油谷湾シーカヤックフェスティバル2017

2017.10.08(日) 2 DAYS
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 10月8日9日と、油谷湾シーカヤックフェスティバルに参加。昨年初めて参加して、とてもすばらしい大会だったので、今年も引き続き参加。8日は、元乃隅稲成神社を海上から参拝しようというイベントがあり、14艇で行く。大勢で、海上を進むのは気持ちいい。多少波があったが、いつもソロでこれ以上の波も経験しているので大丈夫。  観光客でいっぱい。CNNに紹介される前は、年間3万人だった観光客が、今年は9月までに50万人とすごい人数らしい。大渋滞とのこと。  夜は、前夜祭ということで、手作りの料理がふるまわれた。これが、2000円で飲み放題、食べ放題といたれりつくせり。地元の漁師さんが、今日獲れた魚をにぎりずしにしてくれるなど、温かいおもてなし。感謝。  カヤックが好きな仲間が集まるのですぐに昔からの友達のよう。みなさん、いろいろな経験をされているので、お話をしながら勉強にもなる。特に長崎のOさんや、北九州のNさんなどとは、これから一緒にカヤックをしようというような話にもなり、これをきっかけにカヤックの行動範囲も広がりそう。   就寝は、モンベルのステラリッジ2型テントのデビュー戦。設営は、昼のうちにやったのだが、一度部屋でやったので、簡単にできた。手作りのグランドシートもばっちり。夜は、9時には、テントに入っていたのだが、疲れからすぐに眠った。ただ、朝の目覚めのような感覚で起きたら、まだ、夜中の0時だったりと、2度寝、3度寝で朝を迎えた。  益田から参加のMCCのIさんと、テントサイトが隣だったのだが、そのテントを見てびっくり。今シーズン購入した登山グッズの種類がほとんど同じだったのにはびっくりした。Iさんもグレゴリーのバックパックを購入していたし、テント、ダウンシュラフ。私がモンベルテントを購入した時に、どちらにしようか迷った、アライのテントだった。Iさんもこれらの道具を今シーズンそろえったそうだ。今度、一緒にテン泊登山をしようと、意見が一致した。  朝、登山用に準備していたご飯パックや、缶詰などを調理?し朝食を食べる。Iさんは、なんとロードバイクを持ってきていて、受付までの時間に角島の方に行っていたとのこと。時間の有効活用。次回は私もロードバイクを持ってこよう。  さて、実際のカヤックのレースだが、やはり、スペシャリストは違う。速い、速い。まあ、カヤックの形状も随分違い、細いのだが、それにしても、速い人が多い。私より年齢を重ねているベテランの方々が上位を占めていた。すごい!  私は、昨年は最後から3番目ぐらいだったのだが、今年は、それでもがんばって真ん中ぐらい。途中、写真でも撮ろうと、いつもの防水デジカメを持って行っていたのだが、そんな暇はなく、ひたすら漕いでいないと、すぐに抜かれるというそんな感じのガチレースだった。腕がパンパンだ~。  終わってから、これまた、昼食の炊き込みご飯と豚汁をいただく。これがうまい!本当に感謝。参加料が3500円で昨日の元乃隅稲成神社ツアーと今日のレース、昼食といたれりつくせり。と~ってもお得で、心が温かくなるようなイベント。そうそう、参加賞もモンベルのマグカップだったり・・・。採算は度外視なのかな?と心配するぐらいのイベント。  主催者の方は、規模をどんどん大きくしたいのか、と思ったら、今回ぐらいが適正規模ということで、同じぐらいな感じで続けていきたいというお話だった。心遣いができる規模ということかも・・・。それでも、やはり、このイベントお勧め。カヤック好きの方、是非ご参加を。益田の方、シーカヤックやりましょう!!

白滝山(下関市) 1日目。お楽しみ企画ということで、元乃隅稲成神社を海上から参拝。
1日目。お楽しみ企画ということで、元乃隅稲成神社を海上から参拝。
白滝山(下関市) 14艇で、向かう。これだけカヤックがそろうと壮観。
14艇で、向かう。これだけカヤックがそろうと壮観。
白滝山(下関市) 元乃隅稲成神社。CNNが日本の景色31選として紹介する前は、年間3万人の観光客だったのが、それ以降はどんどん増え、今年は9月までで50万人を突破したとのこと。この日も大渋滞だったが、海上からは、すんなり行ける。
元乃隅稲成神社。CNNが日本の景色31選として紹介する前は、年間3万人の観光客だったのが、それ以降はどんどん増え、今年は9月までで50万人を突破したとのこと。この日も大渋滞だったが、海上からは、すんなり行ける。
白滝山(下関市) 観光バスなども見える。今日は、やや波があったので、あまり近づかず、ただよいながら参拝。
観光バスなども見える。今日は、やや波があったので、あまり近づかず、ただよいながら参拝。
白滝山(下関市) さあ、帰りましょう。
さあ、帰りましょう。
白滝山(下関市) 立石漁港。普段はだめだが、今日は特別に出艇させてもらえることに。
立石漁港。普段はだめだが、今日は特別に出艇させてもらえることに。
白滝山(下関市) 車中泊がだめなので、テント泊。モンベルのステラリッジ2型テントのデビュー。グランドシートは手作り。これも、ばっちり。
車中泊がだめなので、テント泊。モンベルのステラリッジ2型テントのデビュー。グランドシートは手作り。これも、ばっちり。
白滝山(下関市) 組み立ては、簡単。
組み立ては、簡単。
白滝山(下関市) 完成。
完成。
白滝山(下関市) 夜は、前夜祭。2000円で、食べ放題、飲み放題。ダッチオーブンの料理や地元の漁師さんが今日釣った魚をにぎり寿司にしてくれたりと、とてもありがたい。カヤックで集った者同士。すぐに仲良くなる。
夜は、前夜祭。2000円で、食べ放題、飲み放題。ダッチオーブンの料理や地元の漁師さんが今日釣った魚をにぎり寿司にしてくれたりと、とてもありがたい。カヤックで集った者同士。すぐに仲良くなる。
白滝山(下関市) 朝。登山用に準備していたものを調理?あたためただけだけど・・・。
朝。登山用に準備していたものを調理?あたためただけだけど・・・。
白滝山(下関市) モーニングコーヒー。
モーニングコーヒー。
白滝山(下関市) レース前、開会式。気持ちが高まる。
レース前、開会式。気持ちが高まる。
白滝山(下関市) 速そうな艇がたくさん。
速そうな艇がたくさん。
白滝山(下関市) 最初は、エンジョイコース(4キロ)からスタート。エンジョイといっても、みんな速い。
最初は、エンジョイコース(4キロ)からスタート。エンジョイといっても、みんな速い。
白滝山(下関市) アイランドコース(10キロ)、今回はコース変更で、8キロぐらいとのこと。
アイランドコース(10キロ)、今回はコース変更で、8キロぐらいとのこと。
白滝山(下関市) さあ、いよいよ。
さあ、いよいよ。
白滝山(下関市) スタート直前。ここから先の写真は結局撮れなかった。そんな余裕まったくなし。パドルを止めるとすぐに追い抜かされる、そんなガチレースだった。
スタート直前。ここから先の写真は結局撮れなかった。そんな余裕まったくなし。パドルを止めるとすぐに追い抜かされる、そんなガチレースだった。
白滝山(下関市) 益田から一緒に参加したIさんゴール。
益田から一緒に参加したIさんゴール。
白滝山(下関市) 益田から一緒に参加したSさんゴール。
益田から一緒に参加したSさんゴール。
白滝山(下関市) 3人で完漕記念。
3人で完漕記念。
白滝山(下関市) 昼食もうまい!!いたれりつくせり。
昼食もうまい!!いたれりつくせり。
白滝山(下関市) テントは、こんなにコンパクトに。
テントは、こんなにコンパクトに。
白滝山(下関市) 参加賞。これはうれしい。
参加賞。これはうれしい。
白滝山(下関市) この二日の軌跡。
この二日の軌跡。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす