霧降高原から赤薙山・女峰山そして丸山

2021.07.25(日) 日帰り

連休最終日は地元栃木の霧降高原から女峰山に登って来ました。 コースは長めですが、木々で覆われた道も多く、この時期でも歩き易かったです。 山頂では、千葉県からお越しの方と一緒に写真を撮ったり、水戸からお越しの方、神奈川からお越しの方と楽しく話をさせて頂きました。 帰路は1,445段の階段を下山する予定でしたが、赤薙山でお会いした同じ栃木からお越しの女性の進めもあり丸山経由で下山しました。 丸山山頂までは観光客の姿もありましたが、八平ヶ原方面に下山する人は無く、貸し切り状態でレストハウスまで下山しました。 皆さん1,445段の階段を往復される方が殆どですが、是非、丸山経由での下山をお勧めします。

まずは1,445段の階段登りからスタートです。

まずは1,445段の階段登りからスタートです。

まずは1,445段の階段登りからスタートです。

うっすらと明るくなってきてます。

うっすらと明るくなってきてます。

うっすらと明るくなってきてます。

先は長いです。

先は長いです。

先は長いです。

御来光です。
綺麗に昇って来ました。

御来光です。 綺麗に昇って来ました。

御来光です。 綺麗に昇って来ました。

1,445段終了です。
30分かかりました。

1,445段終了です。 30分かかりました。

1,445段終了です。 30分かかりました。

また階段です。
目指す山ははるか先です。

また階段です。 目指す山ははるか先です。

また階段です。 目指す山ははるか先です。

動物避けをくぐっていよい本格的?な山登りスタートです。

動物避けをくぐっていよい本格的?な山登りスタートです。

動物避けをくぐっていよい本格的?な山登りスタートです。

小丸山に到着です。

小丸山に到着です。

小丸山に到着です。

雲海が綺麗に広がってました。

雲海が綺麗に広がってました。

雲海が綺麗に広がってました。

コバギボウシですか?

コバギボウシですか?

コバギボウシですか?

赤薙山に到着です。
まだ半分来てません。

赤薙山に到着です。 まだ半分来てません。

赤薙山に到着です。 まだ半分来てません。

大きな岩でした。

大きな岩でした。

大きな岩でした。

コース半分半分木々で覆われて日差しを受けず歩き易いです。

コース半分半分木々で覆われて日差しを受けず歩き易いです。

コース半分半分木々で覆われて日差しを受けず歩き易いです。

シヤクナゲも咲いてました。

シヤクナゲも咲いてました。

シヤクナゲも咲いてました。

一理ヶ曽根独標に到着です。

一理ヶ曽根独標に到着です。

一理ヶ曽根独標に到着です。

登りづらい場所でした。
そして下りは滑りました。

登りづらい場所でした。 そして下りは滑りました。

登りづらい場所でした。 そして下りは滑りました。

ようやく見えて来た感じです。

ようやく見えて来た感じです。

ようやく見えて来た感じです。

可愛い花が咲いてました。

可愛い花が咲いてました。

可愛い花が咲いてました。

登って来た道をを振り返って見ました。
登山道も登って来てます。

登って来た道をを振り返って見ました。 登山道も登って来てます。

登って来た道をを振り返って見ました。 登山道も登って来てます。

山頂下の祠です。

山頂下の祠です。

山頂下の祠です。

直ぐ上、山頂です。

直ぐ上、山頂です。

直ぐ上、山頂です。

3年ぶりの山頂です。
約4時間かかりました。

3年ぶりの山頂です。 約4時間かかりました。

3年ぶりの山頂です。 約4時間かかりました。

燧ヶ岳が見えました。

燧ヶ岳が見えました。

燧ヶ岳が見えました。

日光白根山や戦場ヶ原が良く見えてました。
この後、雲で隠れてしまいました。

日光白根山や戦場ヶ原が良く見えてました。 この後、雲で隠れてしまいました。

日光白根山や戦場ヶ原が良く見えてました。 この後、雲で隠れてしまいました。

たまたまトンボが写りました。
い~ぱい飛んでました。

たまたまトンボが写りました。 い~ぱい飛んでました。

たまたまトンボが写りました。 い~ぱい飛んでました。

下山に備えてエネルギーの補給です。
定番の甘納豆、チーズに加えホームパイ、アップルジュースで後半も頑張ります。

下山に備えてエネルギーの補給です。 定番の甘納豆、チーズに加えホームパイ、アップルジュースで後半も頑張ります。

下山に備えてエネルギーの補給です。 定番の甘納豆、チーズに加えホームパイ、アップルジュースで後半も頑張ります。

こんな花も咲いてました。

こんな花も咲いてました。

こんな花も咲いてました。

下山開始です。

下山開始です。

下山開始です。

何の花ですかね?

何の花ですかね?

何の花ですかね?

山頂に近い場所で地図を拾いました。
ゴミとして持ち帰りました。
心当たりの方、連絡下さい。

山頂に近い場所で地図を拾いました。 ゴミとして持ち帰りました。 心当たりの方、連絡下さい。

山頂に近い場所で地図を拾いました。 ゴミとして持ち帰りました。 心当たりの方、連絡下さい。

奥社跡まで下りて来ました。
残り半分です。

奥社跡まで下りて来ました。 残り半分です。

奥社跡まで下りて来ました。 残り半分です。

赤薙山まで50mと書かれてます。

赤薙山まで50mと書かれてます。

赤薙山まで50mと書かれてます。

景色は真っ白です。

景色は真っ白です。

景色は真っ白です。

朝は左寄りのコースで登り見落としてました。

朝は左寄りのコースで登り見落としてました。

朝は左寄りのコースで登り見落としてました。

ここにも祠が有りました。

ここにも祠が有りました。

ここにも祠が有りました。

あちらこちらで見かけました。
見頃です。

あちらこちらで見かけました。 見頃です。

あちらこちらで見かけました。 見頃です。

こんな花も咲いてました。

こんな花も咲いてました。

こんな花も咲いてました。

丸山への分岐です。
赤薙山でお話した栃木からの女性4人組の進めもあり、今回は丸山を登ってから下山します。

丸山への分岐です。 赤薙山でお話した栃木からの女性4人組の進めもあり、今回は丸山を登ってから下山します。

丸山への分岐です。 赤薙山でお話した栃木からの女性4人組の進めもあり、今回は丸山を登ってから下山します。

ノリウツギって言うですかね?
丸山に進むと結構咲いてました。

ノリウツギって言うですかね? 丸山に進むと結構咲いてました。

ノリウツギって言うですかね? 丸山に進むと結構咲いてました。

こんな橋もかかり、観光の方も結構登ってました。

こんな橋もかかり、観光の方も結構登ってました。

こんな橋もかかり、観光の方も結構登ってました。

山頂までこんな感じの道です。

山頂までこんな感じの道です。

山頂までこんな感じの道です。

約20分で、丸山山頂です。

約20分で、丸山山頂です。

約20分で、丸山山頂です。

視界は真っ白。

視界は真っ白。

視界は真っ白。

山頂広めでベンチも設置されてます。
ここから八平ヶ原に進みます。

山頂広めでベンチも設置されてます。 ここから八平ヶ原に進みます。

山頂広めでベンチも設置されてます。 ここから八平ヶ原に進みます。

踏みそうでした。
何かの幼虫です。

踏みそうでした。 何かの幼虫です。

踏みそうでした。 何かの幼虫です。

階段です。
足にキツイです。

階段です。 足にキツイです。

階段です。 足にキツイです。

殆どがこんな感じの道です。
誰のにも会いません。貸し切り状態のコースです。

殆どがこんな感じの道です。 誰のにも会いません。貸し切り状態のコースです。

殆どがこんな感じの道です。 誰のにも会いません。貸し切り状態のコースです。

八平ヶ原に到着。

八平ヶ原に到着。

八平ヶ原に到着。

こんな感じの草原?です。
女峰山の帰りに是非‼️

こんな感じの草原?です。 女峰山の帰りに是非‼️

こんな感じの草原?です。 女峰山の帰りに是非‼️

高原ハウスを目指して、どんどん下山します。

高原ハウスを目指して、どんどん下山します。

高原ハウスを目指して、どんどん下山します。

下山終了です。
1日、良く歩きました。

下山終了です。 1日、良く歩きました。

下山終了です。 1日、良く歩きました。

まずは1,445段の階段登りからスタートです。

うっすらと明るくなってきてます。

先は長いです。

御来光です。 綺麗に昇って来ました。

1,445段終了です。 30分かかりました。

また階段です。 目指す山ははるか先です。

動物避けをくぐっていよい本格的?な山登りスタートです。

小丸山に到着です。

雲海が綺麗に広がってました。

コバギボウシですか?

赤薙山に到着です。 まだ半分来てません。

大きな岩でした。

コース半分半分木々で覆われて日差しを受けず歩き易いです。

シヤクナゲも咲いてました。

一理ヶ曽根独標に到着です。

登りづらい場所でした。 そして下りは滑りました。

ようやく見えて来た感じです。

可愛い花が咲いてました。

登って来た道をを振り返って見ました。 登山道も登って来てます。

山頂下の祠です。

直ぐ上、山頂です。

3年ぶりの山頂です。 約4時間かかりました。

燧ヶ岳が見えました。

日光白根山や戦場ヶ原が良く見えてました。 この後、雲で隠れてしまいました。

たまたまトンボが写りました。 い~ぱい飛んでました。

下山に備えてエネルギーの補給です。 定番の甘納豆、チーズに加えホームパイ、アップルジュースで後半も頑張ります。

こんな花も咲いてました。

下山開始です。

何の花ですかね?

山頂に近い場所で地図を拾いました。 ゴミとして持ち帰りました。 心当たりの方、連絡下さい。

奥社跡まで下りて来ました。 残り半分です。

赤薙山まで50mと書かれてます。

景色は真っ白です。

朝は左寄りのコースで登り見落としてました。

ここにも祠が有りました。

あちらこちらで見かけました。 見頃です。

こんな花も咲いてました。

丸山への分岐です。 赤薙山でお話した栃木からの女性4人組の進めもあり、今回は丸山を登ってから下山します。

ノリウツギって言うですかね? 丸山に進むと結構咲いてました。

こんな橋もかかり、観光の方も結構登ってました。

山頂までこんな感じの道です。

約20分で、丸山山頂です。

視界は真っ白。

山頂広めでベンチも設置されてます。 ここから八平ヶ原に進みます。

踏みそうでした。 何かの幼虫です。

階段です。 足にキツイです。

殆どがこんな感じの道です。 誰のにも会いません。貸し切り状態のコースです。

八平ヶ原に到着。

こんな感じの草原?です。 女峰山の帰りに是非‼️

高原ハウスを目指して、どんどん下山します。

下山終了です。 1日、良く歩きました。

類似するルートを通った活動日記