雲ノ平、鷲羽岳、笠ヶ岳

2021.08.22(日) 4 DAYS

活動データ

タイム

27:06

距離

47.3km

上り

4315m

下り

4568m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 51
休憩時間
1 時間 4
距離
14.3 km
上り / 下り
1828 / 634 m
1 35
1 27
1 58
34
DAY 2
合計時間
8 時間 28
休憩時間
2 時間 20
距離
11.4 km
上り / 下り
1177 / 1182 m
32
31
16
29
37
13
30
33
9
DAY 3
合計時間
9 時間 36
休憩時間
1 時間 4
距離
16.5 km
上り / 下り
1237 / 2379 m
44
3
8
19
1 30
29
24
2
6
11
14
3 45
8
DAY 4
合計時間
1 時間 10
休憩時間
0
距離
4.7 km
上り / 下り
64 / 364 m

活動詳細

すべて見る

折立から雲ノ平を経て鷲羽岳、笠ヶ岳。3泊4日で歩いてきました。 【1日目】 折立の登山口で仕度していると雨が落ちてきて、しぶしぶ雨具を取り出しました。降ったりやんだり。着たり脱いだり。太郎平小屋の食堂はまだ開いておらず、ラーメン食べそびれました。 太郎平を後に山々の懐深くへ。薬師沢小屋前の吊り橋を渡ると雲ノ平への登り返しです。滑りやすい岩ゴロゴロの急登に気力、体力を削られました。 いろいろ名のついた庭園エリアの木道をトボトボ歩き、雲ノ平山荘が見えたときはホッとしました。小屋泊にして良かった。 つかの間、夕闇に水晶岳のシルエットが浮かびました。 【2日目】 朝起きると雨。でも予報では上がるはず。ソロのKさんと天候回復を待ち、一緒に8時半に出発しました。 色づき始めたコバイケイソウが草原を彩り、祖父岳へ向かう間に視界がどんどん開けていきます。水晶、黒部五郎、薬師… 水晶小屋へ向かうKさんとはワリモ分岐でお別れ。鷲羽岳へ、稜線を進みます。臨時休業の三俣山荘前でひと休みして三俣蓮華岳、双六岳。波打つ山々の眺めにどっぷり浸かりました。 双六小屋のテント場で設営を終え、アルファ米とレトルトのディナー。暮れゆく空の下で食後のコーヒー。 【3日目】 弓折岳から笠ヶ岳への稜線は歩いてみたかった道。気持ちよく進んでいましたが、抜戸岳手前からガスに包まれてしまいました。笠ヶ岳山頂、真っ白でした。 夕方から明日にかけて天気が崩れる予報。笠ヶ岳のテント泊は諦め、下りてわさび平小屋に泊まることにします。笠新道は下りでもキツかった。絶対登りたくない… 小屋に着いたところで、水晶小屋から下りてきたKさんに声をかけられてビックリ。風呂で汗を流した後、降りだした雨を眺めながら軒下でビール。小屋泊にして良かった。 【4日目】 朝起きてもザーザー降り。双六や笠に向かう人たちを見送り、傘を手に1時間ほど歩いて新穂高温泉に下りました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。