かうことにします。 先週はここまででアブに咬まれた回数10回以上。今日は2回。これを効果アリと見るのかナシと見るのかは難しいところ。ただ今回は写真も撮れてるし、メモの書き込みもできているし…先週は立ち止まることさえできませんでしたから。分母はどーかと問われたら…あまり変わりはなかったように感じます。同じような感じでかなりの数のアブが飛び回っていました。 なんやかんやで交野山に到着*\(^o^)/* 雲が多いのとちょっと霞んでいたので遠望は利きませんでしたが、300m級の山とは思えない大展望をしばし堪能(^^) その後白旗池に移動。この白旗池付近で、今日3回目の被弾。めっちゃ痛かったぁ!(>_<) いきものふれあいセンター付近のベンチで食事休憩。ここではポールのベルトにオニやん棒をぶら下げて目立つように立てかけました。 食事中も何度もアブは現れましたが、グルグルと2〜3周飛び回ったあと飛び去って行きます。結局食事中の被害はゼロ。オニやん棒、効果ありか? 休憩を終えて下山開始。予定していたせせらぎの道が大雨被害で通行止めになっていたので、やすらぎの道からこもれびの道を経て、源氏の滝へと下りることにします。 この後、アブ被害はナシです。ただあきらかにアタックしてくるヤツもいましたし、完全にオニやん棒が効いたとはおせじにも言えません。 源氏の滝は落差はそれほどでもありませんが、深い森の中にある美しい滝。マイナスイオン浴びまくりでした(^^) その後は車道を歩いてJR津田駅へ。無事に滞りなく今日の予定は終了です。 さあ、オニやん棒の総括をします! オニやん棒の効果については…正直わかりません!(>_<) 事実だけを正直に書くと、オニやん棒を全く意に介さずガンガン攻撃してくるアブはたくさんいました。ただ周囲を飛び回っただけで、そのまま立ち去るアブがいたことも事実です。個体差や場所によっての違いがあるようにも思えます。 割合で言えばアブ10匹に対して、効果アリは3、効果ナシが7、くらいの感覚です。正直あまり効果は無かったかな、と。 食事休憩中のアブの行動に関しては、オニやん棒の効果を感じました。何度も飛来したアブですが、その全てが周囲を2〜3周グルグルと飛び回っただけで、みな飛び去っていきました。 それとアブ以外の虫で、明らかに効果があった虫がいましたが、その虫が人を襲う虫かどうかはわかりません。人を襲わない虫に効いても、あんまり意味がないんだけど(^_^;) ただ結果的には、先週は20回以上アブに咬まれたのが、今回は3回だったということ。先週は心折られて途中撤退を余儀なくされたのに対して、今回はストレスなく予定通り歩けたこと。それはきちんとお伝えしておこうと思います。 というわけで、オニやん棒に関しては、引き続きもうしばらく検証が必要ですね。とりあえず9月中はオニやん棒を付けて山を歩こうと思います(^-^)

交野山・国見山 先週は自宅発だったんですが、ロードが長くてバテちゃったので、今日は一駅だけ電車に乗って河内磐船駅出発です(^^)
先週は自宅発だったんですが、ロードが長くてバテちゃったので、今日は一駅だけ電車に乗って河内磐船駅出発です(^^)
交野山・国見山 辰巳寿司の上に見えているピークが交野山です。
辰巳寿司の上に見えているピークが交野山です。
交野山・国見山 先週同様、天田神社で山行の安全祈願…いや、アブ除け祈願(^_^;)
古代この辺りには、肩野物部氏が集住していた。
先週同様、天田神社で山行の安全祈願…いや、アブ除け祈願(^_^;) 古代この辺りには、肩野物部氏が集住していた。
交野山・国見山 ツユクサ、キレイ(^^)
ツユクサ、キレイ(^^)
交野山・国見山 ん?花を見ても葉を見ても…こんな季節にヤマブキ?
ん?花を見ても葉を見ても…こんな季節にヤマブキ?
交野山・国見山 ヘクソカズラさん。
ヘクソカズラさん。
交野山・国見山 ここから獅子窟寺まで六丁です(^^)
ここから獅子窟寺まで六丁です(^^)
交野山・国見山 先週歩いたばかりなので、地図を確認するまでもなくスイスイ歩けます。
先週歩いたばかりなので、地図を確認するまでもなくスイスイ歩けます。
交野山・国見山 もう三丁(^^)
もう三丁(^^)
交野山・国見山 わかっていたとはいえ、やっぱりこのコンクリの急坂はキツいっ!(>_<)
気温はそれほど高くありませんが、風がなく蒸し風呂のよう。早くも滝のように汗が吹き出る。
わかっていたとはいえ、やっぱりこのコンクリの急坂はキツいっ!(>_<) 気温はそれほど高くありませんが、風がなく蒸し風呂のよう。早くも滝のように汗が吹き出る。
交野山・国見山 可憐なキバナコスモス。
可憐なキバナコスモス。
交野山・国見山 仁王門跡まで来ました。ここからは獅子窟寺の寺域です。
仁王門跡まで来ました。ここからは獅子窟寺の寺域です。
交野山・国見山 まだまだ厳しい上りは続く。今日のルート上では、ここが一番キツいな…(~_~;)
まだまだ厳しい上りは続く。今日のルート上では、ここが一番キツいな…(~_~;)
交野山・国見山 タカサゴユリがたくさん咲いています(^^)
タカサゴユリがたくさん咲いています(^^)
交野山・国見山 出発からおよそ30分、獅子窟寺に到着です*\(^o^)/*
先週はここからアブに悩まされた。
出発からおよそ30分、獅子窟寺に到着です*\(^o^)/* 先週はここからアブに悩まされた。
交野山・国見山 ここでいよいよ「オニやん棒」の出番!
1本はザックに…
ここでいよいよ「オニやん棒」の出番! 1本はザックに…
交野山・国見山 そしてもう1本はネックストラップで吊り下げてみた。結構目立つな…(^_^;)
滝汗、申し訳ない…(~_~;)
そしてもう1本はネックストラップで吊り下げてみた。結構目立つな…(^_^;) 滝汗、申し訳ない…(~_~;)
交野山・国見山 天福岩です。ここでもアブ除け祈願m(_ _)m
天福岩です。ここでもアブ除け祈願m(_ _)m
交野山・国見山 この階段を登って右に進んでいきます。
この階段を登って右に進んでいきます。
交野山・国見山 磐座ですね。この北生駒一帯は古代磐座信仰の聖地でもあります。
磐座ですね。この北生駒一帯は古代磐座信仰の聖地でもあります。
交野山・国見山 このような巨岩は神の依代なんです。
このような巨岩は神の依代なんです。
交野山・国見山 ようやく本格的な山歩きです。
ようやく本格的な山歩きです。
交野山・国見山 登山道脇にはたくさんの石仏があります。手を合わせながら歩きます。
登山道脇にはたくさんの石仏があります。手を合わせながら歩きます。
交野山・国見山 15mと開けずに石仏が並んでいる。清々しい気持ちになりますね(^^)
15mと開けずに石仏が並んでいる。清々しい気持ちになりますね(^^)
交野山・国見山 千手観音ですね!一つ一つ見ていくと、ほとんどが観音菩薩のようです。そう言えば交野山山頂も観音岩だし、聖観音の梵字もありますから、観音菩薩信仰が中心のようですね。
千手観音ですね!一つ一つ見ていくと、ほとんどが観音菩薩のようです。そう言えば交野山山頂も観音岩だし、聖観音の梵字もありますから、観音菩薩信仰が中心のようですね。
交野山・国見山 登山道脇の巨岩!これもかなりデカいです!
登山道脇の巨岩!これもかなりデカいです!
交野山・国見山 山全体が花崗岩から成ります。結構掘れてます(^_^;)
山全体が花崗岩から成ります。結構掘れてます(^_^;)
交野山・国見山 さあ、八丈岩です!先週はここでアブと大格闘した。
さあ、八丈岩です!先週はここでアブと大格闘した。
交野山・国見山 ブーン、ブーン…飛び回る虫たち。おもむろにオニやん棒を差し出す。アブではない虫には完全に効いた!
と、油断していたらふくらはぎにチクリと痛みが走る!アブにやられた!(>_<)
あれ?アブには効いてない!?
ブーン、ブーン…飛び回る虫たち。おもむろにオニやん棒を差し出す。アブではない虫には完全に効いた! と、油断していたらふくらはぎにチクリと痛みが走る!アブにやられた!(>_<) あれ?アブには効いてない!?
交野山・国見山 花崗岩の岩場をよじ登る。
先行していた女性2人組がアブに絡まれ悲鳴をあげているのが聞こえる(ー ー;)
花崗岩の岩場をよじ登る。 先行していた女性2人組がアブに絡まれ悲鳴をあげているのが聞こえる(ー ー;)
交野山・国見山 しつこく絡んでくるアブたち。
性懲りも無くアタックを仕掛けてくるヤツもいれば、グルグルと周囲を飛び回った後そのまま去って行くヤツもいる。
オニやん棒、効いているのかいないのか?
しつこく絡んでくるアブたち。 性懲りも無くアタックを仕掛けてくるヤツもいれば、グルグルと周囲を飛び回った後そのまま去って行くヤツもいる。 オニやん棒、効いているのかいないのか?
交野山・国見山 普見山に到着です*\(^o^)/*
ここのアブはかなり凶暴!オニやん棒を振り回すも効果なし。チクリっ!やられたっ!(>_<)
普見山に到着です*\(^o^)/* ここのアブはかなり凶暴!オニやん棒を振り回すも効果なし。チクリっ!やられたっ!(>_<)
交野山・国見山 普見山山頂全景。鉄塔のピークです。
普見山山頂全景。鉄塔のピークです。
交野山・国見山 キャンプ施設に到着。相変わらずアブはブンブンうるさいが、普見山以降まだ被害はなし。
キャンプ施設に到着。相変わらずアブはブンブンうるさいが、普見山以降まだ被害はなし。
交野山・国見山 八ツ橋湿地です。先週はここで3匹同時攻撃をくらって心折れる…(~_~;)
先週はここまでで10回以上アブに咬まれたが、今日は今のところ2回。これを効果アリと見るか、効果ナシと見るかは難しいところ。
八ツ橋湿地です。先週はここで3匹同時攻撃をくらって心折れる…(~_~;) 先週はここまでで10回以上アブに咬まれたが、今日は今のところ2回。これを効果アリと見るか、効果ナシと見るかは難しいところ。
交野山・国見山 それにしても美しい湿地帯です。春にはミズバショウが咲き乱れます。
それにしても美しい湿地帯です。春にはミズバショウが咲き乱れます。
交野山・国見山 八ツ橋から管理道を進んで交野山を目指します。
今日は大格闘で暴れ回ることも今のところ無いし、体力的には余裕がある。湿気は酷いですが、思っていたよりも暑さは気になりません。
八ツ橋から管理道を進んで交野山を目指します。 今日は大格闘で暴れ回ることも今のところ無いし、体力的には余裕がある。湿気は酷いですが、思っていたよりも暑さは気になりません。
交野山・国見山 クサギです。
葉をもむとカメムシの臭いがするという。なので臭木。
クサギです。 葉をもむとカメムシの臭いがするという。なので臭木。
交野山・国見山 キツネノマゴです(^^)
キツネノマゴです(^^)
交野山・国見山 ゲートを越えて、舗装路を左に下って行きます。
ゲートを越えて、舗装路を左に下って行きます。
交野山・国見山 この熊野街道は中世、河内と奈良を結ぶ重要な交通路で、熊野大社に参拝するための参拝道として利用された。
この熊野街道は中世、河内と奈良を結ぶ重要な交通路で、熊野大社に参拝するための参拝道として利用された。
交野山・国見山 田舎の風景のずぅぅーーっと奥に都会。不思議な組み合わせだけど、妙に美しい。
田舎の風景のずぅぅーーっと奥に都会。不思議な組み合わせだけど、妙に美しい。
交野山・国見山 この標示で右に進む。
この標示で右に進む。
交野山・国見山 これは?アキノタムラソウ?
これは?アキノタムラソウ?
交野山・国見山 これは?花はオトギリソウに見えますが、葉っぱがなぁ…?
これは?花はオトギリソウに見えますが、葉っぱがなぁ…?
交野山・国見山 今日は旗振山はスルーです(^_^;)
今日は旗振山はスルーです(^_^;)
交野山・国見山 アレチヌスビトハギです。
アレチヌスビトハギです。
交野山・国見山 ゲンノショウコ。可愛らしい(^^)
ゲンノショウコ。可愛らしい(^^)
交野山・国見山 再び車道を左へ。
再び車道を左へ。
交野山・国見山 この標示から再び山に入ります。
この標示から再び山に入ります。
交野山・国見山 急な階段を上り詰めたら、一旦道はフラットに。
急な階段を上り詰めたら、一旦道はフラットに。
交野山・国見山 下って登り返せば交野山山頂ですが…
下って登り返せば交野山山頂ですが…
交野山・国見山 えーっと、めっちゃ下ります!(^_^;)
えーっと、めっちゃ下ります!(^_^;)
交野山・国見山 交野山山頂が見えましたー*\(^o^)/*
交野山山頂が見えましたー*\(^o^)/*
交野山・国見山 ダイコンソウも咲いてます。
ダイコンソウも咲いてます。
交野山・国見山 さあ、登り返します!厳しいです!
さあ、登り返します!厳しいです!
交野山・国見山 鳥居があります。交野山の神域に入りました。交野山は山そのものが信仰対象である神奈備です。
鳥居があります。交野山の神域に入りました。交野山は山そのものが信仰対象である神奈備です。
交野山・国見山 交野山名物、チョー短い梯みたいな階段。この辺りは、ゴリっと岩場を登っていきます。
交野山名物、チョー短い梯みたいな階段。この辺りは、ゴリっと岩場を登っていきます。
交野山・国見山 山頂直前、三宝荒神にお参りします。
山頂直前、三宝荒神にお参りします。
交野山・国見山 木々の間から景色を眺めることができます。ちょうど自宅方向ですね。
木々の間から景色を眺めることができます。ちょうど自宅方向ですね。
交野山・国見山 交野山山頂に到着です*\(^o^)/*
山頂部は古代磐座遺跡になっています。
交野山山頂に到着です*\(^o^)/* 山頂部は古代磐座遺跡になっています。
交野山・国見山 山頂の観音岩です。麓からでも見えますよ(^^)
これも磐座ですね。
山頂の観音岩です。麓からでも見えますよ(^^) これも磐座ですね。
交野山・国見山 観音岩からの風景。低山とは思えないような広大な景色を眺めることができます。
今日はちょっと雲が多いし霞がちでしたが、条件が良ければ大阪のビル群から京都市内まで見渡せます。
観音岩からの風景。低山とは思えないような広大な景色を眺めることができます。 今日はちょっと雲が多いし霞がちでしたが、条件が良ければ大阪のビル群から京都市内まで見渡せます。
交野山・国見山 まだ時間的には早いですが、それでも多くの人が集まってきました。お昼頃には賑やかになりそーですね。
まだ時間的には早いですが、それでも多くの人が集まってきました。お昼頃には賑やかになりそーですね。
交野山・国見山 観音岩の北側には銅板納入孔があります。梵字が刻まれた銅板と経典がこの中に収められていたそうです。
また岩の西側には聖観音の大きな梵字が刻まれているそうですが、道が藪で近づけませんでした。
観音岩の北側には銅板納入孔があります。梵字が刻まれた銅板と経典がこの中に収められていたそうです。 また岩の西側には聖観音の大きな梵字が刻まれているそうですが、道が藪で近づけませんでした。
交野山・国見山 観音岩北側にある巨岩にも梵字が刻まれています。
観音岩北側にある巨岩にも梵字が刻まれています。
交野山・国見山 大日如来を表す梵字です。発音は「ア」。
大日如来を表す梵字です。発音は「ア」。
交野山・国見山 白旗池方面に下って行きます。こちらもかなりの急階段が続きます。
白旗池方面に下って行きます。こちらもかなりの急階段が続きます。
交野山・国見山 あら?白旗池からせせらぎの道で下ろうと思っていたんですが、どーやら通行止めみたいですね。
やすらぎの道からこもれびの道ですね。了解!
あら?白旗池からせせらぎの道で下ろうと思っていたんですが、どーやら通行止めみたいですね。 やすらぎの道からこもれびの道ですね。了解!
交野山・国見山 白旗池に向かいます。この辺りで、今日3回目のアブの攻撃を被弾。歩いていたのに咬みつかれた!(>_<)
白旗池に向かいます。この辺りで、今日3回目のアブの攻撃を被弾。歩いていたのに咬みつかれた!(>_<)
交野山・国見山 白旗池です。この辺りは結構涼しいです。麓は蒸し暑いですけど!
白旗池です。この辺りは結構涼しいです。麓は蒸し暑いですけど!
交野山・国見山 いきものふれあいセンターです。
いきものふれあいセンターです。
交野山・国見山 今日はセンター近くで食事休憩。白旗池を眺め、鳥のさえずりを聞きながらのんびりします(^^)
今日はセンター近くで食事休憩。白旗池を眺め、鳥のさえずりを聞きながらのんびりします(^^)
交野山・国見山 オニやん棒はこんな感じでスタンバイ。
実は食事中にも何度もアブは飛来したんですが…その全てがグルグルっと周囲を2〜3周した後飛び去って行った。
休憩中の被害はゼロ。ここでは確かに効果があったように感じました。
オニやん棒はこんな感じでスタンバイ。 実は食事中にも何度もアブは飛来したんですが…その全てがグルグルっと周囲を2〜3周した後飛び去って行った。 休憩中の被害はゼロ。ここでは確かに効果があったように感じました。
交野山・国見山 今日はベーコンチーズダブルバーガー☆
電子レンジないかな?(^_^;)
今日はベーコンチーズダブルバーガー☆ 電子レンジないかな?(^_^;)
交野山・国見山 休憩を済ませて下山します。
やすらぎの道の分岐まで戻ります。
休憩を済ませて下山します。 やすらぎの道の分岐まで戻ります。
交野山・国見山 キンミズヒキです。ちょっと花が少ないですね。
キンミズヒキです。ちょっと花が少ないですね。
交野山・国見山 やすらぎの道に入ります。
やすらぎの道に入ります。
交野山・国見山 植林帯をのんびり歩く。
植林帯をのんびり歩く。
交野山・国見山 この分岐を右へ。ここからこもれびの道に入ります。
この分岐を右へ。ここからこもれびの道に入ります。
交野山・国見山 あらあら、道が川みたいになってきました(^_^;)
あらあら、道が川みたいになってきました(^_^;)
交野山・国見山 この沢を渡ります。水は当然めっちゃ冷たい!
この沢を渡ります。水は当然めっちゃ冷たい!
交野山・国見山 沢を渡った先でせせらぎの道に合流します。
沢を渡った先でせせらぎの道に合流します。
交野山・国見山 この合流点から上、せせらぎの道は通ることができません。
この合流点から上、せせらぎの道は通ることができません。
交野山・国見山 何だろ、ここ?御仁たち数人がくつろいでおられました。その横をそそくさと通過。
何だろ、ここ?御仁たち数人がくつろいでおられました。その横をそそくさと通過。
交野山・国見山 ほどなく不動堂です。この下が源氏の滝。
ほどなく不動堂です。この下が源氏の滝。
交野山・国見山 階段の下にも大きな岩がありますねー。
階段の下にも大きな岩がありますねー。
交野山・国見山 源氏の滝です。マイナスイオンがバンバン出てます*\(^o^)/*
源氏の滝です。マイナスイオンがバンバン出てます*\(^o^)/*
交野山・国見山 滝の左上の壁面に梵字が刻まれているのがわかりますか?
滝の左上の壁面に梵字が刻まれているのがわかりますか?
交野山・国見山 不動明王を表す梵字、カーンマーンです。
不動明王を表す梵字、カーンマーンです。
交野山・国見山 久しぶりの晴れの日曜日、たくさんのファミリーが川遊びを楽しんでおられました。
久しぶりの晴れの日曜日、たくさんのファミリーが川遊びを楽しんでおられました。
交野山・国見山 はい、ここで今日の山歩きは終了。ここからは車道歩きでJR津田駅へ向かいます。
はい、ここで今日の山歩きは終了。ここからは車道歩きでJR津田駅へ向かいます。
交野山・国見山 道端にセンニンソウ。
道端にセンニンソウ。
交野山・国見山 マルバルコウの鮮やかなオレンジが目を引きます。
マルバルコウの鮮やかなオレンジが目を引きます。
交野山・国見山 第二京阪の下を潜って進みます(^^)
第二京阪の下を潜って進みます(^^)
交野山・国見山 駅が見えてきましたー*\(^o^)/*
駅が見えてきましたー*\(^o^)/*
交野山・国見山 ハイ、到着(^^)
ハイ、到着(^^)
交野山・国見山 車移動でない時のお楽しみはこれですよね(^^)
路上飲み!…という言い方は、今はあまりよろしくないな(^_^;)
車移動でない時のお楽しみはこれですよね(^^) 路上飲み!…という言い方は、今はあまりよろしくないな(^_^;)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。