やっぱりいたヒル~黒岩尾根からの女峰山・帝釈山

2021.08.01(日) 日帰り

黒岩尾根ピストン(滝尾神社or安川交番そばの有料駐車場)は何度かトライしたことがありますが、今回は黒岩尾根にて女峰山に登り、帝釈山、富士見峠、馬立、モッコ平、寂光の滝を経由してスタート地点に戻りました。  行者堂から先、笹が深く朝露で下半身はビショビショ(雨具は身に着けていて正解だった)、雨具の下を脱げたのは八風まで行ってからようやく。 ヤマビルファイターをたっぷり葺きかけていたのだが~ 朝露で落ちちゃったのか? kimuさん、2ケ所ヒルにも吸血されてしもた。 展望にも恵まれず、帰りも雨に降られたりで忍耐のトレーニングとなりました。 このコース、もう次はないかなという感じでした。 ・富士見峠から馬立までの荒廃した林道林道が個人的には嫌な感じ。一人だと歩きたくないイメージ。苔むした石のところどころ歩きにい箇所がありました。昼過ぎなのに、薄暗くなり不気味な雰囲気の林道。 雨に降られたこともあって思ったより時間ががかりました。 ・モッコ平付近の笹は腰あたりまで、裏見滝・寂光滝分岐から先の方がやや深かったが、特別歩きにくいということはなかった。足元が見えづらく何度かつまづいた。 出合った人 女峰山で1人+2人 帝釈山で3人 消費水分 1.8ℓ(kimuさんは2.5ℓ) 2016年のレコ↓ https://yamap.com/activities/377386

女峰山は標高2483m

女峰山は標高2483m

女峰山は標高2483m

観光気分

観光気分

観光気分

パワーをもらって出発

パワーをもらって出発

パワーをもらって出発

イワタバコですかね~

イワタバコですかね~

イワタバコですかね~

行者堂
ここで、雨具下を身に着けました

行者堂 ここで、雨具下を身に着けました

行者堂 ここで、雨具下を身に着けました

水場分岐あたり
新しい雨具は朝露でこのとおり
ヒル チェック! ここでは付いていなかった

水場分岐あたり 新しい雨具は朝露でこのとおり ヒル チェック! ここでは付いていなかった

水場分岐あたり 新しい雨具は朝露でこのとおり ヒル チェック! ここでは付いていなかった

まだ天気はいい

まだ天気はいい

まだ天気はいい

笹が深くなかなか雨具下脱げなくて、調子出ない

笹が深くなかなか雨具下脱げなくて、調子出ない

笹が深くなかなか雨具下脱げなくて、調子出ない

ここで、雨具脱いでみると
何と~kimuさんの足に変なモノが張り付いていた~ギャー
2ケ所やられた様子
先頭を歩いていた私は無事だった
どこで付かれたのだろうか?
ヤマビルファイターは朝露で落ちてしまったのかぁ?

ここで、雨具脱いでみると 何と~kimuさんの足に変なモノが張り付いていた~ギャー 2ケ所やられた様子 先頭を歩いていた私は無事だった どこで付かれたのだろうか? ヤマビルファイターは朝露で落ちてしまったのかぁ?

ここで、雨具脱いでみると 何と~kimuさんの足に変なモノが張り付いていた~ギャー 2ケ所やられた様子 先頭を歩いていた私は無事だった どこで付かれたのだろうか? ヤマビルファイターは朝露で落ちてしまったのかぁ?

オコジョですかね
鳥が鳴いているのかと思ったら違いました

オコジョですかね 鳥が鳴いているのかと思ったら違いました

オコジョですかね 鳥が鳴いているのかと思ったら違いました

kimuさん、パワーまで吸い取られたのかペースダウン

kimuさん、パワーまで吸い取られたのかペースダウン

kimuさん、パワーまで吸い取られたのかペースダウン

遥拝石に登って気分転換
14/30

遥拝石に登って気分転換

遥拝石に登って気分転換

唐沢小屋の先の急なガレ
この日はここを下る気になれなかった

唐沢小屋の先の急なガレ この日はここを下る気になれなかった

唐沢小屋の先の急なガレ この日はここを下る気になれなかった

展望ありません

展望ありません

展望ありません

帝釈山へ向かいます

帝釈山へ向かいます

帝釈山へ向かいます

一部痩せ尾根

一部痩せ尾根

一部痩せ尾根

歩きにく~

歩きにく~

歩きにく~

一時土砂降り

一時土砂降り

一時土砂降り

崩壊しかけた林道

崩壊しかけた林道

崩壊しかけた林道

カーブミラーがあるぞ
この林道はイヤ
25/30

カーブミラーがあるぞ この林道はイヤ

カーブミラーがあるぞ この林道はイヤ

馬立
ようやく登山道らしくところで出た

馬立 ようやく登山道らしくところで出た

馬立 ようやく登山道らしくところで出た

荒沢出合はマーク沢山

荒沢出合はマーク沢山

荒沢出合はマーク沢山

ササはそれほど深くない

ササはそれほど深くない

ササはそれほど深くない

雨も上がって明るくなった
30/30

雨も上がって明るくなった

雨も上がって明るくなった

女峰山は標高2483m

観光気分

パワーをもらって出発

イワタバコですかね~

行者堂 ここで、雨具下を身に着けました

水場分岐あたり 新しい雨具は朝露でこのとおり ヒル チェック! ここでは付いていなかった

まだ天気はいい

笹が深くなかなか雨具下脱げなくて、調子出ない

ここで、雨具脱いでみると 何と~kimuさんの足に変なモノが張り付いていた~ギャー 2ケ所やられた様子 先頭を歩いていた私は無事だった どこで付かれたのだろうか? ヤマビルファイターは朝露で落ちてしまったのかぁ?

オコジョですかね 鳥が鳴いているのかと思ったら違いました

kimuさん、パワーまで吸い取られたのかペースダウン

遥拝石に登って気分転換

唐沢小屋の先の急なガレ この日はここを下る気になれなかった

展望ありません

帝釈山へ向かいます

一部痩せ尾根

歩きにく~

一時土砂降り

崩壊しかけた林道

カーブミラーがあるぞ この林道はイヤ

馬立 ようやく登山道らしくところで出た

荒沢出合はマーク沢山

ササはそれほど深くない

雨も上がって明るくなった