山陰海岸つぎはぎカヤック 豊岡~久美浜

2021.07.23(金) 日帰り

活動データ

タイム

08:27

距離

38.4km

上り

1069m

下り

1079m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 27
休憩時間
2 時間 53
距離
38.4 km
上り / 下り
1069 / 1079 m
8 27

活動詳細

すべて見る

 山陰海岸つぎはぎカヤック2日目。夏の車中泊は、やはり暑い。モバイル扇風機をずっと、顔にあてるようにして、眠る。  朝、思ったより早く目が覚め、朝日が昇るところを撮影することができた。ご来光に感謝。その後、ちょっとだけ寝て折り畳み自転車で、昨日豊岡に置いておいたカヤックのところまで行く。久美浜湾は、湾というだけ池ではないのだが、これほど、しっかりと囲まれているので、湖と言われても納得してしまう。この湾で、カヤックのオリンピック強化練習をやっていた。当然立ち入り禁止になっているのだが、すぐ近くで、オリンピック選手が練習しているというと、テンションがあがる。久美浜は、今から18年前に「つぎはぎ日本一周」自転車で、来た時に、ボートレースで盛り上がっていた場所として印象に残っている。イベントだったと思うが、すごい活気があったのを思い出す。http://bycyclehama.dokkoisho.com/cycling/nihonnissyuu/kinosakiayabe/038kinosakiayabe.htm  今日のルートは海岸線の道はなく、大きく陸地を進むような道で、海を楽しむことができず、山道をひたすら進む。  豊岡に到着。ここから、本日のカヤックスタート。今日も、昨日と同様、波もそれほどなく、風もほとんどなく、いい感じの天候だ。このルートも海岸線は基本岩壁。面白い岩も多く、目を楽しませてくれる。ただ、崖崩れもところどころあり、岩だけではなく、その上に土が体積している層がある台地といったところか。  洞窟もところどころあり、一か所通行できるトンネルのようなところもあり、なかなか面白かった。  昼食のために、にわかプライベートビーチに上陸。ここがまた、いい感じ。特に海の透明度がすばらしく、魚も多い。シュノーケリングはいくらやっていても飽きなかった。アジの稚魚の群れや、でかいチヌ、サンバソウ、ボラなど、いろいろいた。しっかりシュノーケリングを楽しんだのだが、まだ時間があったので、次回のスタート地点を少しでもかせごうと思い、久美浜の東の端の海岸まで行ってみることにした。しかし、これが、潮の流れからか、いくら漕いでもなかなかつかず随分と時間がかかってしまった。やっと、上陸して休憩できると思い浜にあがろうとすると、スピーカーから、大音量で、カヌーはオレンジのブイから中には入らないでください。という放送が、上陸できぬまま、Uターンしようとしたら、港が見えた。そこに行くと、スロープがあり、上陸してしばし休憩。しかし、このスロープ、に来るための道は、車がはいれないようになっていて、次回のスタート地点としては無理。どうしたものかと、再び、港を出ると、サップの集団が・・・・あいさつをして、どこから出られたか、聞いてみた。すると、さっきの浜という。サップはよくて、カヤックはだめなのか~~??と思っていたら、さっきの浜の本当の端の端は、オレンジのブイがないところがあって、そこからなら出艇できると言われた。次回の出艇場所はそこに決定。その後、車中泊をしていた葛ヶ浜へ向かう。今度は、潮の流れに押される形になったのだろう、さっきに比べると、あっという間に到着。  カヤックを片付けていると、浜の管理放送から、「〇〇さん、いらっしゃいましたら、おつれの方がお待ちです。至急荷物が置いてあるところに戻ってください」と流れてきた。最初は、迷子かな?ぐらいに思っていたが、結構長い時間繰り返し放送していた。これはひょっとして水難事故の可能性も・・・などと思っていたら、警察も来て物騒な感じに。何か、協力できないかと、警察にお手伝いを申し入れるも、事故があってもいけないので、大丈夫とのこと。浜の他の海水浴客もそうだと思うが、みんなで心配していた。すると、発見の報。なんと、浮き輪をつけたまま離岸流に流されて、遥か沖にいたとのこと。なんとか自力で帰ってきたが、体力を消耗しているらしかった。その後、救急車も来て治療へ向かった。海水浴場に安堵の空気が流れた。本当に命に別状がなくてよかった~~。  この夏のうちに、この先へも進みたいと考えているが、次に条件がそろうのはいつになるか!!今から楽しみ!  

兜山 日の出~!
日の出~!
兜山 葛野浜から折り畳み自転車でスタート。
葛野浜から折り畳み自転車でスタート。
兜山 昨夜パソコンなどで、バッテリーをだいぶ使ったので、ソーラー発電をしておく。
昨夜パソコンなどで、バッテリーをだいぶ使ったので、ソーラー発電をしておく。
兜山 久美浜のマンホール。
久美浜のマンホール。
兜山 久美浜湾  綺麗~
久美浜湾  綺麗~
兜山 街並みもいい。
街並みもいい。
兜山 オリンピックの練習会場。
オリンピックの練習会場。
兜山 進入禁止~
進入禁止~
兜山 ここもいい感じ。
ここもいい感じ。
兜山 山道を行く!
山道を行く!
兜山 なんか、久々に見る標識。
なんか、久々に見る標識。
兜山 いい雰囲気の場所。
いい雰囲気の場所。
兜山 カヤックスタート。
カヤックスタート。
兜山 今日も、カヤック日和。
今日も、カヤック日和。
兜山 豊岡の海岸。
豊岡の海岸。
兜山 面白い岩がいたるところにある。
面白い岩がいたるところにある。
兜山 いい!
いい!
兜山 ここもいい!
ここもいい!
兜山 密!
密!
兜山 洞窟~
洞窟~
兜山 いい
いい
兜山 いい
いい
兜山 カヤックを漕いでいてこういうところを通るのは楽しい。
カヤックを漕いでいてこういうところを通るのは楽しい。
兜山 鬼が島?
鬼が島?
兜山 絵になる~
絵になる~
兜山 洞窟に入る。
洞窟に入る。
兜山 奥が外につながっている。
奥が外につながっている。
兜山 洞窟~
洞窟~
兜山 トンネル状態。
トンネル状態。
兜山 当然通過するでしょう。
当然通過するでしょう。
兜山 いい
いい
兜山 岩の感じが面白い。
岩の感じが面白い。
兜山 いい
いい
兜山 斜面が面白い。
斜面が面白い。
兜山 いい
いい
兜山 ここもいい!
ここもいい!
兜山 いい!
いい!
兜山 上陸~
上陸~
兜山 オレを撮れ!
オレを撮れ!
兜山 今日の昼食。ラーメンが、激辛。粉入れるんじゃなかった~
今日の昼食。ラーメンが、激辛。粉入れるんじゃなかった~
兜山 辛すぎて、甘いものが欲しくなり、デザート!!
辛すぎて、甘いものが欲しくなり、デザート!!
兜山 シュノーケリング。めちゃくちゃ綺麗。
シュノーケリング。めちゃくちゃ綺麗。
兜山 楽しい。
楽しい。
兜山 お~でかいチヌ。ノートリミング。
お~でかいチヌ。ノートリミング。
兜山 再出艇。
再出艇。
兜山 久美浜の東の端まで行ってみることに。潮の関係か、漕いでも漕いでも近づかない気がした。
久美浜の東の端まで行ってみることに。潮の関係か、漕いでも漕いでも近づかない気がした。
兜山 上陸しようとしたら、大音量で、カヤックはブイの外だけでお願いします!とのこと、休憩させてくれ~
上陸しようとしたら、大音量で、カヤックはブイの外だけでお願いします!とのこと、休憩させてくれ~
兜山 仕方なく、港のスロープへ。
仕方なく、港のスロープへ。
兜山 ここも立ち入り禁止。次の出艇場所にはできず。あとでSUPをやっている人にきくと、本当に東の端だけ少しブイがないところがあって、そこからなら出艇OKとのこと。次は、そこから。
ここも立ち入り禁止。次の出艇場所にはできず。あとでSUPをやっている人にきくと、本当に東の端だけ少しブイがないところがあって、そこからなら出艇OKとのこと。次は、そこから。
兜山 再び葛野浜へ向かう。
再び葛野浜へ向かう。
兜山 ゴール。
ゴール。
兜山 自撮り~。
自撮り~。
兜山 人がいなくなり、騒動に・・・・警察も来て心配していたところ・・・潮にながされていただけで、発見されたそう。よかった~。
人がいなくなり、騒動に・・・・警察も来て心配していたところ・・・潮にながされていただけで、発見されたそう。よかった~。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。