棒ノ嶺(棒ノ折山)

2021.07.07(水) 日帰り

活動データ

タイム

05:36

距離

8.5km

上り

952m

下り

955m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 36
休憩時間
1 時間 17
距離
8.5 km
上り / 下り
952 / 955 m
22
1 37
8
2 1

活動詳細

すべて見る

2日連続の登山。前日と同じく5時過ぎに起きて6時半くらいの電車で出発。天気はイマイチ。相変わらず雲が空を覆ってる。 飯能からはラン友and山友Yちゃんの運転でさわらびの湯駐車場へ。ここで他の3人と合流。サプライズ参加もあってスタート前から大爆笑。 9時20分にスタート。しばらくは舗装路。有馬ダム/名栗湖を右手に見ながら進み、白谷橋を渡ると登山道。高度が上がって汗も流れ出す。しばらくすると白谷沢の流れを何度も渡ることになる。なんだかもう楽しくてしょうがない。水が流れ落ちていく脇はもちろん濡れた岩。滑らないよう慎重に登る。西沢渓谷とはまた違った魅力。 車道を渡って少し行くと岩茸石。裏側から登ることができる。そこから20分弱でゴンジリ峠。さらに15分ほどで棒ノ折山(棒ノ嶺)山頂に到着。この時点では残念ながらガスってて展望なし。みんなで写真を撮ったあと、早速食事の準備。天気のこともあって簡単なもの。でも縁あって別なハイカーさんからスペアリブとドライカレーをいただき、「旨~い」。 すると、あれ?青空が広がってきちゃったよ~。飯能出たあとの車の中で「意外と雲海が見れちゃったりね~」なんて話してたんだけど、いやぁ、なぜか本当になっちゃうんだよなぁ。これだから山はやめられない。 帰りは先ほどの岩茸石まで戻り、その脇から滝ノ平尾根コースへ。でも途中からやたらと狭くて斜めの山道になってきて、「ここでいいのか?」と思いながらもしばらく進んでいくと、あちゃ~、もうその先は踏みあともなさそう。YAMAPを見るとだいぶコースを外れてる。「ルート外れ警告」って機能もあるんだけど、電波が届かないと通知が来ないのかな?とにかく来た道を戻ることにして、その途中で上に見える車道まで直登。そこから少し進んでやっと設定のルートに戻れた~。幸い、滑落も怪我もなかったけど、もっと早く気づいてないとなぁ。教訓にしなきゃ。 根っこだらけで躓きやすく、土は濡れて滑りやすく、疲れた脚には堪えるけどさすがにみんなランナー。最後まで笑いながら3時ちょっと前にスタート地点に戻ってきた。トータル5時間36分。休憩除いた行動時間では4時間20分ほど。 Tシャツは汗まみれだったけど、この日、さわらびの湯は定休日。体を拭いて、シャツを変えるだけ。ま、仕方ないね。今度はお風呂に入れる日に来てみたいな。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。