間ノ岳・北岳

2021.07.16(金) 2 DAYS

活動データ

タイム

15:13

距離

17.9km

上り

2533m

下り

2533m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 51
休憩時間
56
距離
5.9 km
上り / 下り
1610 / 246 m
1
4 59
DAY 2
合計時間
9 時間 22
休憩時間
1 時間 45
距離
11.9 km
上り / 下り
919 / 2287 m
39
36
19
1 3
23
1 26
1 28
1
17

活動詳細

すべて見る

鳳凰三山で見てから登りたいレベル上位の北岳と間ノ岳へ。例によって有給です。 今年は北岳山荘など一部はネットで完全予約制。 たまたま空きが出たタイミングで予約できたので思い切って登ってみることに。 (肩の小屋のテント場は予約制では無いようです) ・1日目 広河原→大樺沢→八本歯のコル→北岳山荘 2時起きで芦安は4時着。第3駐車場に停めた後に乗り合いタクシーで広河原へ。 大樺沢の登りで脚が疲れたあとに階段風の梯子の連続。 小屋へのトラバース道はお花畑。 テントを設営したら動く気になれず間ノ岳は持ち越し。 スマホで沢野ひとしさんの「人生のことは全て山で学んだ」、作中に書かれている通り山で初めて読む本は頭に入らず…。 初めて稜線で一泊。テント泊の夜はいつも心細いので間ノ岳もやめとこうかと悩みます。 ・2日目 4時になり良い時間だからと思いスタートした直後にポールのカバーを紛失。以降は一本。 間ノ岳山頂は富士山や更に続く南アルプスの稜線。感動でした。 テントを撤収して北岳へ。予想以上に高く…。 眺めも良かったんですが疲れた記憶。 帰りは草すべり→白根御池小屋→広河原。 白根御池小屋ではソフトクリームが無く、体感ではひたすら続く樹林帯を下山。 広河原から14時のバスで芦安へ。 天気に恵まれて良い登山となりました。 ※花の名前はそのうちに

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。