赤岳(八ヶ岳)

2021.07.25(日) 2 DAYS

活動データ

タイム

11:57

距離

17.9km

上り

1586m

下り

1582m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 19
休憩時間
28
距離
7.0 km
上り / 下り
778 / 49 m
DAY 2
合計時間
8 時間 37
休憩時間
2 時間 1
距離
10.8 km
上り / 下り
808 / 1531 m
51
31
1 45
2 39
2

活動詳細

すべて見る

7月26日(月) 八ヶ岳の主峰・赤岳。標高2899m。これまでは赤岳の北側にある硫黄岳(2742m)が僕にとっての最高峰だったけど、それを更新。日本百名山は区切りの10座目。先週の至仏山に続いて最高の天気。本当に恵まれている🤗。 前日(25日-日曜)、新宿7時発のあずさ1号で茅野へ。途中遅れてバスへの乗り継ぎ時間がわずかになったけど、まあ無事に美濃戸口に着いた。茅野で降りる人は結構いたけど、美濃戸口へ向かうバスには1/3も乗ってなかった。ここからあちこち行くんだな~🤔。 この日は赤岳鉱泉泊。北沢コース、水の流れる涼しい音を聞きながら歩く。上を見上げれば真っ青な空と白い雲。遠くには明日登る赤岳やいつか登りたい横岳が見える。赤岳鉱泉には1時半には到着。 夕飯は、期待していたステーキ🥩。ボリュームたっぷり。山で肉を焼いて食べられるなんて、幸せ以外の言葉がない。食後は、暮れゆく山の景色を楽しむ。 夜9時に消灯。部屋は真っ暗闇に。トイレまでの廊下にはうっすらと明かりがついてるけど、部屋で寝ている誰かを踏まないためにもヘッドライトは必要。 ☆ ☆ ちょうど日の出くらいの時間、4時54分に赤岳鉱泉を出発。目指す赤岳にはこの時間は雲がかかってた。用意してもらった朝食は途中の行者小屋で。この頃から青空が広がってきた。地蔵尾根で山頂に向かう。途中から結構な登り。これまでの山に比べると緊張する時間が長い。地蔵の頭を過ぎて赤岳展望荘で休憩。ちょっと右手、雲海の上に富士山が見えている。これが見れただけでさっきの疲れが吹っ飛ぶ。 そして朝8時に山頂到着。もう言葉はいらない。大半は雲の下だけど、360度の眺望。雲好きにはこれだけで最高。いつまでもここにいたい。あ~、でも帰らなきゃならないんだよね😂。 40分ほど山頂を堪能して、下山開始。帰りは文三郎道で行者小屋経由、南沢コースで美濃戸口へ戻った。 yatsugatake J&Nでサッパリしたあと食事。生ビール🍺と特製カレー🍛。ここは宿泊もできるし、いつか泊まってみたいな~。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。