鎮魂の祈り・御嶽山(五の池小屋泊)

2015.07.25(土) 08:00 - 2015.07.26(日) 09:25
2014年9月25日(木) カミさんに今週土曜27日に御嶽山へ行かないか?と誘う。休めるからOKとの返事だった。 駐車場も広く、定番でもある田の原から入山することを決めた。 コースを把握しつつ、タイムスケジュールをつくる。 早速、コンビニで飲料水や行動食などを買い込み、準備を進める。 2014年9月26日(金) 地図をプリントアウトして、ポイントにチェックを入れる。 大江権限→あかっぱげ→8合目→富士見石→大滝頂上山荘→剣が峰山荘→御嶽山山頂 田の原駐車場に朝7時着後、8時から登り山頂到着は12時過ぎ頃の到着予定だ。 既にザックの中は準備万端で朝4時出発の予定だった。 『ごめん!明日、仕事になった!』 『え!行けんのー?』 2014年9月27日(土) 11時52分、御嶽山噴火。 僕とカミさんは生きている。 この日、ひとりでウォーキングをした。 日頃お世話になっている会社の若い社員ふたり(カップル)が亡くなっている。 御嶽山が見える山に登れば自然に遥拝するようになった。 見ると手を合わさずにはいられないのだ。 2015年6月26日(金) 噴火警戒レベル3から噴火警戒レベル2に引き下げ 2015年7月1日(水) 岐阜県側からの入山規制が一気に緩み、火口より2kmに緩和された。 継子岳、五の池小屋までのルートが開通となる。 昨日の御嶽の様子 朝から大型ヘリが剣が峰周辺を飛ぶ。 一の池周辺に20人を収容できるシェルター4基の設置作業である。 初日は常にヘリの音を聞きながらの登山となった。 爽やかに晴れたこの日の剣ヶ峰は悲しいほどに灰色だった。 犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、 行方不明の方たちが一刻も早く、ご家族のもとへ帰れることを、切に願いたい。 【 編 集 追 記 】 熊はやはり夕刻と早朝に活動しています。 この目で見てしまうと恐ろしいですね。時間帯を意識して今後も入山したいと思います。

写真

写真を撮るのを忘れましたが、この橋の手前にバイオトイレがあります。きれいです!

写真を撮るのを忘れましたが、この橋の手前にバイオトイレがあります。きれいです!

橋の下の沢。

橋の下の沢。

鳥居をくぐり山道へ。

鳥居をくぐり山道へ。

七福神。

七福神。

もちろんピークハントではありませんが、初御嶽山に入山です。

もちろんピークハントではありませんが、初御嶽山に入山です。

急登は無く、緩やかに登っていきます。まずは木道と樹林帯ですね。

急登は無く、緩やかに登っていきます。まずは木道と樹林帯ですね。

鳥の声と風が心地いい〜^^

鳥の声と風が心地いい〜^^

また橋が現れます。渡った向こうに朽ちた木道があり通行止めになっていました。

また橋が現れます。渡った向こうに朽ちた木道があり通行止めになっていました。

朝は木道も濡れています。よく滑るので要注意です。

朝は木道も濡れています。よく滑るので要注意です。

巨岩

巨岩

和田アキ子♪

和田アキ子♪

猿投のカエル岩よりカエルらしいかな。^^ でも、カエル岩と言われる岩は多いね。

猿投のカエル岩よりカエルらしいかな。^^ でも、カエル岩と言われる岩は多いね。

スルーします。

スルーします。

ジャ〜ック!

ジャ〜ック!

木の階段がしっかりしてます。作り替えたのだろうか。

木の階段がしっかりしてます。作り替えたのだろうか。

ここでちょっと休憩。

ここでちょっと休憩。

ようやく視界が開けた!そんなところに白山が!

ようやく視界が開けた!そんなところに白山が!

アイスが食べたい。

アイスが食べたい。

ようやくここから森林限界突破っ!

ようやくここから森林限界突破っ!

くぅ〜!この空待ってました!

くぅ〜!この空待ってました!

摩利支天。

摩利支天。

足下が悪く地味にしんどかった〜。

足下が悪く地味にしんどかった〜。

長居します。よろしくお願いします。

長居します。よろしくお願いします。

やはり火山のお山ですね。

やはり火山のお山ですね。

こんな石ころの隙間から…。健気なコマクサ。

こんな石ころの隙間から…。健気なコマクサ。

白骨化。

白骨化。

今日はお世話になります。

今日はお世話になります。

五の池。小さい池です。

五の池。小さい池です。

継子岳経由でぐるりと周回します。

継子岳経由でぐるりと周回します。

飛騨頂上の祠。

飛騨頂上の祠。

まずは小屋裏の飛騨頂上へ。

まずは小屋裏の飛騨頂上へ。

あの鐘を鳴らすのは…

あの鐘を鳴らすのは…

火口部分。

火口部分。

この下あたりに熊出没!!!(≧∇≦)

この下あたりに熊出没!!!(≧∇≦)

向こうに見えるのは乗鞍岳。キレイな裾野を広げてます。いつか登りたいですね。

向こうに見えるのは乗鞍岳。キレイな裾野を広げてます。いつか登りたいですね。

霊仙山のカレンフェルトを思い出す。

霊仙山のカレンフェルトを思い出す。

継子岳山頂が見えてきました。

継子岳山頂が見えてきました。

はい。山頂。せっかくなので周回します。

はい。山頂。せっかくなので周回します。

この山を登った下りがヤバかった…。

この山を登った下りがヤバかった…。

継子岳より周回して小屋へ戻ります。

継子岳より周回して小屋へ戻ります。

急激な下り!ちょっと後悔…。周回される方はヘルメット着用をオススメします!

急激な下り!ちょっと後悔…。周回される方はヘルメット着用をオススメします!

東からガスが吹き上がってきます。ただこもることは無く消えていきます。

東からガスが吹き上がってきます。ただこもることは無く消えていきます。

ここから2km。遠く感じます。灰色の剣ヶ峰が奥に見えます。泣きそうです。合掌。

ここから2km。遠く感じます。灰色の剣ヶ峰が奥に見えます。泣きそうです。合掌。

浮き石もたくさんあります。ガレ場なので気をつけてください。

浮き石もたくさんあります。ガレ場なので気をつけてください。

チシマギキョウ。これから咲くのかな?

チシマギキョウ。これから咲くのかな?

四の池。川になっています。

四の池。川になっています。

このあたりでよく雷鳥が出るとか…。会えませんでした。

このあたりでよく雷鳥が出るとか…。会えませんでした。

この稜線を登っていきます。

この稜線を登っていきます。

いい景観だな〜。

いい景観だな〜。

泳ぎたい。

泳ぎたい。

お鉢部分。夕方に熊が出ました!この写真中央よりやや右の岩があるところです。この上を歩いていたんだよね。こわっ!

お鉢部分。夕方に熊が出ました!この写真中央よりやや右の岩があるところです。この上を歩いていたんだよね。こわっ!

ミヤマダイコンソウ

ミヤマダイコンソウ

ん〜♪やはりきれい!この景色を見たかった!

ん〜♪やはりきれい!この景色を見たかった!

乗鞍方面。

乗鞍方面。

ヨツバシオガマ。もう萎れてる?

ヨツバシオガマ。もう萎れてる?

立派な石碑です。

立派な石碑です。

五の池。かわいく小さい池です。

五の池。かわいく小さい池です。

アディダス3本ラインとHAGLOFS。どんな組み合わせなん!笑。着替えてサンダル履いて夕涼み。っていうか風が強く寒い!この後、熊が出ます!笑。

アディダス3本ラインとHAGLOFS。どんな組み合わせなん!笑。着替えてサンダル履いて夕涼み。っていうか風が強く寒い!この後、熊が出ます!笑。

本館の看板。

本館の看板。

摩利支天手前にある標識<1>

摩利支天手前にある標識<1>

摩利支天手前にある標識<2>

摩利支天手前にある標識<2>

18時。小屋の夕飯です。朝は6時です。

18時。小屋の夕飯です。朝は6時です。

合掌。黒いのは盛り上がった積乱雲です。太陽の斜め下に白山!

合掌。黒いのは盛り上がった積乱雲です。太陽の斜め下に白山!

食後でもまだ陽は沈みません。

食後でもまだ陽は沈みません。

月と摩利支天。

月と摩利支天。

夕刻の三の池。時間によって表情を変えますね。凛とした水面に引き込まれます。

夕刻の三の池。時間によって表情を変えますね。凛とした水面に引き込まれます。

夕陽を浴びた摩利支天。

夕陽を浴びた摩利支天。

雲海と五の池小屋。

雲海と五の池小屋。

斜光が強烈です。徐々に沈みます。

斜光が強烈です。徐々に沈みます。

一時、小屋で時間待ち。

一時、小屋で時間待ち。

白山と太陽。

白山と太陽。

まるで火星のような地表!(あくまでもイメージです)

まるで火星のような地表!(あくまでもイメージです)

宿泊のお客さんをシルエットに。沈む陽を見ながら、みんな思うことは同じだと思います。

宿泊のお客さんをシルエットに。沈む陽を見ながら、みんな思うことは同じだと思います。

ストーブが暖かい。

ストーブが暖かい。

小屋ならではの灯り。

小屋ならではの灯り。

焼酎のお湯割りを飲みながら若い方と山談義。楽しい時間です。

焼酎のお湯割りを飲みながら若い方と山談義。楽しい時間です。

新館の2階。今日は少なく10人ぐらいでした。しかもこの空間にはご夫婦と僕だけの3人。笑。

新館の2階。今日は少なく10人ぐらいでした。しかもこの空間にはご夫婦と僕だけの3人。笑。

おはようございます!朝食です。何故故に海苔にピンがきてるのよ!

おはようございます!朝食です。何故故に海苔にピンがきてるのよ!

食ったら下山!笑。小屋初体験終了!楽しかった〜!また来ます!白山、おはよう!

食ったら下山!笑。小屋初体験終了!楽しかった〜!また来ます!白山、おはよう!

ご来光は残念ながら…見ず。ぐっすり寝てました。笑。手前は三の池。

ご来光は残念ながら…見ず。ぐっすり寝てました。笑。手前は三の池。

コマクサの群生。わかります?

コマクサの群生。わかります?

昨日の熊が出て来ないようにと、熊鈴を手に持ちこれでもか!と鳴らす!

昨日の熊が出て来ないようにと、熊鈴を手に持ちこれでもか!と鳴らす!

あぁ。雷鳥に会いたかったな〜。僕が気づかなかっただけか。

あぁ。雷鳥に会いたかったな〜。僕が気づかなかっただけか。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

ただいま。

ただいま。

無事に下山!さ!濁河温泉・市営露天風呂で汗流そう〜♪

無事に下山!さ!濁河温泉・市営露天風呂で汗流そう〜♪

登山届けと下山届けがあります。

登山届けと下山届けがあります。

今日はお祈りの登山です。

今日はお祈りの登山です。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。