Rawa Ozenuma dan Mengangkat rawa Ozegahara

2021.08.07(土) 3 DAYS

活動データ

タイム

30:48

距離

65.7km

上り

3727m

下り

3655m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 18
休憩時間
39
距離
22.8 km
上り / 下り
1859 / 1305 m
1 16
9
2 29
4 41
3 8
DAY 2
合計時間
7 時間 34
休憩時間
32
距離
22.3 km
上り / 下り
615 / 614 m
DAY 3
合計時間
10 時間 56
休憩時間
20
距離
20.3 km
上り / 下り
1241 / 1735 m

活動詳細

すべて見る

この連休は東北遠征を計画していたけど、コロナを考慮して近場で我慢。 女夫渕から入って、尾瀬沼でテント泊。 ただ、日曜日の天気が思わしくない。 雨中のテント撤収はヤダなぁ。 名案。連泊にして、2日目はフリーで天気次第でどうするか決めましょう。

尾瀬・燧ヶ岳 2時半に家を出るつもりが、2度寝してしまい、予定より30分遅れのスタート。
2時半に家を出るつもりが、2度寝してしまい、予定より30分遅れのスタート。
尾瀬・燧ヶ岳 10数台程度。
10数台程度。
尾瀬・燧ヶ岳 おなじみの階段スタート。
ウォームアップでダッシュ×10本、みたいな。
おなじみの階段スタート。 ウォームアップでダッシュ×10本、みたいな。
尾瀬・燧ヶ岳 「山菜採り」と「キノコ採り」は別ジャンルなのね。
「山菜採り」と「キノコ採り」は別ジャンルなのね。
尾瀬・燧ヶ岳 いつも思うけど、強気のコースタイム。
いつも思うけど、強気のコースタイム。
尾瀬・燧ヶ岳 野湯から硫黄の匂いがプーンと。
野湯から硫黄の匂いがプーンと。
尾瀬・燧ヶ岳 八丁の湯。
静か。
八丁の湯。 静か。
尾瀬・燧ヶ岳 加仁湯。
この辺から、アブが付きまとって来る。
やだ。
加仁湯。 この辺から、アブが付きまとって来る。 やだ。
尾瀬・燧ヶ岳 日光澤温泉。
入山します。
日光澤温泉。 入山します。
尾瀬・燧ヶ岳 遠くに「オロオソロシの滝」。
よく、見えない。
遠くに「オロオソロシの滝」。 よく、見えない。
尾瀬・燧ヶ岳 鬼怒沼へ。
鬼怒沼へ。
尾瀬・燧ヶ岳 暑くなりそう。
暑くなりそう。
尾瀬・燧ヶ岳 スポーツドリンクも半分近く飲んじゃったし。
大丈夫か、俺?
スポーツドリンクも半分近く飲んじゃったし。 大丈夫か、俺?
尾瀬・燧ヶ岳 鬼怒沼南端。
長めのガレ場が効いてるな。
鬼怒沼南端。 長めのガレ場が効いてるな。
尾瀬・燧ヶ岳 いい雲。
いい雲。
尾瀬・燧ヶ岳 往路は鬼怒沼山方面(右側)から向かうよ。
往路は鬼怒沼山方面(右側)から向かうよ。
尾瀬・燧ヶ岳 本日の落し物。
渋い色合い。
本日の落し物。 渋い色合い。
尾瀬・燧ヶ岳 鬼怒沼巡視小屋。
使えるのは緊急時だけね。
鬼怒沼巡視小屋。 使えるのは緊急時だけね。
尾瀬・燧ヶ岳 この上が鬼怒沼山。
でも、今日は登らない。
この上が鬼怒沼山。 でも、今日は登らない。
尾瀬・燧ヶ岳 「やっぱり、テント泊のザックは重いなぁ」と思って、休憩した時に見た空。
「やっぱり、テント泊のザックは重いなぁ」と思って、休憩した時に見た空。
尾瀬・燧ヶ岳 倒れてますねぇ。
ザックが重いと、跨いだり潜ったり、体力を奪われるな。
こんな感じが暫く続く。
倒れてますねぇ。 ザックが重いと、跨いだり潜ったり、体力を奪われるな。 こんな感じが暫く続く。
尾瀬・燧ヶ岳 でも、空はいい。
いつだって。
でも、空はいい。 いつだって。
尾瀬・燧ヶ岳 小松湿原の水場。
チョロチョロ。
小松湿原の水場。 チョロチョロ。
尾瀬・燧ヶ岳 おやおや。
皮剥ぎ、爪研ぎの跡?
おやおや。 皮剥ぎ、爪研ぎの跡?
尾瀬・燧ヶ岳 赤安清水。
分かり難いけど、右側の岩の部分を水が流れてる。
ちょうど、水が切れかけてた。
良かった。
赤安清水。 分かり難いけど、右側の岩の部分を水が流れてる。 ちょうど、水が切れかけてた。 良かった。
尾瀬・燧ヶ岳 鬼怒沼から6時間半。
やっと、「尾瀬っぽい」かんじ。
鬼怒沼から6時間半。 やっと、「尾瀬っぽい」かんじ。
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼ヒュッテ到着。
受付を済ませる。
連泊なので、1600円。
番号札をもらい、好きな場所に張っていいって。
尾瀬沼ヒュッテ到着。 受付を済ませる。 連泊なので、1600円。 番号札をもらい、好きな場所に張っていいって。
尾瀬・燧ヶ岳 迷わず14番。
もらった番号札は25番。ドイツでも、頑張れ!
迷わず14番。 もらった番号札は25番。ドイツでも、頑張れ!
尾瀬・燧ヶ岳 1日目のシャツは10番。
もう、汗びっしょり。
1日目のシャツは10番。 もう、汗びっしょり。
尾瀬・燧ヶ岳 テントは28か所張れます。
テントは28か所張れます。
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼。
燧ケ岳は隠れてる。
尾瀬沼。 燧ケ岳は隠れてる。
尾瀬・燧ヶ岳 おはよう。
シュラフももちろんブルー🐬。
おはよう。 シュラフももちろんブルー🐬。
尾瀬・燧ヶ岳 「多少の雨なら、5時出発で燧ケ岳でも」って思ってたけど…。
フライシートを叩く雨音を聞いてると…。
気が乗らない。
少しのんびりしよう。
「多少の雨なら、5時出発で燧ケ岳でも」って思ってたけど…。 フライシートを叩く雨音を聞いてると…。 気が乗らない。 少しのんびりしよう。
尾瀬・燧ヶ岳 当初の食糧計画では、ラーメンは2袋で十分なんだけど…。
その時の気分でチョイスしようと、4種類。
当初の食糧計画では、ラーメンは2袋で十分なんだけど…。 その時の気分でチョイスしようと、4種類。
尾瀬・燧ヶ岳 2日目の朝。
まだ、小雨が降ってる。
ちょっと、トイレまで。
隣の人は、撤収中。
2日目の朝。 まだ、小雨が降ってる。 ちょっと、トイレまで。 隣の人は、撤収中。
尾瀬・燧ヶ岳 立派なトイレ。
中もキレイ。
立派なトイレ。 中もキレイ。
尾瀬・燧ヶ岳 トイレチップは1回100円。
トイレチップは1回100円。
尾瀬・燧ヶ岳 燧ケ岳はやめて、尾瀬沼周回と尾瀬ヶ原を散策することに。
燧ケ岳はやめて、尾瀬沼周回と尾瀬ヶ原を散策することに。
尾瀬・燧ヶ岳 往路は沼の北側ルートを通って見晴まで。
往路は沼の北側ルートを通って見晴まで。
尾瀬・燧ヶ岳 点描派。
点描派。
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼。
天気が良ければね。
尾瀬沼。 天気が良ければね。
尾瀬・燧ヶ岳 ガスってますね。
ガスってますね。
尾瀬・燧ヶ岳 水芭蕉が食い散らかされてるね。
お行儀が悪い。
水芭蕉が食い散らかされてるね。 お行儀が悪い。
尾瀬・燧ヶ岳 今さらだけど、スリップ注意。
今さらだけど、スリップ注意。
尾瀬・燧ヶ岳 燧ケ岳への登山口。
お疲れ様です。
燧ケ岳への登山口。 お疲れ様です。
尾瀬・燧ヶ岳 見晴に到着。
山小屋がいっぱい。
見晴に到着。 山小屋がいっぱい。
尾瀬・燧ヶ岳 とりあえず、尾瀬ヶ原を散策。
とりあえず、尾瀬ヶ原を散策。
尾瀬・燧ヶ岳 先ずは、東電小屋へ向かう。
先ずは、東電小屋へ向かう。
尾瀬・燧ヶ岳 東電尾瀬橋。
ピンクリボン、そんなに要るか?
東電尾瀬橋。 ピンクリボン、そんなに要るか?
尾瀬・燧ヶ岳 こっちが東電小屋。
おじさんが、タバコを吸ってた。
こっちが東電小屋。 おじさんが、タバコを吸ってた。
尾瀬・燧ヶ岳 こっちが別館だって。
こっちが別館だって。
尾瀬・燧ヶ岳 おっ、新しそうな木道だぞ。
おっ、新しそうな木道だぞ。
尾瀬・燧ヶ岳 なるほど、2021年製か。
なるほど、2021年製か。
尾瀬・燧ヶ岳 前回来た時は、この辺で引き返したので、つなげられたかんじ。
前回来た時は、この辺で引き返したので、つなげられたかんじ。
尾瀬・燧ヶ岳 橋を渡ったら、
橋を渡ったら、
尾瀬・燧ヶ岳 龍宮小屋前を通って、見晴に戻ります。
ちょうどお昼だし、何か食べようかな。
龍宮小屋前を通って、見晴に戻ります。 ちょうどお昼だし、何か食べようかな。
尾瀬・燧ヶ岳 ひのえまた小屋にする。
何にしようかな。
ひのえまた小屋にする。 何にしようかな。
尾瀬・燧ヶ岳 カレーライス:1000円、いただきます。
後から来たご夫婦は、カレーうどんを注文したのに(聞こえたので、間違いない)カレーライスが出てきたので作り直し。
あれ、誰が食べたのかな?
カレーライス:1000円、いただきます。 後から来たご夫婦は、カレーうどんを注文したのに(聞こえたので、間違いない)カレーライスが出てきたので作り直し。 あれ、誰が食べたのかな?
尾瀬・燧ヶ岳 雨が降ってきた。
この少し手前でカップルを抜かしたけど(私はアタックザックなので楽ちん)、彼女さんから、疲れていそうだけど、元気な「こんにちわ」をいただきました。
雨が降ってきた。 この少し手前でカップルを抜かしたけど(私はアタックザックなので楽ちん)、彼女さんから、疲れていそうだけど、元気な「こんにちわ」をいただきました。
尾瀬・燧ヶ岳 復路は沼の南側ルートを通って、周回完成。
復路は沼の南側ルートを通って、周回完成。
尾瀬・燧ヶ岳 「転倒により負傷される方が多い地点です」だって。
「転倒により負傷される方が多い地点です」だって。
尾瀬・燧ヶ岳 「木道で転倒しないコツ」は、「木道を歩かないこと」。
「木道で転倒しないコツ」は、「木道を歩かないこと」。
尾瀬・燧ヶ岳 あれ、「掛かり木」って言うんだ。
あれ、「掛かり木」って言うんだ。
尾瀬・燧ヶ岳 14番、見っけ!
14番、見っけ!
尾瀬・燧ヶ岳 「熟達者」。
私ではない。
「熟達者」。 私ではない。
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼山荘。
休憩所も閉まってる。
明日はここを通るんだな。
尾瀬沼山荘。 休憩所も閉まってる。 明日はここを通るんだな。
尾瀬・燧ヶ岳 まだ、ガスってる。
まだ、ガスってる。
尾瀬・燧ヶ岳 帰ってきたよ。
帰ってきたよ。
尾瀬・燧ヶ岳 ビジターセンターは4時まで。
内装とか、新しそうだね。
ビジターセンターは4時まで。 内装とか、新しそうだね。
尾瀬・燧ヶ岳 こっちでは、スライドショーとかやってるみたい。
こっちでは、スライドショーとかやってるみたい。
尾瀬・燧ヶ岳 オコジョ、カワイイね。
私はオコジョ派。
でも、「肉食」だって聞くと…。
オコジョ、カワイイね。 私はオコジョ派。 でも、「肉食」だって聞くと…。
尾瀬・燧ヶ岳 歩荷さん。
靴は「スポーツシューズ」だって。
長靴履いてる人もいるよね
歩荷さん。 靴は「スポーツシューズ」だって。 長靴履いてる人もいるよね
尾瀬・燧ヶ岳 テント、ありました。
よかった。
テント、ありました。 よかった。
尾瀬・燧ヶ岳 蠅と私。
蠅と私。
尾瀬・燧ヶ岳 今日は何にしよう。
(正解:サッポロ一番塩ラーメン)
迷ったら、これ。
今日は何にしよう。 (正解:サッポロ一番塩ラーメン) 迷ったら、これ。
尾瀬・燧ヶ岳 3日目の朝。
先ず、トイレ。
虫だらけで、ビックリ😱
3日目の朝。 先ず、トイレ。 虫だらけで、ビックリ😱
尾瀬・燧ヶ岳 キレイな青。
キレイな青。
尾瀬・燧ヶ岳 朝焼けもいいね。
朝焼けもいいね。
尾瀬・燧ヶ岳 早起き。
早起き。
尾瀬・燧ヶ岳 燧ケ岳かな。
燧ケ岳かな。
尾瀬・燧ヶ岳 テントは雨でぐっしょり、シャツやタオルも汗や雨で重いし…。
無事に帰れるのか、俺。
テントは雨でぐっしょり、シャツやタオルも汗や雨で重いし…。 無事に帰れるのか、俺。
尾瀬・燧ヶ岳 番号札を返すのが、チェックアウト。
番号札を返すのが、チェックアウト。
尾瀬・燧ヶ岳 晴れてきた。
晴れてきた。
尾瀬・燧ヶ岳 パイプカット。
パイプカット。
尾瀬・燧ヶ岳 雲が抜けていく。
でも、抜け切るまでは待てない。
この辺で既に、「今日の帰りも、控えめに言っても、決して楽じゃないな」と覚悟してる。
雲が抜けていく。 でも、抜け切るまでは待てない。 この辺で既に、「今日の帰りも、控えめに言っても、決して楽じゃないな」と覚悟してる。
尾瀬・燧ヶ岳 三平峠。
木道が滑るから気を付けて。
結構、登ってくる人が多い。
三平峠。 木道が滑るから気を付けて。 結構、登ってくる人が多い。
尾瀬・燧ヶ岳 石清水。
結構な水量だし、冷たくて美味しいよ。
石清水。 結構な水量だし、冷たくて美味しいよ。
尾瀬・燧ヶ岳 一ノ瀬休憩所からは、
一ノ瀬休憩所からは、
尾瀬・燧ヶ岳 ただただ、砂利道を下る。
付きまとうアブがうるさい。
あいつ等、いつの間にかたかって噛んでくる。
「チクッ」って感じて見ると、2cm強のヤツがたかってる。
不愉快。どころじゃない。
ただただ、砂利道を下る。 付きまとうアブがうるさい。 あいつ等、いつの間にかたかって噛んでくる。 「チクッ」って感じて見ると、2cm強のヤツがたかってる。 不愉快。どころじゃない。
尾瀬・燧ヶ岳 大清水。
ここでも、アブが襲ってくる。
一匹仕止める。
思い知ったか。
大清水。 ここでも、アブが襲ってくる。 一匹仕止める。 思い知ったか。
尾瀬・燧ヶ岳 物見山経由で鬼怒沼へ。
「疲れる」のは、分かってる。
でも、「バテない」といいな。
物見山経由で鬼怒沼へ。 「疲れる」のは、分かってる。 でも、「バテない」といいな。
尾瀬・燧ヶ岳 スタートから、アブが入れ代わり立ち代わり現れ、噛もうとしてくる。
うっとおしい。
スタートから、アブが入れ代わり立ち代わり現れ、噛もうとしてくる。 うっとおしい。
尾瀬・燧ヶ岳 この川を跨ぐと、湯沢出合。
石伝いに渡渉したけど、
この川を跨ぐと、湯沢出合。 石伝いに渡渉したけど、
尾瀬・燧ヶ岳 右手の倒木が通路になっているらしい。
鉄筋の手すりみたいのも付いてる。
右手の倒木が通路になっているらしい。 鉄筋の手すりみたいのも付いてる。
尾瀬・燧ヶ岳 物見山到着。
湯沢出合から3時間は、コースタイム通り。
途中で雨が降り出し、どうなることかと思ったけど。
無時でよかった。
ザックのフロンターレブルーが、FC東京ブルーみたいになってるのは、ずぶ濡れになってるから。
物見山到着。 湯沢出合から3時間は、コースタイム通り。 途中で雨が降り出し、どうなることかと思ったけど。 無時でよかった。 ザックのフロンターレブルーが、FC東京ブルーみたいになってるのは、ずぶ濡れになってるから。
尾瀬・燧ヶ岳 鬼怒沼に戻って来た。
実は、結構強めの風が時折吹いてる。
鬼怒沼に戻って来た。 実は、結構強めの風が時折吹いてる。
尾瀬・燧ヶ岳 基本、後は下るだけ。
濡れた靴下を絞ります。
この後にまた、グッチョリになるんだけど…。
基本、後は下るだけ。 濡れた靴下を絞ります。 この後にまた、グッチョリになるんだけど…。
尾瀬・燧ヶ岳 遠くに「オロオソロシの滝」。
雨量のためか、よく見える。
奥鬼怒温泉辺りから、ほぼずぶ濡れだったけど、それも一興。
この後、バッテリ切れでログが落ちる。
誰か、「接触不良にならないモバイルバッテリのワイヤー」を教えて!
天気が良ければ、今度はバイクで何処かに行きたいな。
おしまい。
遠くに「オロオソロシの滝」。 雨量のためか、よく見える。 奥鬼怒温泉辺りから、ほぼずぶ濡れだったけど、それも一興。 この後、バッテリ切れでログが落ちる。 誰か、「接触不良にならないモバイルバッテリのワイヤー」を教えて! 天気が良ければ、今度はバイクで何処かに行きたいな。 おしまい。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。