【九重オルレ】と【くじゅう山開き】

2014.05.31

活動詳細

詳しく見る
土曜日の午前中は娘の学校の文化祭に顔を出し、その足でくじゅうの山開きに参加してきました。 今回はオルレ九重やまなみコース巡りと山開き前夜祭にも参加してみたかったため、娘二人に留守番を頼み、夫婦二人で外泊してきました。 くじゅう山開きは毎年6月の第1日曜日、大船山と久住山を1年交替で行われているそうで、今年は大船山の年です。 前回、牧ノ戸から長者原までのルートは歩いたので、今回はミヤマキリシマを期待して、吉部から平治岳に登り、大船山へ縦走し、神事を見てから坊ガツルへ下りて、暮雨の滝を経由して、吉部登山口に戻るコース。 因みに暮雨は「ぼう」ではなく「くらぞめ」と読むらしいです。 宿泊はテントではなく、今回はじめての山開き参加でしたので、いろいろと教えてもらいたくて、貨物列車を改造したお宿「くじゅうエイドステーション」のお世話になりました。 http://www.kujuaid.net/ 宿も食事もオルレも山開きもホント充実した二日間で良かったですよ~。
31日12:30。宿泊先に到着。
来る途中のロードサイドの温度計が30度となっていました。カミさんはこの暑さに閉口。榎木孝明美術館を見学して、あとはロッジでマッタリコースと決めん込んだため、仕方なく一人で九重・やまなみオルレコースに行ってきました。
長者原まで車で行き、日田バスに乗り換え九重夢大吊橋まで620円。
ここ九重夢大吊橋がオルレコースのスタート地点。
青と赤のリボンが道しるべ。
青が順路。赤がゴール→スタートへの逆順路。
ネットではススキ道となっていたが、この季節1mほどの草が生い茂り、短パンで生足の私は傷だらけになってしまいました。
のどかな田園風景。
こんな小道も通ります。
コースを外れて迷子になった時に通りがかった乗馬クラブ。
この小道は馬も通ります。下を向いて歩かないと馬糞を踏んじゃいます。
青赤リボンと混じって国土調査の赤いテープがいたるところにあります。私はこれも道しるべなのかと勘違いして1kmほど迷子になりました。
牧草風景。
こんな綺麗な小川も渡ります。
九重やまなみ牧場の中も通ります。
風になびくリボン。
バックは三俣山。
これから森の中に入っていきます。
丸太橋。
てくてく・・・
超気持ちいい。くじゅうらしい風景。
長者原のレストハウスやまなみでフィニッシュ。途中小走りで1時間53分。総距離は13.7km。
一旦カミさんを宿泊先まで迎えに行ってから九重やまなみ牧場の温泉に入浴。
宿泊先の室内。
五右衛門風呂。自分たちで沸かして入っていいとの事でしたが、夫婦でどっちが薪をくべるのかで意見がまとまらず、今回は写真のみ。
夕食のバーベキューとダゴ汁。
室内にあったレトロな暖炉。実際に使っているらしい。
山開きの前夜祭(長者原にて)。冨永 裕輔さんのコンサート風景。
九重町キャンペーンレディーとマスコットのミヤちゃん。
参加者全員で合唱します。なんか楽しい。
聖火みたい。子供たちが点火。
焚火を囲んで前夜祭はまだまだ続きます。
ロッジに戻るとみんな就寝中。夫婦でビールを飲みながら明日のコースを確認。
6月1日 5時半に宿を出発して、吉部登山口駐車場に10分ほどで到着。すでに車がいっぱい。駐車料金300円ですが、何故か徴収されません?
5時50分から登山開始。
平治岳へ上るには、最初の登山口は通り過ぎて、このゲートの右から上っていきます。
森林浴と小鳥のさえずりが心地いい。
少し上ると林道に出ますが、数百メートル先の左手に平治岳への登山道があります。
宿のお母さんに教えていただいた登山道。地図の登山道から少しコースを外れますが、比較的緩やかで歩き易い。
それでも途中にはこんなハシゴも・・・
毎週こんな事やってます。
平治岳が見えてきました。
根っこが露出した植物。
だんだん勾配がきつくなってきます。
平治岳山頂。まだ五分咲きくらいですが、くじゅうの風景と重なって、めっちゃ感動しました。
お決まりのポーズ。
ゆっくり風景を楽しみたかったのですが、大船山に10時までに到着しないといけないので、早々に下山開始。
大戸越まで下山して平治岳を振り返る。
これから行く北大船山を望む。
見納め。
坊ガツルキャンプ場を望む。カラフルなテントでいっぱい。
離れて見ても綺麗です。
北大船山への道中。
北大船山。
段原。
段原から大船山を望む。山開きの神事に間に合うかハラハラ。
どひゃ~。大船山頂上に9時45分に到着。人・人・人で足の踏み場がない。何百人いるんだろう?
取材のヘリコプターが何度も何度も旋回しています。みなさん盛り上がってます。
神事開始。人だかりで近くに行けません。
全員に配布された記念ペナント。
坊ガツルをバックに。
大船山頂上に1時間45分の滞在後、ようやく人が少なくなってきたので下山開始するも大渋滞。
坊ガツルキャンプ場まで下山すると、ミヤちゃんが出迎えてくれました。
ミヤちゃんは軽トラで帰宅します。
私たちは歩いて帰路につきます。
吉部へ登山道を通って戻るには、暮雨の滝の方向へ。
途中で脇道へそれて暮雨の滝へ。
吉部登山口の駐車場に戻ってきました。トータル8時間55分。
途中で立ち寄った温泉。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。