坊がつるテン泊と山開き

2014.05.31

活動詳細

詳しく見る
【山行日】2014.5.31〜6.1 1泊2日 【ルート】長者原〜すがもり越〜坊がつる(テン泊、三俣山5峰・平治岳・北大船山・大船山登頂、山開き)〜雨が池〜長者原 (1日目) 06:01 長者原 06:38 坊原登山口(始め) 07:02 坊原登山口(終り) 07:40 すがもり越 08:30 法華院温泉山荘 〜08:35 08:43 坊がつる 〜09:43 09:47 三俣山南峰登山口 11:02 三俣山南峰山頂 〜11:12 11:18 道迷い 〜11:28 11:37 三俣山本峰山頂 12:02 三俣山北峰山頂 〜12:11 12:47 南峰直下分岐 12:55 三俣山IV峰山頂・小休止 〜13:10 13:24 三俣山西峰山頂 14:00 道迷い 〜14:10 14:20 北千里ヶ浜東端岩場 14:40 法華院温泉山荘・小休止 15:13 坊がつる 歩数:35411歩 (2日目) 06:55 坊がつる 07:36 大戸越 〜07:42 08:15 平治岳山頂 〜08:20 09:31 北大船山山頂 〜09:33 09:36 段原 09:59 大船山山頂 10:00 山開き神事 〜10:30 10:30 スイカ割り・大休止 〜12:03 13:05 坊がつる・テント撤収作業等 〜14:00 14:47 雨ヶ池 15:46 長者原 歩数:33836歩 三俣山周回のログがうまく取れてなかったので,1日目のログは同行者のよっぴーさんのを使っています。そのせいでしょうか写真が張り付いていません。(*´з`) ●テン泊 AさんJrを含む若者4人組と急遽参戦することになったAさん達4人組と坊がつるでテン泊しました。山行計画はそれぞれで,坊がつるでの時間を共にするという新しいパターンでした。 ●三俣山南峰直登コースからの周回 初日は坊がつるにテントを張った後,白口岳・稲星山に登る予定でしたが,Isikoroさんの記録を見て,これだ!と思い,三俣山南峰直登コースからの周回をすることにしました。 坊がつるに着くと,AさんJrを含む若者4人組は既に到着していて,ビールを飲んでいらっしゃいました。しかも,かなり酔っている感じ( ;∀;) 一応誘いましたが,車中泊だったので眠いので…と断られました。Aさん達の到着も遅い。結局,Yさんと2人で行くことにしました。南峰直登コースの取り付きが判らなかったのですが,AさんJrが知っておられたので,入り口まで案内してもらいました。 南峰直登コースは悪路だと聞いていましたが,土が乾いていたのでそんなに滑ることも無く,踏み跡もしっかり付いていて,迷う所も無く,問題無しでした。それよりも,南峰からのお鉢巡りへの道に迷い…とんでもない道を下って行きました(^^; でも,ちゃんと引き返して,とりあえず本峰に行きました。本峰から南峰を眺めるとお鉢巡りの稜線が見えました。道も何となく判ったので引き返そうとも思いましたがそれが嫌な私。時計回りでお鉢巡りをすることにしました。本峰から北峰に向かい,大鉢,小鉢を巡って南峰直下に来ました。右折しそこなった分岐点を確認し,Ⅳ峰に向かおうとしていたら,Aさん達と若者4人組と遭遇しました。法華院にビールを買いに来たと言われました。かなりの遠回りの買い出しだこと(笑) 近道で法華院に降りて行くから一緒に行くよ~と言われましたが,5ピークハントは絶対に欠かせなかったので,お断りしてⅣ峰と西峰のピークハントをしたのでした。西峰を降りて行く途中,左手にルートを発見。好奇心旺盛な私たち。行ってみることにしました。しばらく行くと小丘が有り,笹道を歩いていくと南峰とⅣ峰の谷から降りてきている道とぶつかりました。これがAさん達が行った道かなと思い,右手に降りて行きましたが,途中で踏み跡が無くなり…藪漕ぎです。( ;∀;) Yさんは私に待てー(制止)と言っていたそうですが…私は待ってくれ~(置いて行かないでー)と言ってるのかと。。。(笑) 結局は,Yさんから引き返すよう命令が下り,大きな岩の所まで戻って岩場を下ると,北千里ヶ浜の先の岩場の所に出ました。ホッ。法華院に着くと談話室でビールを飲んでいるAさん達を発見。合流して美味しいビールを頂きました。Aさん達に籔漕ぎの話をすると,よくこんな私に付き合うねーと言って,皆さんYさんを憐れむのでした。(*´з`) ●ミヤマキリシマ 平治岳のミヤマキリシマの開花時期に合わせて坊がつるでのテン泊計画を立てたつもりが…例年より遅咲きという事で5分咲きでした(u_u) でも、何よりも天気が良くて青空と新緑とミヤマキリシマのピンク色のコントラストが素晴らしかったです! ●山開き 2月に三俣山でラッセルの指導を受けたMさん(ご近所さんでした!ビックリ)の連絡先が最近になって判り,ご挨拶をしていたところ,「くじゅうの山開きにスイカを担いで登るから来ませんか?」と言われます。6月1日が山開きとは知らずにテン泊を計画していたのでした。私は「坊がつるでテン泊する予定ですから来ますねー」と約束したのでした。 山開き当日,Mさんから渋滞するから早く登って来ないとダメだよと言われていましたが…到着したのは1分前。ギリギリセーフでした(^^;; 神事が終わり、ペナントをもらったところでMさんを探してキョロキョロしていると,後ろから「あのスイカはいつ切るんやろうかねー」という会話が聞こえます。私はすかさず「何処にそのスイカを持った人は居ますか?」と尋ねると,岩の上の男性を指差しされました!かなり目立ってました!何で見つけきれなかったのでしょう…(^^;; 私は,Mさんからスイカを切る有難い役を仰せつかり,自分が振舞っているかのような気分にさせてもらったのでした(^o^) また自家製焙煎コーヒーも頂きました。とても美味しかったです⤴ 12時を過ぎたところで,渋滞も緩和された頃だろうと判断して,Mさんにお礼とお別れをして下山を開始しました。 が,まだまだ渋滞。広い所で無理やり追い抜いて行こうとしたら,「あっスイカのお姉ちゃん!」と言われます。私は「スイカに免じて許して下さ〜い」と笑いながら追い越して行ったのでした。 嬉しかったーお姉ちゃんって言われて(≧∇≦)ウフフ ガシガシ下山しましたが,Aさん達のテントは無くなっていました。 てっきり帰られたのとばかり思って,テントを撤収して長者原に戻ったのですが…携帯に着信アリ。しかも,テントを撤収して法華院温泉でビールを飲んでますとメールが入っていました…ごめんなさい(*´Д`) お詫びをして帰路に着いたのでした。 今回はザックの重みがさほど苦になりませんでした。 慣れとはスゴイものですね! これなら毎週テン泊してもいいかな〜(笑)
行ってくるよ平治号 (^o^)
テン泊装備のザックを背負って長者原登山口をスタート
やはり坊原コースで行きます 
強い日差しです 朝から汗だく
すがもり越えに到着♪
猿岩
硫黄山を振り返る 青空がすごい
坊がつるのテン場が見えてきました
法華院温泉山荘に到着 今回は大きな靴をちゃんと履きました(^o^)
坊がつるのテン場に向けてゴーゴー
テントを建てた後(写真撮り忘れ)、Aさんjrに三俣山南峰直登コースの取り付きを案内してもらう
法華院温泉山荘から雨ヶ池に向かう道の左側にケルンがありますのでそこから入ります
山の中に入っていきます
木陰の中を行くので暑くはありません
ツクシドウダン
イワカガミ
三俣山南峰山頂
軽食を摂った後,お鉢巡りへ
T字路を右にと言われたけど分からずここで(T字路じゃないのに)右に行ったが・・・
これは違うな・・・引き返しました(-.-)
先に本峰に行くことにしました
三俣山本峰山頂 お鉢巡りは時計回りで行くことにしました 北峰に向かいます
本峰から北峰に向かう道には石楠花が沢山咲いていました
大鉢
三俣山北峰山頂 標識は有りません
南峰に向かう稜線と小鉢
日陰の石楠花は綺麗でした
南峰から雨ヶ池に向かうルートがあったのですね 現在通行止め
T字路とはここのことでした 既に南峰のピークは取ったので今度はⅣ峰へ
遅れて南峰直登コースを登ってきたメンバーと合流したが、私たちは予定通りⅣ峰と西峰のピークハントに行く
みんなは近道をして法華院温泉に行くと言って南峰の鞍部を進んでいった
三俣山Ⅳ峰山頂
三股山Ⅳ峰山頂からの眺望1 久住山方面
三股山Ⅳ峰山頂からの眺望2 涌蓋山方面
三俣山西峰山頂
すがもり越えに降りていく途中、左手のルートが気になり・・・
行ってみることにした 好奇心旺盛なので・・・
お花畑みたいでキレイかった
こんなところに出た(-.-) 踏み跡があったので進んで行った
なかなかキレイ
後向きでないと滑って降りれなかった…この後しばらく藪漕ぎしたが引き返して岩場の方に向かった (・.・;)
こんな岩場を降りてきました 北千里ヶ浜を過ぎたところの岩場ルートに出ました
みんなと法華院温泉でビールを飲んでいたけど,途中で温泉セットをテン場に取りに戻る
お風呂の後の楽しい夕食風景
もつ鍋を頂きました ものすごく美味しかったー
ライスクッカーで作ったパエリア 底は焦げましたが味は問題なし
朝を迎えました 夜の写真を撮ってなかった…(*´з`)
ベーコンエッグ ユニフレームのフライパン17㎝
大戸越(うとんごし)から平治岳を望む
平治岳山頂
平治岳山頂から三俣山 ミヤマキリシマ5分咲きです
大戸越 北大船山山頂に向かいます
低木帯の中を行きます 木陰で涼しいです
北大船山山頂に向かう途中から
北大船山山頂
大船山に向かう縦走路より
段原に着きました
ここから大渋滞
何とか神事に間に合いました
万歳三唱が3回有りました (*'▽')
大船山にスイカを持って来ると約束していたMさん
賑わう山頂
スイカを切る役目を与えてもらいました
スイカの後はコーヒーまでご馳走になりました 2杯も (^o^)
坊がつるに戻ってきましたが…あまりにも山頂に長くいたので皆さんは帰っておられました (*´Д`)
ミヤちゃんと遭遇
カフェモカさんご夫婦とお別れ 坊がつるを後にする
雨ヶ池を行く私
ただいま平治号(^o^)
翌日の西日本新聞朝刊

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。