銀、金、経塚、天竺汗ダク周回コース210723

2021.07.23(金) 日帰り

活動データ

タイム

07:54

距離

19.3km

上り

1558m

下り

1558m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 54
休憩時間
59
距離
19.3 km
上り / 下り
1558 / 1558 m
1 20
10
43
49
1 35
8

活動詳細

すべて見る

午後から雨予報。最近雷も多いので、焼石周回コースを選択し、5時から登り始めました。 スタートは霧雨気味なのでカッパ上下で歩き始めたのですが、あまりにも暑く中沼で脱ぎました。 東焼石、六沢、金明水まで進み、だいたい10キロ。そこから経塚まで約3キロを往復。 経塚までの登山道は刈り払いされたましたが、熊の落とし物が新しいものから古いものまで多数。大声を出し、相方の笛で威嚇しながら歩きました。 これまで、駒ヶ岳からの冬季経塚しか歩いた事が無かったのですが、山頂までの急斜面はある程度予想していたものの、予想を超える急登。足場も悪く落石も注意しながら山頂到着。コーヒー飲んで下山。 帰りは金明水から中沼までショートカット。しかし、この道がかなりのアドベンチャーコースで、多数の渡渉と、コケで滑る岩、ガレ場、異常に涼しい窪み。全身を駆使しておりました。 湿度と温度とガスと汗で、全身汗ダク。水浴びした様な姿で駐車場到着。途中で靴下を変えたのですが、意味がないほど靴の中チャプチャプ状態。靴の中問題はどうすれば良いのか研究必要です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。