大船山・北大船山 (今水登山口から東尾根ルート)

2021.07.28(水) 日帰り

 2017年7月に初めてこのルートを登って、好きな山道だったが年に1回の機会しか無かった。1人登山は、もちろん初めてだ。  スタートして、すぐ驚いたのが、大雨の被害だ。長者原も大きかったが、ここも凄い。登山道ギリギリに崩れていた。登って分かった事だが、土砂崩れは、もう一箇所出会う。風穴から今水登山口に向かう途中で、上峠・白水鉱泉との分岐の所だ。そこは、もっと広く、長い崩れだ。    同じ道を歩きたくないので、登りにガラン台・入山公園の分岐の方へ回る道を登るが、結構長いコンクリート道もあった。  『風穴・黒岳』の標識が目印に、右に折れる。赤いリボンもある。一気に大船山山頂を目指す。  途中、右側に高い山々が見えてくるが、先輩が、それらが見える様子で、自分のいる場所の高さがわかるよ❗️と、教えて頂いた事を思い出す。  御池が見え隠れすると、山頂だ。  山頂は、1人占めかと思いきや、坊ガツルでキャンプして登頂された方が待ってらした。『誰か上がって来ないかなぁ⁉︎写真を撮って欲しいなぁ。と、思ってました』と、声かけされた。  記念すべき写真が増えた。  下山は、北大船山に登って、段原から風穴方面にいつものように降りて、分岐で初めての道になる岳麓寺登山口の方へ向かう。そして、凄い広い土砂崩れの現場と出会い、登山道も切れてしまったようだか、白いガレ場に新しいリボンと赤いペンキで印が付けられていたので、安心した。最初は驚いたが、昨年の10月、天狗岩直下に出る登山の時、このガレ場を歩いた事を思い出した。まだ、リボンは無かった。  そして、東尾根ルートの分岐に出て、今水登山口まで素直に下山する。  今回、やっと大船山に向かういろんな登山口の道筋が、頭の中で繋がり、地形が理解できた気がする。その事が、とても嬉しい。  残念だけど、御池の写真を撮り忘れた。後で、とすると、そこをまた通過するなら良いが、しない時は後悔する事となる。 以後、注意しよう!

スタートして、すぐ、雨の爪痕発見。

スタートして、すぐ、雨の爪痕発見。

スタートして、すぐ、雨の爪痕発見。

以前は、緑一色だったのに。

以前は、緑一色だったのに。

以前は、緑一色だったのに。

すぐ、近くに起きた土砂崩れの様子①

すぐ、近くに起きた土砂崩れの様子①

すぐ、近くに起きた土砂崩れの様子①

土砂崩れの様子②

土砂崩れの様子②

土砂崩れの様子②

土砂崩れの様子③

土砂崩れの様子③

土砂崩れの様子③

土砂崩れの様子④

土砂崩れの様子④

土砂崩れの様子④

土砂崩れの様子⑤

土砂崩れの様子⑤

土砂崩れの様子⑤

山道へスタート。登山口‼️

山道へスタート。登山口‼️

山道へスタート。登山口‼️

登山口の土砂崩れの始まりの様子①

登山口の土砂崩れの始まりの様子①

登山口の土砂崩れの始まりの様子①

ざっくり切ったように崩れてる②

ざっくり切ったように崩れてる②

ざっくり切ったように崩れてる②

崩れた先の様子③

崩れた先の様子③

崩れた先の様子③

素晴らしい急登!

素晴らしい急登!

素晴らしい急登!

印がありがたい。

印がありがたい。

印がありがたい。

標識に説明されてるコンクリート道。

標識に説明されてるコンクリート道。

標識に説明されてるコンクリート道。

岳麓寺登山口へ下る分岐。

岳麓寺登山口へ下る分岐。

岳麓寺登山口へ下る分岐。

この標識が東尾根ルートの入り口の目印。
下山は、風穴方面から此処で合流する。

この標識が東尾根ルートの入り口の目印。 下山は、風穴方面から此処で合流する。

この標識が東尾根ルートの入り口の目印。 下山は、風穴方面から此処で合流する。

東尾根ルートに入る。

東尾根ルートに入る。

東尾根ルートに入る。

高塚山と天狗岩だと思う。

高塚山と天狗岩だと思う。

高塚山と天狗岩だと思う。

やっと、下に見えてきた。

やっと、下に見えてきた。

やっと、下に見えてきた。

遠くに由布岳。
つい、寄せて撮ってしまい、今、後悔。
でも、美しさは、これくらいの大きさでみたかった😅

遠くに由布岳。 つい、寄せて撮ってしまい、今、後悔。 でも、美しさは、これくらいの大きさでみたかった😅

遠くに由布岳。 つい、寄せて撮ってしまい、今、後悔。 でも、美しさは、これくらいの大きさでみたかった😅

この辺りの前後、ロープ道。

この辺りの前後、ロープ道。

この辺りの前後、ロープ道。

大船山山頂。

大船山山頂。

大船山山頂。

三俣山。

三俣山。

三俣山。

左から、稲星山、久住山、中岳。

左から、稲星山、久住山、中岳。

左から、稲星山、久住山、中岳。

記念の1枚。

記念の1枚。

記念の1枚。

もう1枚。

もう1枚。

もう1枚。

北大船山。

北大船山。

北大船山。

北大船山山頂。

北大船山山頂。

北大船山山頂。

大船山。

大船山。

大船山。

今日は、岳麓寺登山口方面へ。

今日は、岳麓寺登山口方面へ。

今日は、岳麓寺登山口方面へ。

上流の土砂崩れ①

上流の土砂崩れ①

上流の土砂崩れ①

土砂崩れ②

土砂崩れ②

土砂崩れ②

ガレ場に出る所から、印有り。
振り返ると見える印①

ガレ場に出る所から、印有り。 振り返ると見える印①

ガレ場に出る所から、印有り。 振り返ると見える印①

土砂崩れのど真ん中にリボン🎀、②

土砂崩れのど真ん中にリボン🎀、②

土砂崩れのど真ん中にリボン🎀、②

先々に印有り、③

先々に印有り、③

先々に印有り、③

見つけながら、安心感も!④

見つけながら、安心感も!④

見つけながら、安心感も!④

印、⑤

印、⑤

印、⑤

印、⑥

印、⑥

印、⑥

印、⑦

印、⑦

印、⑦

印、⑧

印、⑧

印、⑧

印、⑨

印、⑨

印、⑨

印、⑩

印、⑩

印、⑩

岳麓寺登山口方面の山道に入る。

岳麓寺登山口方面の山道に入る。

岳麓寺登山口方面の山道に入る。

13時なのに夕方と思うくらい、鬱蒼としている。

13時なのに夕方と思うくらい、鬱蒼としている。

13時なのに夕方と思うくらい、鬱蒼としている。

大きな岩が、ゴロゴロ。

大きな岩が、ゴロゴロ。

大きな岩が、ゴロゴロ。

風穴・黒岳標識の下に張る根っこは、以前のまま!
この根っこを踏んで上がる!

風穴・黒岳標識の下に張る根っこは、以前のまま! この根っこを踏んで上がる!

風穴・黒岳標識の下に張る根っこは、以前のまま! この根っこを踏んで上がる!

コンクリート道がありますよ。と、説明してある標識。

コンクリート道がありますよ。と、説明してある標識。

コンクリート道がありますよ。と、説明してある標識。

朝、この標識から左へ行く。

朝、この標識から左へ行く。

朝、この標識から左へ行く。

スタートして、すぐ、雨の爪痕発見。

以前は、緑一色だったのに。

すぐ、近くに起きた土砂崩れの様子①

土砂崩れの様子②

土砂崩れの様子③

土砂崩れの様子④

土砂崩れの様子⑤

山道へスタート。登山口‼️

登山口の土砂崩れの始まりの様子①

ざっくり切ったように崩れてる②

崩れた先の様子③

素晴らしい急登!

印がありがたい。

標識に説明されてるコンクリート道。

岳麓寺登山口へ下る分岐。

この標識が東尾根ルートの入り口の目印。 下山は、風穴方面から此処で合流する。

東尾根ルートに入る。

高塚山と天狗岩だと思う。

やっと、下に見えてきた。

遠くに由布岳。 つい、寄せて撮ってしまい、今、後悔。 でも、美しさは、これくらいの大きさでみたかった😅

この辺りの前後、ロープ道。

大船山山頂。

三俣山。

左から、稲星山、久住山、中岳。

記念の1枚。

もう1枚。

北大船山。

北大船山山頂。

大船山。

今日は、岳麓寺登山口方面へ。

上流の土砂崩れ①

土砂崩れ②

ガレ場に出る所から、印有り。 振り返ると見える印①

土砂崩れのど真ん中にリボン🎀、②

先々に印有り、③

見つけながら、安心感も!④

印、⑤

印、⑥

印、⑦

印、⑧

印、⑨

印、⑩

岳麓寺登山口方面の山道に入る。

13時なのに夕方と思うくらい、鬱蒼としている。

大きな岩が、ゴロゴロ。

風穴・黒岳標識の下に張る根っこは、以前のまま! この根っこを踏んで上がる!

コンクリート道がありますよ。と、説明してある標識。

朝、この標識から左へ行く。

類似するルートを通った活動日記