倉木山 2021-8-21

2021.08.21(土) 日帰り

由布岳正面登山口に集合するも雨雨・・・さて、どうしよう・・・倉木山へ向かう。 団体さんが出発してから、花散策しながらゆっくり登る。目新しい花はなかったが、雲海のある景色を楽しめた。

駐車地は団体さんで満杯。以後は少し手前の空地に駐車したようだ。

駐車地は団体さんで満杯。以後は少し手前の空地に駐車したようだ。

駐車地は団体さんで満杯。以後は少し手前の空地に駐車したようだ。

霧の登山口。舗装路は真っ白

霧の登山口。舗装路は真っ白

霧の登山口。舗装路は真っ白

舗装路終点。森に入る

舗装路終点。森に入る

舗装路終点。森に入る

山腹コースと急登コースの分岐。この時期はもちろん山腹コース。

山腹コースと急登コースの分岐。この時期はもちろん山腹コース。

山腹コースと急登コースの分岐。この時期はもちろん山腹コース。

崩壊地。足元にあったつっかい棒(?)と丸太が流されている。足を置く幅しかない

崩壊地。足元にあったつっかい棒(?)と丸太が流されている。足を置く幅しかない

崩壊地。足元にあったつっかい棒(?)と丸太が流されている。足を置く幅しかない

山頂稜線に上がった。尾根を東へ進む

山頂稜線に上がった。尾根を東へ進む

山頂稜線に上がった。尾根を東へ進む

植林帯と自然林の境を登る

植林帯と自然林の境を登る

植林帯と自然林の境を登る

カヤの原に出ると雲海が・・・

カヤの原に出ると雲海が・・・

カヤの原に出ると雲海が・・・

秋だなぁ、ススキが・・・

秋だなぁ、ススキが・・・

秋だなぁ、ススキが・・・

急登コースと合流

急登コースと合流

急登コースと合流

見えないだろうと思っていた由布岳が見えた

見えないだろうと思っていた由布岳が見えた

見えないだろうと思っていた由布岳が見えた

1160mの倉木山山頂

1160mの倉木山山頂

1160mの倉木山山頂

雲海に取り囲まれて

雲海に取り囲まれて

雲海に取り囲まれて

くじゅうの山々

くじゅうの山々

くじゅうの山々

一休みして下山。森に入る前に、素敵な景色が広がる。

一休みして下山。森に入る前に、素敵な景色が広がる。

一休みして下山。森に入る前に、素敵な景色が広がる。

舗装路のガスもとれた。本日もありがとうございました

舗装路のガスもとれた。本日もありがとうございました

舗装路のガスもとれた。本日もありがとうございました

本日のお花。シギンカラマツ
17/25

本日のお花。シギンカラマツ

本日のお花。シギンカラマツ

オオナンバンギセルはあちこちに
18/25

オオナンバンギセルはあちこちに

オオナンバンギセルはあちこちに

小ぶりだけどオオナンバン?
19/25

小ぶりだけどオオナンバン?

小ぶりだけどオオナンバン?

ハナビラタケ
20/25

ハナビラタケ

ハナビラタケ

イヌトウバナ
21/25

イヌトウバナ

イヌトウバナ

ヤマジノホトトギス
22/25

ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス

オトギリソウ
23/25

オトギリソウ

オトギリソウ

咲くのが楽しみ
24/25

咲くのが楽しみ

咲くのが楽しみ

車からみえたジイソブ
25/25

車からみえたジイソブ

車からみえたジイソブ

駐車地は団体さんで満杯。以後は少し手前の空地に駐車したようだ。

霧の登山口。舗装路は真っ白

舗装路終点。森に入る

山腹コースと急登コースの分岐。この時期はもちろん山腹コース。

崩壊地。足元にあったつっかい棒(?)と丸太が流されている。足を置く幅しかない

山頂稜線に上がった。尾根を東へ進む

植林帯と自然林の境を登る

カヤの原に出ると雲海が・・・

秋だなぁ、ススキが・・・

急登コースと合流

見えないだろうと思っていた由布岳が見えた

1160mの倉木山山頂

雲海に取り囲まれて

くじゅうの山々

一休みして下山。森に入る前に、素敵な景色が広がる。

舗装路のガスもとれた。本日もありがとうございました

本日のお花。シギンカラマツ

オオナンバンギセルはあちこちに

小ぶりだけどオオナンバン?

ハナビラタケ

イヌトウバナ

ヤマジノホトトギス

オトギリソウ

咲くのが楽しみ

車からみえたジイソブ

類似するルートを通った活動日記