下りのコース選択に失敗

2015.07.23(木) 07:53 - 2015.07.23(木) 15:57
Hakusan, Bessan, Choshigamine (Gifu, Fukui, Ishikawa)
雨の中、行ける所までと思って出かけ、結果的に御前峰の山頂まで往復しました。行きはオーソドックスな砂防新道コースでしたが、帰りは観光新道コースを選んだのが失敗でした。このコースを選んだ理由の一つが、行きの砂防新道コースで何ヵ所か、雨で登山道に水が勢い良く流れ、やや危ないと感じた場所があったところ。両コースの距離がほぼ同じということや、ガイドブックなどにも観光新道コースを代表的なコースの一つとして紹介していたのもあります。ところが…。あくまで感覚的な印象ですが、全行程の3割ほどが沢、もしくは沢化した道。案内標識がかなり少ないうえ、迷いそうな場所も何ヵ所かありました。私と同様の初心者の方には、このコースは(1)雨の日は使わない(2)時間に余裕がある時しか使わないーーの2点をアドバイスいたします。非常に花がたくさん咲いている魅力的なコースですが、3時間の道中で見かけたのは、夫婦1組だけでした。

写真

砂防コースでまず現れる吊り橋。雨が強く、
全く気分は盛り上がりません。

砂防コースでまず現れる吊り橋。雨が強く、 全く気分は盛り上がりません。

道端に咲いていた花。

道端に咲いていた花。

雨で精神的な余裕がなく、スマホがずぶ濡れになるのも嫌なので、いきなり御前峰の山頂です。

雨で精神的な余裕がなく、スマホがずぶ濡れになるのも嫌なので、いきなり御前峰の山頂です。

山頂付近にあった奥の院の社。もう少し天気が良ければ、おごそかな気分になれたのですが。

山頂付近にあった奥の院の社。もう少し天気が良ければ、おごそかな気分になれたのですが。

お花いっぱいの弥陀ヶ原の木道。数百メートルもあり、歩きごたえがあります

お花いっぱいの弥陀ヶ原の木道。数百メートルもあり、歩きごたえがあります

観光新道コースに咲いていた花。花の数は砂防新道コースの3倍ぐらいありました。

観光新道コースに咲いていた花。花の数は砂防新道コースの3倍ぐらいありました。

ニッコウキスゲ。これは知ってます。

ニッコウキスゲ。これは知ってます。

天気が悪くなければ、いくらでも花の写真を撮ってました。

天気が悪くなければ、いくらでも花の写真を撮ってました。

小さめの雪渓が。実はここでやや迷いました。右に少し進むも、沢のような雰囲気。真ん中の道にはデカい水溜まり。悩んだ末に左に進むと、正しい登山道でした。

小さめの雪渓が。実はここでやや迷いました。右に少し進むも、沢のような雰囲気。真ん中の道にはデカい水溜まり。悩んだ末に左に進むと、正しい登山道でした。

目印になったのが、名称のわからないこのマーク。20メートルごとぐらいに取り付けられてました。全般的に観光新道コースは、登山道と獣道の中間ぐらいの雰囲気の場所が多かったです。

目印になったのが、名称のわからないこのマーク。20メートルごとぐらいに取り付けられてました。全般的に観光新道コースは、登山道と獣道の中間ぐらいの雰囲気の場所が多かったです。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。