井原山・雷山 祭りの前の静けさ

2021.07.04(日) 日帰り

 今週末の休みは日曜の10時から。天気も悪いし、今日は近場の井原山へ。 自分は風来坊なのでホームマウンテンと言える場所はないけど、くじゅうと井原は特別な場所。 お気に入りだった洗谷コースに行けないのは残念だけど、花あり、滝あり、登りがいあり。 キツネノカミソリはまだまだこれからだったけど、久しぶりに雷山まで周回して楽しかったなぁ。 来週は市房の予定だったけど、どうも天気が…。3度目のキャンセル❔

オレンジの花の季節になってきました。

オレンジの花の季節になってきました。

オレンジの花の季節になってきました。

オオキツネノカミソリの季節も間もなくやってきます。

オオキツネノカミソリの季節も間もなくやってきます。

オオキツネノカミソリの季節も間もなくやってきます。

夏です。暑かったです。

夏です。暑かったです。

夏です。暑かったです。

沢沿いはちょっと涼しい。

沢沿いはちょっと涼しい。

沢沿いはちょっと涼しい。

今回は子供でした。

今回は子供でした。

今回は子供でした。

アンの滝

アンの滝

アンの滝

登りませんよ。飛沫を浴び行きました。

登りませんよ。飛沫を浴び行きました。

登りませんよ。飛沫を浴び行きました。

何度も頭から水をかぶりながら。

何度も頭から水をかぶりながら。

何度も頭から水をかぶりながら。

何でしょう。この花は❔

何でしょう。この花は❔

何でしょう。この花は❔

カボチャ❔

カボチャ❔

カボチャ❔

紫陽花はいっぱい咲いていました。

紫陽花はいっぱい咲いていました。

紫陽花はいっぱい咲いていました。

お祭りがもうすぐ始まります。

お祭りがもうすぐ始まります。

お祭りがもうすぐ始まります。

準備をしています。

準備をしています。

準備をしています。

まだ咲いていました。

まだ咲いていました。

まだ咲いていました。

山で出会った人は4人。山の上は誰もいませんでした。

山で出会った人は4人。山の上は誰もいませんでした。

山で出会った人は4人。山の上は誰もいませんでした。

雲の真下にいる感じ。

雲の真下にいる感じ。

雲の真下にいる感じ。

厳重にシャットアウトされています。
でも、ここが素晴らしい道だったことは忘れたくないですね。

厳重にシャットアウトされています。 でも、ここが素晴らしい道だったことは忘れたくないですね。

厳重にシャットアウトされています。 でも、ここが素晴らしい道だったことは忘れたくないですね。

ここから上がったことも何回かあります。標語はセンスがありますが、自分の心境は複雑です。

ここから上がったことも何回かあります。標語はセンスがありますが、自分の心境は複雑です。

ここから上がったことも何回かあります。標語はセンスがありますが、自分の心境は複雑です。

時折見える景色に手を上げます。

時折見える景色に手を上げます。

時折見える景色に手を上げます。

だいたいはこんな感じ。

だいたいはこんな感じ。

だいたいはこんな感じ。

ウツボグサ。これは分かります。

ウツボグサ。これは分かります。

ウツボグサ。これは分かります。

雷山到着。

雷山到着。

雷山到着。

青空のある時間も。

青空のある時間も。

青空のある時間も。

姫島が見えています。

姫島が見えています。

姫島が見えています。

上宮で家族の健康をお参り。

上宮で家族の健康をお参り。

上宮で家族の健康をお参り。

清賀の滝。登れそうですが、登りませんよ。水にかかりに行きました。

清賀の滝。登れそうですが、登りませんよ。水にかかりに行きました。

清賀の滝。登れそうですが、登りませんよ。水にかかりに行きました。

一度里に下りるのがこのコースの味噌。

一度里に下りるのがこのコースの味噌。

一度里に下りるのがこのコースの味噌。

富士山の近くのピークから、瑞梅寺方面に尾根を下るルートもあります。こっちの方がかなり楽です。

富士山の近くのピークから、瑞梅寺方面に尾根を下るルートもあります。こっちの方がかなり楽です。

富士山の近くのピークから、瑞梅寺方面に尾根を下るルートもあります。こっちの方がかなり楽です。

もう踏み跡もありません。ちょっと切なくなりました。

もう踏み跡もありません。ちょっと切なくなりました。

もう踏み跡もありません。ちょっと切なくなりました。

花に癒されながら、瑞梅寺の里に降りてきました。

花に癒されながら、瑞梅寺の里に降りてきました。

花に癒されながら、瑞梅寺の里に降りてきました。

オレンジの花の季節になってきました。

オオキツネノカミソリの季節も間もなくやってきます。

夏です。暑かったです。

沢沿いはちょっと涼しい。

今回は子供でした。

アンの滝

登りませんよ。飛沫を浴び行きました。

何度も頭から水をかぶりながら。

何でしょう。この花は❔

カボチャ❔

紫陽花はいっぱい咲いていました。

お祭りがもうすぐ始まります。

準備をしています。

まだ咲いていました。

山で出会った人は4人。山の上は誰もいませんでした。

雲の真下にいる感じ。

厳重にシャットアウトされています。 でも、ここが素晴らしい道だったことは忘れたくないですね。

ここから上がったことも何回かあります。標語はセンスがありますが、自分の心境は複雑です。

時折見える景色に手を上げます。

だいたいはこんな感じ。

ウツボグサ。これは分かります。

雷山到着。

青空のある時間も。

姫島が見えています。

上宮で家族の健康をお参り。

清賀の滝。登れそうですが、登りませんよ。水にかかりに行きました。

一度里に下りるのがこのコースの味噌。

富士山の近くのピークから、瑞梅寺方面に尾根を下るルートもあります。こっちの方がかなり楽です。

もう踏み跡もありません。ちょっと切なくなりました。

花に癒されながら、瑞梅寺の里に降りてきました。

類似するルートを通った活動日記