英彦山⛰の後に小石原川ダム見学👀‼️

2021.08.28(土) 日帰り

 英彦山8回目にして初めて銅鳥居⛩から7時前にスタート。  銅鳥居から奉幣殿までの石畳の参道と石段は、距離もありウォーミングアップとしては、少々きつかった。💦  銅鳥居駐車場🅿️横のスロープカー幸駅のトイレ🚻は使用中止🚫だったので、奉幣殿近くのトイレ🚻を借りた。  往路は英彦山(中岳)への直登ルートではなく北西尾根ルートに迂回した。  尾根ルートの方が風🌬があって涼しいとの読みが的中。暑さを感じることなく快適な登りであった。🤗  ただし、山頂付近は広葉樹林🌲がないため濡れた背の高い草が生えており邪魔だったが、虫🐝🦟もほとんどおらず、助かった。広葉樹の森復活のため「英彦山鎮守の森プロジェクト」に支援を続けて行きたい。  時間が朝早かったせいもあるだろうが、山頂付近からはガス☁️が出て、期待していたほど中岳山頂からの眺望は良くなかったのは残念である。すぐに北岳に行くが、同様に南に見えるはずの九重の山容⛰を見ることはできなかった。  中岳に引き返して、英彦山神宮⛩を見ると解体工事は進んでいるようだった。  南岳を経て下山する。途中の鬼杉🌲のベンチで早めの昼食(セブンのピリ辛ラーメンサラダ)。  さすがに鬼杉を後にした頃から暑く🥵なってきた。玉屋神社⛩経由で奉幣殿に帰る途中に初めて虚空蔵に寄る。並び立つ二つの背の高い大岩や岩窟には石仏があった。  週末に雨☔️が重なり3週間ぶりの山行であったが、岩場や急な下りでも滑ることなく無事に下山できた。  さて、帰宅途中に小石原川ダムを見学したが、堤高が139mと九州で一番らしい。コンクリート式ではなく岩石を使用したロックフィルダムで非常に美しく、堤頂の長さは558mもある。堤頂の道路を往復したので長さを実感できた。総貯水容量も4千万立方メートルと福岡県内のダムとしては五ケ山ダムよりちょっと多くて1番デカいのでは。ダム湖は「令和あさくら湖」と命名されたとのこと。  

銅鳥居から奉幣殿まで高低差約160mを登る

銅鳥居から奉幣殿まで高低差約160mを登る

銅鳥居から奉幣殿まで高低差約160mを登る

どこまでも続く階段

どこまでも続く階段

どこまでも続く階段

奉幣殿。宮司さんが掃除していた。

奉幣殿。宮司さんが掃除していた。

奉幣殿。宮司さんが掃除していた。

奉幣殿の左手から一旦下った分岐から登る。左の道

奉幣殿の左手から一旦下った分岐から登る。左の道

奉幣殿の左手から一旦下った分岐から登る。左の道

石が多い急坂で歩き辛い

石が多い急坂で歩き辛い

石が多い急坂で歩き辛い

右は直登コース。左へ行き北西尾根コースへの合流地点を目指す。

右は直登コース。左へ行き北西尾根コースへの合流地点を目指す。

右は直登コース。左へ行き北西尾根コースへの合流地点を目指す。

下って谷を越える

下って谷を越える

下って谷を越える

分岐から北西尾根コースへ

分岐から北西尾根コースへ

分岐から北西尾根コースへ

尾根コースらしくなってきた。

尾根コースらしくなってきた。

尾根コースらしくなってきた。

倒木に密生した茸

倒木に密生した茸

倒木に密生した茸

タマゴタケ

タマゴタケ

タマゴタケ

風が通り涼しい
この辺りは歩きやすく好きな場所

風が通り涼しい この辺りは歩きやすく好きな場所

風が通り涼しい この辺りは歩きやすく好きな場所

山頂付近からガスが出てきた。
この辺りも昔は広葉樹の森だったとのこと

山頂付近からガスが出てきた。 この辺りも昔は広葉樹の森だったとのこと

山頂付近からガスが出てきた。 この辺りも昔は広葉樹の森だったとのこと

英彦山中岳山頂

英彦山中岳山頂

英彦山中岳山頂

北岳山頂

北岳山頂

北岳山頂

北岳山頂から少し南の眺望ポイント

北岳山頂から少し南の眺望ポイント

北岳山頂から少し南の眺望ポイント

中岳に戻る稜線から北側を撮影
周防灘が見える

中岳に戻る稜線から北側を撮影 周防灘が見える

中岳に戻る稜線から北側を撮影 周防灘が見える

気持ちの良い稜線歩き

気持ちの良い稜線歩き

気持ちの良い稜線歩き

岩場の登り

岩場の登り

岩場の登り

工事中の上宮

工事中の上宮

工事中の上宮

南岳

南岳

南岳

振り返って中岳

振り返って中岳

振り返って中岳

英彦山神社上宮

英彦山神社上宮

英彦山神社上宮

南岳山頂

南岳山頂

南岳山頂

南西へ下る

南西へ下る

南西へ下る

鎖場
細心の注意で下る

鎖場 細心の注意で下る

鎖場 細心の注意で下る

一歩一歩気が抜けない

一歩一歩気が抜けない

一歩一歩気が抜けない

南西の障子ヶ岳

南西の障子ヶ岳

南西の障子ヶ岳

危険な岩場下り

危険な岩場下り

危険な岩場下り

西側。中央左の雲がかかっている山はのは馬見山か。

西側。中央左の雲がかかっている山はのは馬見山か。

西側。中央左の雲がかかっている山はのは馬見山か。

歩き辛い下りが続く

歩き辛い下りが続く

歩き辛い下りが続く

晴れてきても樹林帯は暗い

晴れてきても樹林帯は暗い

晴れてきても樹林帯は暗い

鬼杉を眺めながら昼食

鬼杉を眺めながら昼食

鬼杉を眺めながら昼食

鬼杉から玉屋神社へのルートは最初に厳しい登りがある

鬼杉から玉屋神社へのルートは最初に厳しい登りがある

鬼杉から玉屋神社へのルートは最初に厳しい登りがある

今回の大雨による被害は大きくないようである

今回の大雨による被害は大きくないようである

今回の大雨による被害は大きくないようである

巨石の下にある玉屋神社

巨石の下にある玉屋神社

巨石の下にある玉屋神社

神社から一旦登っての下り

神社から一旦登っての下り

神社から一旦登っての下り

結構長めの登りあり

結構長めの登りあり

結構長めの登りあり

谷川に出合う

谷川に出合う

谷川に出合う

これまではパスしていた虚空蔵に行く

これまではパスしていた虚空蔵に行く

これまではパスしていた虚空蔵に行く

急な階段を登っていく

急な階段を登っていく

急な階段を登っていく

石窟にある石仏

石窟にある石仏

石窟にある石仏

石仏がある石窟

石仏がある石窟

石仏がある石窟

二つの大岩の間の異空間

二つの大岩の間の異空間

二つの大岩の間の異空間

大岩の下の石仏

大岩の下の石仏

大岩の下の石仏

石窟に向かって左に進むと眺望の良い岩場あり

石窟に向かって左に進むと眺望の良い岩場あり

石窟に向かって左に進むと眺望の良い岩場あり

馬見山方面

馬見山方面

馬見山方面

植林帯を進む

植林帯を進む

植林帯を進む

下津宮に立ち寄る

下津宮に立ち寄る

下津宮に立ち寄る

石段の下り
疲れた足に追い打ち

石段の下り 疲れた足に追い打ち

石段の下り 疲れた足に追い打ち

ようやく駐車場に到着
思ったより車が少ない

ようやく駐車場に到着 思ったより車が少ない

ようやく駐車場に到着 思ったより車が少ない

小石原川ダム
下流側

小石原川ダム 下流側

小石原川ダム 下流側

令和あさくら湖は黄土色
大雨の影響?

令和あさくら湖は黄土色 大雨の影響?

令和あさくら湖は黄土色 大雨の影響?

放水路

放水路

放水路

令和あさくら湖

令和あさくら湖

令和あさくら湖

斜度が緩いので怖くないが、垂直だと覗き込める高さではない

斜度が緩いので怖くないが、垂直だと覗き込める高さではない

斜度が緩いので怖くないが、垂直だと覗き込める高さではない

斜度は何度だろうか?

斜度は何度だろうか?

斜度は何度だろうか?

銅鳥居から奉幣殿まで高低差約160mを登る

どこまでも続く階段

奉幣殿。宮司さんが掃除していた。

奉幣殿の左手から一旦下った分岐から登る。左の道

石が多い急坂で歩き辛い

右は直登コース。左へ行き北西尾根コースへの合流地点を目指す。

下って谷を越える

分岐から北西尾根コースへ

尾根コースらしくなってきた。

倒木に密生した茸

タマゴタケ

風が通り涼しい この辺りは歩きやすく好きな場所

山頂付近からガスが出てきた。 この辺りも昔は広葉樹の森だったとのこと

英彦山中岳山頂

北岳山頂

北岳山頂から少し南の眺望ポイント

中岳に戻る稜線から北側を撮影 周防灘が見える

気持ちの良い稜線歩き

岩場の登り

工事中の上宮

南岳

振り返って中岳

英彦山神社上宮

南岳山頂

南西へ下る

鎖場 細心の注意で下る

一歩一歩気が抜けない

南西の障子ヶ岳

危険な岩場下り

西側。中央左の雲がかかっている山はのは馬見山か。

歩き辛い下りが続く

晴れてきても樹林帯は暗い

鬼杉を眺めながら昼食

鬼杉から玉屋神社へのルートは最初に厳しい登りがある

今回の大雨による被害は大きくないようである

巨石の下にある玉屋神社

神社から一旦登っての下り

結構長めの登りあり

谷川に出合う

これまではパスしていた虚空蔵に行く

急な階段を登っていく

石窟にある石仏

石仏がある石窟

二つの大岩の間の異空間

大岩の下の石仏

石窟に向かって左に進むと眺望の良い岩場あり

馬見山方面

植林帯を進む

下津宮に立ち寄る

石段の下り 疲れた足に追い打ち

ようやく駐車場に到着 思ったより車が少ない

小石原川ダム 下流側

令和あさくら湖は黄土色 大雨の影響?

放水路

令和あさくら湖

斜度が緩いので怖くないが、垂直だと覗き込める高さではない

斜度は何度だろうか?