暑いけど、登山体力維持のため【大城山(四王寺山)⇒岩屋山】

2021.07.25(日) 日帰り

梅雨が明け、倒れそうなくらい暑い日が続くようになりましたね💦仕事で連休がなくて、くじゅうとか大きいお山に行きづらい…というか、登山口まで遠いから気乗りせずに近場のお山で体力維持を図ろうかと、四王寺山に行ってきました😅 その代わり、登山口まで歩こうかと…😅 とにかく、暑い🔥☀️

御笠川

御笠川

御笠川

四王寺山は歴史のある山なんです。
四王寺山は、福岡県太宰府市・大野城市・糟屋郡宇美町にまたがる標高410mの山。構造的には最高点のある大城山(おおきやま)を中心に岩屋山・水瓶山・大原山と呼ばれる4つの山から構成されており、それらを別個の山とみなして一帯の山地の総称として四王寺山脈・四王寺山地と呼称する場合もある。

四王寺山は歴史のある山なんです。 四王寺山は、福岡県太宰府市・大野城市・糟屋郡宇美町にまたがる標高410mの山。構造的には最高点のある大城山(おおきやま)を中心に岩屋山・水瓶山・大原山と呼ばれる4つの山から構成されており、それらを別個の山とみなして一帯の山地の総称として四王寺山脈・四王寺山地と呼称する場合もある。

四王寺山は歴史のある山なんです。 四王寺山は、福岡県太宰府市・大野城市・糟屋郡宇美町にまたがる標高410mの山。構造的には最高点のある大城山(おおきやま)を中心に岩屋山・水瓶山・大原山と呼ばれる4つの山から構成されており、それらを別個の山とみなして一帯の山地の総称として四王寺山脈・四王寺山地と呼称する場合もある。

牛頸ダムから歩いてきました😅
まだ、麓ですけどすでに疲れもあり…

牛頸ダムから歩いてきました😅 まだ、麓ですけどすでに疲れもあり…

牛頸ダムから歩いてきました😅 まだ、麓ですけどすでに疲れもあり…

展望の良いところは何ヵ所かあります。

展望の良いところは何ヵ所かあります。

展望の良いところは何ヵ所かあります。

山頂到着。

山頂到着。

山頂到着。

なかなかの眺望😌

なかなかの眺望😌

なかなかの眺望😌

山頂標識。標高410m!

山頂標識。標高410m!

山頂標識。標高410m!

山全体がお城の跡になっている。

山全体がお城の跡になっている。

山全体がお城の跡になっている。

古代の山城

古代の山城

古代の山城

高橋紹運と家臣が壮絶な最期を遂げた合戦の地。四王寺山の中腹に築かれた戦国期の山城跡。宝満山城の支城として豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって築城された。1586年九州制圧を目指す島津勢5万の大軍を相手に当時城主であった高橋紹運と760余名の家臣は篭城し、14日間の激戦の末、全員討死した。現在、本丸跡に石碑、二の丸跡に紹運と家臣の墓がある。

高橋紹運と家臣が壮絶な最期を遂げた合戦の地。四王寺山の中腹に築かれた戦国期の山城跡。宝満山城の支城として豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって築城された。1586年九州制圧を目指す島津勢5万の大軍を相手に当時城主であった高橋紹運と760余名の家臣は篭城し、14日間の激戦の末、全員討死した。現在、本丸跡に石碑、二の丸跡に紹運と家臣の墓がある。

高橋紹運と家臣が壮絶な最期を遂げた合戦の地。四王寺山の中腹に築かれた戦国期の山城跡。宝満山城の支城として豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって築城された。1586年九州制圧を目指す島津勢5万の大軍を相手に当時城主であった高橋紹運と760余名の家臣は篭城し、14日間の激戦の末、全員討死した。現在、本丸跡に石碑、二の丸跡に紹運と家臣の墓がある。

眺めは最高。敵が攻めてきても一目瞭然だったでしょうね!

眺めは最高。敵が攻めてきても一目瞭然だったでしょうね!

眺めは最高。敵が攻めてきても一目瞭然だったでしょうね!

脊振山などが見える。

脊振山などが見える。

脊振山などが見える。

基山、九千部山が見える

基山、九千部山が見える

基山、九千部山が見える

耳納連山は奥。

耳納連山は奥。

耳納連山は奥。

うっすらはくじゅう連山らしい…
今日の眺めはサイコー3150😃⤴️⤴️

うっすらはくじゅう連山らしい… 今日の眺めはサイコー3150😃⤴️⤴️

うっすらはくじゅう連山らしい… 今日の眺めはサイコー3150😃⤴️⤴️

宝満山。

宝満山。

宝満山。

大宰府政庁跡。

大宰府政庁跡。

大宰府政庁跡。

今日は暑かったですけど、台風の影響か?風があって林間は涼しかった😌

今日は暑かったですけど、台風の影響か?風があって林間は涼しかった😌

今日は暑かったですけど、台風の影響か?風があって林間は涼しかった😌

御笠川

四王寺山は歴史のある山なんです。 四王寺山は、福岡県太宰府市・大野城市・糟屋郡宇美町にまたがる標高410mの山。構造的には最高点のある大城山(おおきやま)を中心に岩屋山・水瓶山・大原山と呼ばれる4つの山から構成されており、それらを別個の山とみなして一帯の山地の総称として四王寺山脈・四王寺山地と呼称する場合もある。

牛頸ダムから歩いてきました😅 まだ、麓ですけどすでに疲れもあり…

展望の良いところは何ヵ所かあります。

山頂到着。

なかなかの眺望😌

山頂標識。標高410m!

山全体がお城の跡になっている。

古代の山城

高橋紹運と家臣が壮絶な最期を遂げた合戦の地。四王寺山の中腹に築かれた戦国期の山城跡。宝満山城の支城として豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって築城された。1586年九州制圧を目指す島津勢5万の大軍を相手に当時城主であった高橋紹運と760余名の家臣は篭城し、14日間の激戦の末、全員討死した。現在、本丸跡に石碑、二の丸跡に紹運と家臣の墓がある。

眺めは最高。敵が攻めてきても一目瞭然だったでしょうね!

脊振山などが見える。

基山、九千部山が見える

耳納連山は奥。

うっすらはくじゅう連山らしい… 今日の眺めはサイコー3150😃⤴️⤴️

宝満山。

大宰府政庁跡。

今日は暑かったですけど、台風の影響か?風があって林間は涼しかった😌

類似するルートを通った活動日記