天ヶ岳(女天ヶ岳・男天ヶ岳)

2017.09.30(土) 09:47 - 2017.09.30(土) 11:06
Koshidake (Fukuoka)
自宅マンションから糸島半島の山々が望める。 その中でもコンパクトではあるが、ひと際尖がりの山容に見えるこの山。 私はこの山を「糸島槍」と勝手に呼んでいた。 でも、それが何て山か最近まで知らなかった。 糸島半島の山を早朝登山することになって、やっとこの山が女天ヶ岳であることが分かった。 しかもこの山は独立峰でなく、左側の男天ヶ岳と双耳峰の天ヶ岳であった。 そしていよいよ今日、この山に登ってみることに! 今回の山は、少し時間を遅らして午前中に登ることにした。 糸島半島の山を早朝登山をやってきたが、段々と厳しくなってくる。 日照時間も短くなって朝が遅くなっていくし、知らない道で荒れてたらなおさらと理由。 車を何処に止めようかウロウロしたあげく、大通りから目指す山に向かって上がる林道途中にある善鷹寺に駐車させていただく。 スタート。 暫くは林道歩き。 やがて登山道へと入り、赤いテープと踏み跡を確かめながらの登りとなる。 ここでも蜘蛛の巣攻撃!払いながら進む。 女天ヶ岳と男天ヶ岳の分岐に出合い、まずは険しいと言われている女天ヶ岳へ あの尖がりからすると当然急登である。 付けられているロープをつかみながら登る。 山頂に近づいたときに何やら物凄い音で斜面を下っていくものが… イノシシのようだ。それも1匹ではない。尾根の左右それぞれに斜面を下っていった。 右側に下ったイノシシにはまた遭いそうな予感。参ったなぁ~ とりあえず山頂に記念撮影して下る。 男天ヶ岳は女天ヶ岳ほど険しくは無かった。 三角点もある。 分岐へ戻る途中に先ほどのイノシシだろうか? 目の前を右側へ走ってった。そこそこの大きさはあった。 この山はイノシシが多いんだろうなぁ~ たぶん、もうこの山には登らんだろう。 蜘蛛の巣まみれになりながら無事下山しました。

写真

自宅マンションから見える天ヶ岳。
双耳峰で右の尖がりが女天ヶ岳、左が男天ヶ岳になる。

自宅マンションから見える天ヶ岳。 双耳峰で右の尖がりが女天ヶ岳、左が男天ヶ岳になる。

善鷹寺に車を駐車してスタート

善鷹寺に車を駐車してスタート

道が分かれ間違って右に行きそうになるが、ここは道なりに左へ

道が分かれ間違って右に行きそうになるが、ここは道なりに左へ

林道は続く。

林道は続く。

段々と狭くなる。

段々と狭くなる。

左に砂防ダム

左に砂防ダム

お堂に出合う。

お堂に出合う。

ここからは赤いテープと踏み跡頼りに上がっていく。

ここからは赤いテープと踏み跡頼りに上がっていく。

思ったほど荒れてはいない。

思ったほど荒れてはいない。

蜘蛛の巣は多い。

蜘蛛の巣は多い。

女天ヶ岳-男天ヶ岳の稜線上に出合う。
まずは女天ヶ岳へ。右へと進む。

女天ヶ岳-男天ヶ岳の稜線上に出合う。 まずは女天ヶ岳へ。右へと進む。

立派な案内が。
結構楽な道か…と思うも、このあとすぐにわかる。

立派な案内が。 結構楽な道か…と思うも、このあとすぐにわかる。

尾根を進む。

尾根を進む。

上りが急になってくる。

上りが急になってくる。

ロープ、ロープ!
めっちゃ急登。やっぱりあの山容はそうだよね~
蜘蛛の巣を払いのけながら登り、山頂に近づいたとき…
イノシシに遭遇。複数いる。左右に分かれて斜面を下っていった。
右に行ったやつとまた遭いそうだなぁ~

ロープ、ロープ! めっちゃ急登。やっぱりあの山容はそうだよね~ 蜘蛛の巣を払いのけながら登り、山頂に近づいたとき… イノシシに遭遇。複数いる。左右に分かれて斜面を下っていった。 右に行ったやつとまた遭いそうだなぁ~

女天ヶ岳に登頂。
下りに上ってきた道を見失う。GPSにて確認!
無事下れた~

女天ヶ岳に登頂。 下りに上ってきた道を見失う。GPSにて確認! 無事下れた~

先ほどの分岐まで戻り、今度は男天ヶ岳へ
暫くは山腹を巻きながら上がっていき、上りと変わる。

先ほどの分岐まで戻り、今度は男天ヶ岳へ 暫くは山腹を巻きながら上がっていき、上りと変わる。

もうすぐ山頂。

もうすぐ山頂。

男天ヶ岳登頂。

男天ヶ岳登頂。

こっちには三角点もありました。

こっちには三角点もありました。

こっちも下る途中に一時的に道を見失う。
しかも、先ほどのイノシシか…また遭遇。

こっちも下る途中に一時的に道を見失う。 しかも、先ほどのイノシシか…また遭遇。

柑子岳へ向かう車道より

柑子岳へ向かう車道より

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。