八ヶ岳連峰のひとつ、硫黄岳へ。 桜平登山口から登りました。 登山口に到着したのは午前7時くらいでしたが、既に桜平駐車場(上、中)は満車で、路肩駐車の車がチラホラ。 桜平駐車場(下)から登山口までは歩いて行くとかなりの距離があるので、心配な方は朝早く到着された方がいいと思います。 桜平駐車場のトイレは、新型コロナウイルス感染防止のため使用できません。 まずは舗装されたコンクリ道を進み、夏沢鉱泉へ。 ここで登山者カードを記入し、先へ進みます。 (軌跡は夏沢鉱泉をスタートにしています。) 木々に囲まれた登山道をひたすら登り、オーレン小屋を目指します。 オーレン小屋では、テントがたくさん立てられていました。 宿泊者以外も、トイレは200円で使用できます。 オーレン小屋をさらに登ってしばらくすると、赤岩の頭という開けた絶景スポットに出ます。 岩道を登ると、いよいよ硫黄岳の山頂。 ずっと登りが続いたので結構キツかった。 せっかくなので硫黄岳山荘へ寄り道しました。 高山植物(コマクサなど)がしっとりと綺麗に咲いているのを、すれ違ったマダムに教えてもらいました。 下山は夏沢峠を経由する道へ。岩の道が続くので滑らないよう慎重に。 途中から雨に降られ、レインウェアやザックカバーの出番がきました。 帰りは夏沢鉱泉に立ち寄り、名物の梅ソーダを注文しました。

類似するルートを通った活動日記