屏風川上流山域周回 そして屏風川山域のガイドブック入手

2017.10.08(日) 08:55 - 2017.10.08(日) 15:27
三菱雪稜クラブのメンバーが中心の屏風川流域を巡る例会に参加してきました。 もともと神戸周辺の静かな沢をネットで探していて、屏風川を見つけて実際歩いたけど、尾根と谷が入り組んでいて、踏み跡もいっぱいあってわかりにくいなぁと感じていた。 そうしてるうちにヤマレコでtakatukimakiさんがこの山域のガイドブックを紹介されている記事を見て、連絡を取って、発行元の三菱雪稜クラブの方を教えていただきました。 今日はそのガイドブック「丹生山系 神戸の秘境屏風川周辺」をいただくこと、実際に歩いてこの山域の雰囲気を身をもって感じることを目的にしました。 今日は屏風川の上流域の周回でしたが、穏やかでわりと水が綺麗な沢、藪っぽい尾根道、たくさんのキノコや木の実など、なかなかの自然を感じました。 今日は我々のパーティ以外の登山者には会わなかったけど、モトクロスバイクのグループ、キノコ採りのグループには何度か出会いました。 なおこのガイドブックは全62ページ、目次では24項目が紹介されています。 概念地図と写真を中心にわかりやすく構成されており、ヤマップのGPSと併用して、安全にこの山域を歩きたいと思います。

写真

神鉄大池駅からスタートし、天下辻に上がりました。ここにガイドブックの見本があります。

神鉄大池駅からスタートし、天下辻に上がりました。ここにガイドブックの見本があります。

中俣方面と西方への縦走路の分岐です、今日は中俣へ下ります

中俣方面と西方への縦走路の分岐です、今日は中俣へ下ります

中俣上流部、水はきれいです

中俣上流部、水はきれいです

メインルート「太陽と緑の道」、黒甲越への分岐です

メインルート「太陽と緑の道」、黒甲越への分岐です

中俣から峠の小径を辿り、右俣平に下りました

中俣から峠の小径を辿り、右俣平に下りました

右俣平の穏やかな河原です

右俣平の穏やかな河原です

右俣平は広がりのある気持ちいいところです

右俣平は広がりのある気持ちいいところです

古倉尾根の標識を確認しながら登ります

古倉尾根の標識を確認しながら登ります

ちょっと藪です

ちょっと藪です

猿の腰掛があちこちにありました

猿の腰掛があちこちにありました

古倉山頂上、木々に覆われて展望は無し

古倉山頂上、木々に覆われて展望は無し

バイクの轍のある広い道に下りてきました

バイクの轍のある広い道に下りてきました

大日地蔵

大日地蔵

右俣は少し濁ってる、上流でバイクが走ってるかも

右俣は少し濁ってる、上流でバイクが走ってるかも

ところどころ渡渉します

ところどころ渡渉します

右俣F沢に入ります

右俣F沢に入ります

少し藪漕ぎしながら東鹿見山手前の車道に飛び出します

少し藪漕ぎしながら東鹿見山手前の車道に飛び出します

ゴルフ場方面への途中

ゴルフ場方面への途中

兵庫カントリー、周囲の自然とは別世界

兵庫カントリー、周囲の自然とは別世界

?番グリーン

?番グリーン

鰻ノ手池の南、「南方道」入口です

鰻ノ手池の南、「南方道」入口です

天下辻方面への広い道を行きます

天下辻方面への広い道を行きます

見晴らしの良いところから六甲山方面

見晴らしの良いところから六甲山方面

中俣上流部に下りる南尾根入口

中俣上流部に下りる南尾根入口

廃寺道途中のピークの三角点

廃寺道途中のピークの三角点

点名はピークなのに「アザミ谷」

点名はピークなのに「アザミ谷」

途中の展望地から花山方面

途中の展望地から花山方面

廃寺

廃寺

天女ですかね?

天女ですかね?

最後は少し藪っぽかったけどここに出てきました

最後は少し藪っぽかったけどここに出てきました

大池への車道に出ました

大池への車道に出ました

ガイドブックの表紙です

ガイドブックの表紙です

全体の概念地図

全体の概念地図

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。