トンボ舞う岩菅山

2021.08.11(水) 日帰り

活動データ

タイム

06:36

距離

9.3km

上り

848m

下り

855m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 36
休憩時間
1 時間 51
距離
9.3 km
上り / 下り
848 / 855 m
1
2 31

活動詳細

すべて見る

志賀高原といえば我が家ではスノーシーズンと相場が決まっており、よもやグリーンシーズンに訪れることなど有り得ないはずであった。 しかし2年連続で訪れることになった。我らスキーヤーに素晴らしいターンを提供してくれる数々のバーンが、一体夏にはどんな表情をしているのか。これを探ろうとトレッキングを用いたのが昨年の九月。登山のキャリアもここから始まり、ちょうど1周年を同じ志賀高原で迎えることになった。 パーティには登山の初心者もいたことから、もっとライトな「大沼池トレッキング」などを計画していたが、生憎この午前中以外は大雨との予報。本来は二日目に予定していた岩菅山を初日に投入。 まだ暗いうちに自宅を出発したが、さすが志賀高原は遠い。ようやく8:30に登山口に到着するも麓の駐車場は満杯。諦めて高天ヶ原まで戻る人もいたようだが、事前にYAMAPで調べた通り、100mほど先に、もっと広くて乾いた駐車場があるのだ。こちらでゆったりと登山準備。 登山口から、いきなりの階段で厳しさを味わうが、程なくアライタ沢の清流のせせらぎが。ここ数日来の大雨でたっぷりの水量が、セミの大合唱をかき消す。登山道には大きな水溜りがいくつも。跨ぎきれず次第に登山靴は泥まみれ。 稜線に出ると打って変わって真夏の日差しと、高原を吹き抜ける爽快な風。山頂では、早くもトンボが舞い飛んで、秋の訪れをを告げる。ランチタイムと相成り、ドリップした本格的なコーヒーも加わってパーティに元気の出たところで、裏岩菅山への縦走を提案するも、敢えなく却下。長期的視野を以ってこの方針に同意。ここで無理させると、二度と行かぬ等のヤマ嫌いを発症しかねない。 遠くに八ヶ岳を望みながら、先日の登山の成果とも言えるヤマ解説を行う。一度でも踏んだ山系は、たとえ遠方であっても、それとわかるのだなぁ、とヤマ屋を気取る。事前の雨予報にしては上出来の、いや奇跡的な山行であった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。