緑は不人気?だけど…の日

2021.07.20(火) 2 DAYS

活動データ

タイム

12:13

距離

18.4km

上り

2469m

下り

2468m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 21
休憩時間
51
距離
7.2 km
上り / 下り
1876 / 6 m
25
4 45
30
DAY 2
合計時間
5 時間 51
休憩時間
1 時間 17
距離
11.1 km
上り / 下り
585 / 2461 m

活動詳細

すべて見る

7月20日 晴れ 祝!登山道開通、…ということで富士山へ、 同調自粛、支援名目、正解は、どっち…? ただ、せっかく富士山関係者と、富士山?が 「来るならこい、準備はしっかりな」と 言ってくれているのでお招きに応じることに せっかく?なので御殿場ルートをチョイス… 20日2時ごろに道の駅すばしりに到着、 6時すぎまで仮眠したのち、6時半ごろ 御殿場口新五合目駐車場に到着、 思っていたよりは?多く、それでも 登山口最寄りのPで先着車は20台ほど、 富士山登山口までマイカー可@無料! 御殿場ルートさまさまです… 7時に出発、登山口鳥居前のテントで 検温と簡単な健康チェックをし、 栄光?の緑バッジ@1000円をゲット! 天候などの巡り合わせが悪く 結果、前回登山からひと月以上のブランク 結果、20分程度の大石茶屋までの行程で まさかのちょいバテ、、これはヤバいかも 以下は今行程の総括、なお合目表記は 現地と地図とでビミョーに異なるので YAMAP地図の表記を基にしています ○大石茶屋〜次郎坊(二合五勺)  御殿場イニシエーション、的な区間で   あとに比べたら緩やかで浅めのザレ場、   まことに残念ながらも、  これ以下の歩き心地がずーっと続くので  この時点で「とぼとぼペース」に  ギアを切り替えておくのがベター、 ○次郎坊〜半蔵坊(五合)  ザレが深めになり傾斜もややきつめに、  突如出現する「2000m」の看板に  軽い諦観と殺意が芽生える、  (他ルートのスタート地点にも未到達…)  五合目では山小屋「半蔵坊」が営業中で  500ミリペットの飲料水が購入可能、   控えめに言ってここが序盤のオアシス… ○半蔵坊〜わらじ館・砂走館(七合五勺)  特筆することなく、ただザレ場が続く…  たまに見かける高山植物群が目の癒し、  それくらい茫漠たる安定のザレ場地帯、  中盤からようやく山小屋群が視界に入る、  それを見据えて上るか、  あえて無視して上るかはお好みで、、  この地点で3000m超 ○わらじ館・砂走館〜赤岩八合館  標高の高さともろもろの蓄積で  とぼとぼペースを維持するのもきつめ、  一方で、山道が多少ガレっぽくなり  道が硬めになった(感じがする)のが  ここにきてようやくのプラス要素? ○赤岩八合館(この日の宿泊地)  カレーが食べ放題!  缶ビールは600円、ペット飲料は500円  スタッフさん手作り&お米炊き立て  カレーは食べ放題(2杯目)  この日の宿泊客は15人程度、、  カレー食べ放題(3杯目)の夕食は  午後5時、消灯は午後9時、  ・〜・ 7月21日 晴れ 山頂御来光を目指し、 2時半に起床、3時に出発、 なお朝食はお弁当対応はなく 戻りを待ってくれての提供、 (ご飯・味噌汁おかわり自由) 荷物のデポも対応してくれます ○赤岩八合館〜山頂(御殿場口)  公式で山頂まで1時間30分の道のり、  富士吉田のそれとはまったく別世界  完全ぼっちの夜間山行(楽しい)  道は、ややガレよりのザレが続く、  勾配はややキツめ?な程度  前日の疲れが抜けていれば問題なし、   4時20分に山頂到達、 日の出時刻が約4時40分なのでセーフ、 御殿場口から5分ほど移動し 見晴らしのいい周縁部にて無事ご対面、 山頂の人出は…多からず少なからず? 自分が前回来た、2年前の平日よりは 半分程度な印象で、何かほどよい感じ… お約束のお鉢巡りをすませて、 御殿場口へと帰着、ここからが復路、 もう1mたりとも上らねえぞーっと、、 ○山頂〜赤岩八合館  楽!とにかく楽!  ザレにカカトをさして滑り下りる  怖いのは勢いつきすぎの転倒か、  この区間ではゲイターはまだ不要 ○赤岩八合館〜わらじ館・砂走館  楽!やはり楽!  上りで散々苦しんだザレが今は味方、  滑り下り時のいい感じのクッションに  ここでもやはり怖いのは転倒、  点在する大きめの岩につま先がかかり  前方につんのめってしまうのだけは  絶対に避けるべき事態、 ○わらじ館・砂走館〜大石茶屋(大砂走り)  楽!を通り越して、楽しい!!  上りの苦行分を全部精算したうえに  なお利子がついて戻ってくる感じ、  「これは上り御殿場ルートの人だけが  使えるルートにすべきだよ!」などと、  すこ〜しだけ本気で思ってしまう  小さな小さな自分がいましたとさ…(笑) 往路の、重く不安な気持ちとは真逆、 そこそこの充実&達成感で大石茶屋へ、 迷わずかき氷を注文、 …待っている間にふと思う、 御殿場ルートの色はグリーン、 緑キャラといえば…不人気? …まあ、否めない、のかなぁ あの、上りのザレのアリ地獄感は 万人受け、だけは絶対しないはず… 「富士山上ってみたい!」とかの人に 勧めたら、何かフツーに恨まれそう… 勧めるならば…フツーは富士吉田ルート? かといって、自分が上るとなると、 魅力的な選択かと言われると、だし… フツーって、人気って、魅力って何だっけ? ……あ、しまった!かき氷、 メロンにすればよかった… フツーに、いちご頼んでいた、、 そんなこんなで、 緑は不人気?だけど…の日でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。