DJの山行記録77・六甲山表と裏の沢&滝巡り大冒険

2021.07.31(土) 日帰り

JJ隊長率いるときめき隊ツアー、今回は六甲山の表と裏の沢と滝を巡る! 芦屋地獄谷からスタートして、田辺谷という謎のルートを行く表の前半戦。全縦走路尾根を跨いでからは百間滝や白石谷といった六甲山裏側の秘境を回る後半戦。 真夏の山行ではあったが、沢筋に入ってしまえば快適そのもの。白石谷では寒いと思う程… 難所を超える時は緊張したが、大きな事故もなく皆無事に下山することができました。 そして、西おたふく山でまさかの…詳しくは写真とキャプションをご覧下さい。 ご一緒したみなさま、ありがとうございました。お疲れ様でした。

毎度お馴染み、高座の滝からスタートです。

毎度お馴染み、高座の滝からスタートです。

毎度お馴染み、高座の滝からスタートです。

まずは芦屋地獄谷から、軽いウォーミングアップ。
各々好きなところから滝を乗り越えていきます。

まずは芦屋地獄谷から、軽いウォーミングアップ。 各々好きなところから滝を乗り越えていきます。

まずは芦屋地獄谷から、軽いウォーミングアップ。 各々好きなところから滝を乗り越えていきます。

どんどん攻めるよー

どんどん攻めるよー

どんどん攻めるよー

本日初めてご一緒するkaolinさん、滝へ果敢にアタックしていきます。強いランナーさんは体幹もバッチリ、難なくと乗り越えていきます。

本日初めてご一緒するkaolinさん、滝へ果敢にアタックしていきます。強いランナーさんは体幹もバッチリ、難なくと乗り越えていきます。

本日初めてご一緒するkaolinさん、滝へ果敢にアタックしていきます。強いランナーさんは体幹もバッチリ、難なくと乗り越えていきます。

オープニングの芦屋地獄谷を終えて住吉川でしばしクールダウンしてからの…
5/40

オープニングの芦屋地獄谷を終えて住吉川でしばしクールダウンしてからの…

オープニングの芦屋地獄谷を終えて住吉川でしばしクールダウンしてからの…

田辺谷に突撃です。詳細不明!
6/40

田辺谷に突撃です。詳細不明!

田辺谷に突撃です。詳細不明!

なにやら楽しそうな滝が出現。当然の如く直登を開始する隊員たち。
7/40

なにやら楽しそうな滝が出現。当然の如く直登を開始する隊員たち。

なにやら楽しそうな滝が出現。当然の如く直登を開始する隊員たち。

しかし見た目通りまあまあ滑ります。油断禁物。
8/40

しかし見た目通りまあまあ滑ります。油断禁物。

しかし見た目通りまあまあ滑ります。油断禁物。

そして微かな踏み跡を辿り急斜面をゴリ押して行くも…
9/40

そして微かな踏み跡を辿り急斜面をゴリ押して行くも…

そして微かな踏み跡を辿り急斜面をゴリ押して行くも…

ココどこやねーん。道らしきものも見当たらず、進むも退くも出来ずのときめき隊、絶体絶命です。
10/40

ココどこやねーん。道らしきものも見当たらず、進むも退くも出来ずのときめき隊、絶体絶命です。

ココどこやねーん。道らしきものも見当たらず、進むも退くも出来ずのときめき隊、絶体絶命です。

とにかく笹藪の海にダイブします。
11/40

とにかく笹藪の海にダイブします。

とにかく笹藪の海にダイブします。

西おたふくの尾根に飛び出す。た、たすかった〜(棒
向こうに見えるのは六甲山最高峰。
12/40

西おたふくの尾根に飛び出す。た、たすかった〜(棒 向こうに見えるのは六甲山最高峰。

西おたふくの尾根に飛び出す。た、たすかった〜(棒 向こうに見えるのは六甲山最高峰。

西おたふく山で通りすがりのヒデブーさんが???
どうやら裏で隊長が計画してたようで、負傷中でコルセット装着してるにも関わらず、差し入れのドリンクを持って車で駆けつけてくれました。
本当にありがとうございます。コーラを美味しくいただきました。

西おたふく山で通りすがりのヒデブーさんが??? どうやら裏で隊長が計画してたようで、負傷中でコルセット装着してるにも関わらず、差し入れのドリンクを持って車で駆けつけてくれました。 本当にありがとうございます。コーラを美味しくいただきました。

西おたふく山で通りすがりのヒデブーさんが??? どうやら裏で隊長が計画してたようで、負傷中でコルセット装着してるにも関わらず、差し入れのドリンクを持って車で駆けつけてくれました。 本当にありがとうございます。コーラを美味しくいただきました。

極楽茶屋跡の前で休憩してるとeagleさん親子とバッタリお会いしました。隊との邂逅は初めてだそうで、皆で記念撮影です。

極楽茶屋跡の前で休憩してるとeagleさん親子とバッタリお会いしました。隊との邂逅は初めてだそうで、皆で記念撮影です。

極楽茶屋跡の前で休憩してるとeagleさん親子とバッタリお会いしました。隊との邂逅は初めてだそうで、皆で記念撮影です。

それでは後半戦の開始、紅葉谷を行きます。

それでは後半戦の開始、紅葉谷を行きます。

それでは後半戦の開始、紅葉谷を行きます。

「こっちいくでー」
「えっ?えっ?」
16/40

「こっちいくでー」 「えっ?えっ?」

「こっちいくでー」 「えっ?えっ?」

きゃーこわーい。
崩落して道が消失してました。この先に待つのは…
17/40

きゃーこわーい。 崩落して道が消失してました。この先に待つのは…

きゃーこわーい。 崩落して道が消失してました。この先に待つのは…

ででーん!百間滝です。25mかそれ以上の高さか、圧巻です。

ででーん!百間滝です。25mかそれ以上の高さか、圧巻です。

ででーん!百間滝です。25mかそれ以上の高さか、圧巻です。

じゅんきちさんのコマネチ、こんなところでいただきました。
走ると超早いストイックなランナーさんだと思ってましたが、実はめっちゃお茶目なお方です。

じゅんきちさんのコマネチ、こんなところでいただきました。 走ると超早いストイックなランナーさんだと思ってましたが、実はめっちゃお茶目なお方です。

じゅんきちさんのコマネチ、こんなところでいただきました。 走ると超早いストイックなランナーさんだと思ってましたが、実はめっちゃお茶目なお方です。

どんどん行くよー。

どんどん行くよー。

どんどん行くよー。

こちらは似位滝。緩い斜度で奥行きのある滝なのでカメラに収まりきりません。ここもなかなかの迫力。

こちらは似位滝。緩い斜度で奥行きのある滝なのでカメラに収まりきりません。ここもなかなかの迫力。

こちらは似位滝。緩い斜度で奥行きのある滝なのでカメラに収まりきりません。ここもなかなかの迫力。

良さそうな壺を見つけたので浸かってます。いい湯だなー♪
※風呂屋の水風呂並みの水温です
22/40

良さそうな壺を見つけたので浸かってます。いい湯だなー♪ ※風呂屋の水風呂並みの水温です

良さそうな壺を見つけたので浸かってます。いい湯だなー♪ ※風呂屋の水風呂並みの水温です

続いて白石谷へ突撃します。

続いて白石谷へ突撃します。

続いて白石谷へ突撃します。

さてこれはなんの写真でしょうか。

これは白石谷の水があまりにも綺麗だったので、水中撮影してみた写真です。信じられないほどの透明度です。
24/40

さてこれはなんの写真でしょうか。 これは白石谷の水があまりにも綺麗だったので、水中撮影してみた写真です。信じられないほどの透明度です。

さてこれはなんの写真でしょうか。 これは白石谷の水があまりにも綺麗だったので、水中撮影してみた写真です。信じられないほどの透明度です。

大迫力の渓谷。

大迫力の渓谷。

大迫力の渓谷。

来ました、本日のラスボスの白竜滝!これを登るそうです…

来ました、本日のラスボスの白竜滝!これを登るそうです…

来ました、本日のラスボスの白竜滝!これを登るそうです…

直上から襲いかかる水圧が強烈。なかなか本気(マジ)のシャワークライミングでした。

直上から襲いかかる水圧が強烈。なかなか本気(マジ)のシャワークライミングでした。

直上から襲いかかる水圧が強烈。なかなか本気(マジ)のシャワークライミングでした。

存在感のあるこの大岩が見えたら尾根に乗って最高峰をひたすら目指すだけ。

存在感のあるこの大岩が見えたら尾根に乗って最高峰をひたすら目指すだけ。

存在感のあるこの大岩が見えたら尾根に乗って最高峰をひたすら目指すだけ。

「あとどれくらいあんのー?」
「もうちょっとですよ!」
というやりとり5分毎に交わしながらまあまあ長い痩せ尾根を行く。

「あとどれくらいあんのー?」 「もうちょっとですよ!」 というやりとり5分毎に交わしながらまあまあ長い痩せ尾根を行く。

「あとどれくらいあんのー?」 「もうちょっとですよ!」 というやりとり5分毎に交わしながらまあまあ長い痩せ尾根を行く。

やーっと着いたー!けど上空に雨雲が立ち込めゴロゴロと雷も鳴り始める。早々に下のトイレへ。

やーっと着いたー!けど上空に雨雲が立ち込めゴロゴロと雷も鳴り始める。早々に下のトイレへ。

やーっと着いたー!けど上空に雨雲が立ち込めゴロゴロと雷も鳴り始める。早々に下のトイレへ。

雨雲も通り過ぎて一安心。ここでこの日の行程はほぼ終了です。あとは下山するだけ。

雨雲も通り過ぎて一安心。ここでこの日の行程はほぼ終了です。あとは下山するだけ。

雨雲も通り過ぎて一安心。ここでこの日の行程はほぼ終了です。あとは下山するだけ。

下りで唐突に始まったippeioさんとダウンヒルバトル。
32/40

下りで唐突に始まったippeioさんとダウンヒルバトル。

下りで唐突に始まったippeioさんとダウンヒルバトル。

一軒茶屋から七曲り登り口の住吉川まで・・下りが得意なippeioさん、流石に追いつくことはできなかったですが、めっちゃ楽しかったー!

一軒茶屋から七曲り登り口の住吉川まで・・下りが得意なippeioさん、流石に追いつくことはできなかったですが、めっちゃ楽しかったー!

一軒茶屋から七曲り登り口の住吉川まで・・下りが得意なippeioさん、流石に追いつくことはできなかったですが、めっちゃ楽しかったー!

そしてクールダウン・・・

そしてクールダウン・・・

そしてクールダウン・・・

ここで隊長たちと別れを告げて走って降りる組と共に駆け下ります。

ここで隊長たちと別れを告げて走って降りる組と共に駆け下ります。

ここで隊長たちと別れを告げて走って降りる組と共に駆け下ります。

風吹岩でお別れです。お疲れ様でした。

風吹岩でお別れです。お疲れ様でした。

風吹岩でお別れです。お疲れ様でした。

あとは一人で一気に駆け下ります。って、まだ走れる余力が残ってるってのが自分でも驚き。

あとは一人で一気に駆け下ります。って、まだ走れる余力が残ってるってのが自分でも驚き。

あとは一人で一気に駆け下ります。って、まだ走れる余力が残ってるってのが自分でも驚き。

阪急芦屋川駅前。帰ってきました。

阪急芦屋川駅前。帰ってきました。

阪急芦屋川駅前。帰ってきました。

おまけ①
岩の間にハマって助けを求める人

おまけ① 岩の間にハマって助けを求める人

おまけ① 岩の間にハマって助けを求める人

おまけ②
ミミズ丸呑み捕食中のトカゲさん
40/40

おまけ② ミミズ丸呑み捕食中のトカゲさん

おまけ② ミミズ丸呑み捕食中のトカゲさん

毎度お馴染み、高座の滝からスタートです。

まずは芦屋地獄谷から、軽いウォーミングアップ。 各々好きなところから滝を乗り越えていきます。

どんどん攻めるよー

本日初めてご一緒するkaolinさん、滝へ果敢にアタックしていきます。強いランナーさんは体幹もバッチリ、難なくと乗り越えていきます。

オープニングの芦屋地獄谷を終えて住吉川でしばしクールダウンしてからの…

田辺谷に突撃です。詳細不明!

なにやら楽しそうな滝が出現。当然の如く直登を開始する隊員たち。

しかし見た目通りまあまあ滑ります。油断禁物。

そして微かな踏み跡を辿り急斜面をゴリ押して行くも…

ココどこやねーん。道らしきものも見当たらず、進むも退くも出来ずのときめき隊、絶体絶命です。

とにかく笹藪の海にダイブします。

西おたふくの尾根に飛び出す。た、たすかった〜(棒 向こうに見えるのは六甲山最高峰。

西おたふく山で通りすがりのヒデブーさんが??? どうやら裏で隊長が計画してたようで、負傷中でコルセット装着してるにも関わらず、差し入れのドリンクを持って車で駆けつけてくれました。 本当にありがとうございます。コーラを美味しくいただきました。

極楽茶屋跡の前で休憩してるとeagleさん親子とバッタリお会いしました。隊との邂逅は初めてだそうで、皆で記念撮影です。

それでは後半戦の開始、紅葉谷を行きます。

「こっちいくでー」 「えっ?えっ?」

きゃーこわーい。 崩落して道が消失してました。この先に待つのは…

ででーん!百間滝です。25mかそれ以上の高さか、圧巻です。

じゅんきちさんのコマネチ、こんなところでいただきました。 走ると超早いストイックなランナーさんだと思ってましたが、実はめっちゃお茶目なお方です。

どんどん行くよー。

こちらは似位滝。緩い斜度で奥行きのある滝なのでカメラに収まりきりません。ここもなかなかの迫力。

良さそうな壺を見つけたので浸かってます。いい湯だなー♪ ※風呂屋の水風呂並みの水温です

続いて白石谷へ突撃します。

さてこれはなんの写真でしょうか。 これは白石谷の水があまりにも綺麗だったので、水中撮影してみた写真です。信じられないほどの透明度です。

大迫力の渓谷。

来ました、本日のラスボスの白竜滝!これを登るそうです…

直上から襲いかかる水圧が強烈。なかなか本気(マジ)のシャワークライミングでした。

存在感のあるこの大岩が見えたら尾根に乗って最高峰をひたすら目指すだけ。

「あとどれくらいあんのー?」 「もうちょっとですよ!」 というやりとり5分毎に交わしながらまあまあ長い痩せ尾根を行く。

やーっと着いたー!けど上空に雨雲が立ち込めゴロゴロと雷も鳴り始める。早々に下のトイレへ。

雨雲も通り過ぎて一安心。ここでこの日の行程はほぼ終了です。あとは下山するだけ。

下りで唐突に始まったippeioさんとダウンヒルバトル。

一軒茶屋から七曲り登り口の住吉川まで・・下りが得意なippeioさん、流石に追いつくことはできなかったですが、めっちゃ楽しかったー!

そしてクールダウン・・・

ここで隊長たちと別れを告げて走って降りる組と共に駆け下ります。

風吹岩でお別れです。お疲れ様でした。

あとは一人で一気に駆け下ります。って、まだ走れる余力が残ってるってのが自分でも驚き。

阪急芦屋川駅前。帰ってきました。

おまけ① 岩の間にハマって助けを求める人

おまけ② ミミズ丸呑み捕食中のトカゲさん

類似するルートを通った活動日記