川苔山(川乗山) 緊急事態発生!滑落者救出のために

2021.07.23(金) 日帰り

注意情報

この活動日記は、現在は立入禁止となっている区域を含んでいる可能性があります。
事前に現地の最新情報を確認して行動をしてください。

立入禁止区域を確認する

活動データ

タイム

06:03

距離

12.6km

上り

1382m

下り

1477m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 3
休憩時間
1 時間 17
距離
12.6 km
上り / 下り
1382 / 1477 m
19
16
1
44
37
5
1 14
33

活動詳細

すべて見る

お山を始めたお友達が、奥多摩に行きたいとのリクエストがあり、川苔山に行きました。 久しぶりに会うってのもあり、楽しく歩いていると、百尋の滝の手前で、 「おーい!大丈夫ですかー!」 と、叫んでいる男性2人に会う。 話を聞くと、滑落している人がいるとのこと。 よく見ると、確かに手だけが、動いている。 電波は全くなく、すぐにYAMAPでその場のGPS情報をスクショし、発見された方に私の電話番号を伝え、お友達を現場に残し、山頂にダッシュ。 なかなか電波がなく、何とか35分位で電波をゲットし、各緊急関連に電話。 その後、何とか這い上がった80才位の軽装の女性、頭がパックリ切れていたそうで、男性2人と下山しているとの情報を登ってきた友達から伝え聞き、連絡を取り合っていた山岳救助隊に伝えて、救急隊に準備してもらいました。 その後、山頂で友達とのんびりしてたところ、各部署から連絡をいただき説明。 何ともスリリングな山行となりました。 今回思ったことは、とりあえず110番したら、色んな部署が動き(山岳救助隊、消防、警察など)色んな所から、何度も同じ質問をされることです(結局、40回位着信がありました)。 山は電波もないことが多いので、何とか一本化できないのでしょうか? また、110番に連絡した時、YAMAPで得た位置情報を伝えようとしても、YAMAPの事をしらなくて、全く話が伝わらない状態でした。 山岳救助の方からの電話では、むしろ、YAMAPの位置情報があることを喜んでいました。 日本の登山者人口は5%と聞きましたが、こう言う有効な情報が、すぐに伝わるようになればいいなと思いました。 そして、私自身。 先月、アマチュア無線4級の資格を取ったのだから、活かしていきたいと痛感しました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。