縄文杉ツアー(屋久島)

2015.08.10(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 3
休憩時間
0
距離
23.5 km
のぼり / くだり
1575 / 1553 m
59
1 18
13
16
1 2
24
32
45
18
13
1 14
44

活動詳細

すべて見る

2015年、屋久島で縄文杉ツアーに参加しました。縄文杉は、自生する最大級の屋久杉で、樹齢推定3,000年以上(2,500年説もあり)とされています。 4:00にホテルへ屋久島ガイド協会ガイドの出迎えがあり、ガイドの車でバス乗り場に向かいます。バス乗り場で朝食の弁当を食べて、5:20 荒川登山バスに乗車、荒川登山口に到着。 6:00にトレッキングをスタート、岩のトンネルを抜けて、まずは長いトロッコ道を歩きます。6:40 小杉谷橋、小杉谷中学校跡で休憩。 トロッコ道のあとは、太古からの原生林のパワーを感じる登山道を歩いていきます。 三代杉→仁王杉→ウィルソン株 切株の穴がハート型に見えるということで、縄文杉ルートでも人気スポットになっています。この写真を待ち受けにすると恋愛運がアップすると言われています。 メデューサ杉→大王杉 11:30 縄文杉に到着。縄文杉は、自生する最大級の屋久杉で、樹齢推定3,000年以上(2,500年説もあり)とされています。木の周囲が16.4メートルもあります。幹は屋久杉特有の波うつひだとこぶに覆われており、自然の偉大さを感じることができます。間近に展望デッキがあり、縄文杉のパワーを身近で感じました。 12:00に下山を開始し、来た道を戻ります。途中、安房川のほとりで休憩し足を水に付けましたが、疲れた足に冷たくてとても気持ちが良かったです。 16:20 荒川登山口に到着。 荒川登山バスでバス乗り場に戻り、ガイドの車でJRホテル屋久島へ。 宮之浦岳登山、縄文杉ツアー、二日連続は結構疲れました。 ※軌跡データ・ログ表示はおかしいです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。