2021_07 硬石山(西峰→本峰_西回りルート)

2021.07.18(日) 日帰り

活動データ

タイム

01:11

距離

2.3km

上り

322m

下り

323m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 11
休憩時間
6
距離
2.3 km
上り / 下り
322 / 323 m
31

活動詳細

すべて見る

仕事帰りに体力維持で硬石山に登る。 【記録・メモ】 ■3時前に登山口に着く。駐車している車は無い。14:55登山口出発。 ■久々に来て入口方向を間違い川沿いに少し歩いてしまう。 ■西周りで登る。登りだして直ぐにクワガタを見つける。 ■山道は手前みそだが良く整備されており登山者も多いのか良く踏み固められている。 ■整備されてからの西峰に行ったことが無いので行ってみる。 ■15:24西峰に向かう山道は、今まで歩いて来た山道に比べて刈った笹が伸びていて歩きづらい。他のルートに比べると人気がないのか、あまり踏まれてないようだ。 ■蔓の込み合ったところを刈り抜いてトンネルを作った場所がある。面白い。 ■15:29西峰到着、予想していたが眺望は無い。 ■小さいテーブルを四角く囲ったベンチがある。これを見て久しぶりに麻雀をやりたくなった。 ■分岐に戻り、本峰を目指す西回りルートを進む。 ■15:42本峰到着。ここも殆ど眺望は無い。 ■15:45久々に大樽とご対面。無事で居たかとホッとする。 ■見晴台への分岐に着く。見晴台方向は通行禁止になっている。知ってはいたが寂しい。 ■サクッと下って16:07登山口に着くと自転車のペア(恋人同士?夫婦?)が休憩をしていた。 【後記】 硬石山は標高が400mに満たない低山だが尾根までが急登で、なかなか良い運動になる。 まだ見晴台に行けた頃は、小さいながらも良い眺めで、によさんも見晴台からの眺めを褒めていた。 それが無くなるとご褒美がなくなったようで寂しい。 登っていてもなんかつまらない、こう思うのは自分だけだろうか、、、。 そうは言っても見晴台に行けないくなったことは現実だ。 加藤諦三が言っていた「変えられないことはそのまま受け入れましょう」と それが幸せへの第一歩だと、、、。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。