百名山 『金峰山』 2599m

2015.07.21(火) 06:01 - 2015.07.21(火) 14:55
Mizugakiyama, Kinpusan (Yamanashi, Nagano)
お天気には恵まれた方で、夜中に瑞牆山荘パーキングに着いて、仮眠をして6時から登り始めましたが、午後からは雲も段々出てきたのでどうせならもう少し早く登り始めても良かったかな… でも久しぶりに絶景を見れた感じで満足してます♪ ただ、一緒に行った友達のYAMAP会員でもあるSHIZUさんはベテランなので歩くの早くて、早くて、登りは15分私が遅れて山頂に着き、下山はなんとかついて行けたお陰?で途中5分程遅れただけで通常コースタイム3時間強のところ私もなんと2時間40分程で駆け下りてきました(;゚ロ゚) 登りでも15分こそ遅れましたが通常コースタイムは約4時間半のところ私は4時間40分ほどで、かなり頑張りました(^_^)v 五丈岩にも途中までですが登れてとても楽しかったですっ♪☆ 5:00 仮眠から起きて朝食、準備 6:00 瑞牆山荘から金峰山へGO!! 6:45 富士見小屋に到着 小屋で帰りに立ち寄る増富ラジウム温泉「増富の湯」の割引券をもらう 1人¥820→¥720に… 7:35 鷹見岩への分岐通過 7:45 大日小屋 8:22 大日岩  9:25 砂払いの頭(尾根)に到着 9:35 「千代の吹上」といわれる辺りを通過 9:53 金峰小屋からの分岐通過 10:25 五丈岩の真横に到着すると先に歩いていたSHIZUさんがそこで15分も待っていてくれた^^; 10:30 五丈岩に到着 五丈岩に登ったり、行動食食べたり、20分ほどの休憩 10:50 金峰山山頂 2599m で10分ほど休憩 雲行きが怪しい感じもして、雷雨などに遭遇しても嫌なのでランチはせずに下山することにした 11:05 五丈岩から金峰小屋を経由して帰ろうと思って行きかけたけど、上から見ると小屋からまた稜線まで登りがありそうなので、やっぱり元来たコースで帰ることにして五丈岩まで戻る 11:20 気を取り直し、五丈岩から下山開始 12:45 大日岩まで一気に降りてきた 先に歩くSHIZUさんがここで5分待ってくれていて、お天気も持ちそうなのでここでランチ&ティータイム♪ 13:25 大日岩から下山再開 13:40 大日小屋 14:18 富士見小屋に到着 トイレ休憩10分 14:55 瑞牆山荘に到着 ソフトクリームを買ってまたティータイム♪ 15:10 車に戻る 15:40 増富ラジウム温泉「増富の湯」で温泉に入りますっ! 温泉の後は食堂で「梅味の酵素シャーベット」¥200なるものを頂き、あっさりと自家製感たっぷりでとても美味しいシャーベットでしたが、酵素なるものほんとに入っているのでしょうか!?どんな効果が期待できるのでしょうね!?(*^。^*) 17:20 温泉でゆっくりしていましたが、そろそろ帰ります…

写真

早朝5時、車の中で朝食のサンドイッチとミニおにぎり(2人分)

早朝5時、車の中で朝食のサンドイッチとミニおにぎり(2人分)

瑞牆山荘から富士見小屋までは金峰山と同じルートです

瑞牆山荘から富士見小屋までは金峰山と同じルートです

富士見小屋まで以外と登るけど足元はまだ歩きやすい

富士見小屋まで以外と登るけど足元はまだ歩きやすい

瑞牆山が見えてきました

瑞牆山が見えてきました

富士見小屋に到着! SHIZUさん顔だしOK許可頂いていまぁす♪

富士見小屋に到着! SHIZUさん顔だしOK許可頂いていまぁす♪

小屋からの富士山ビュースポットは!?

小屋からの富士山ビュースポットは!?

ジャーン! 今日は良く見えています♪ うれしー(^^♪

ジャーン! 今日は良く見えています♪ うれしー(^^♪

富士見小屋の入口付近に咲いていたヤマホタルブクロ

富士見小屋の入口付近に咲いていたヤマホタルブクロ

ギボウシはもう少しで咲きそう

ギボウシはもう少しで咲きそう

なんだろなぁ~

なんだろなぁ~

キバナノヤマオダマキ かわいいぃ~♡

キバナノヤマオダマキ かわいいぃ~♡

更に瑞牆山が大きく見えます

更に瑞牆山が大きく見えます

さて、モクモクと登りになりますが、

さて、モクモクと登りになりますが、

なるべく癒しを探します

なるべく癒しを探します

フキの斜面

フキの斜面

これ、よくみますがシラビソ?新芽が黄緑で遠目にはお花みたい

これ、よくみますがシラビソ?新芽が黄緑で遠目にはお花みたい

わぁ~お! 最初の絶景ポイントです 左奥中央アルプスと右更に奥は御嶽山のようです

わぁ~お! 最初の絶景ポイントです 左奥中央アルプスと右更に奥は御嶽山のようです

大日小屋まで来ました 小屋は登山道より少し下に見えていました

大日小屋まで来ました 小屋は登山道より少し下に見えていました

小屋から先の登りが長く、だんだん岩場が… あれ木株が逆さま!

小屋から先の登りが長く、だんだん岩場が… あれ木株が逆さま!

最初の鎖場ですが、SHIZUさんは鎖を持たずしてヒョイヒョイ登っていき私も挑戦しましたが出だしの3分の1も登るともう無理!鎖が頼り…

最初の鎖場ですが、SHIZUさんは鎖を持たずしてヒョイヒョイ登っていき私も挑戦しましたが出だしの3分の1も登るともう無理!鎖が頼り…

ここはシャクナゲのトンネルだったんだろうなぁ~

ここはシャクナゲのトンネルだったんだろうなぁ~

また絶景ポイント! 左から南アルプス、奥に中央アルプス、右奥にうっすら御嶽山

また絶景ポイント! 左から南アルプス、奥に中央アルプス、右奥にうっすら御嶽山

大日岩が近づいてきた

大日岩が近づいてきた

大日岩まで来ました

大日岩まで来ました

金峰山まで先は長いです

金峰山まで先は長いです

この辺りから私にはきつくなってきて後ろから来た男性2人に先を譲ります

この辺りから私にはきつくなってきて後ろから来た男性2人に先を譲ります

やっと「砂払いの頭」(尾根)に出ました

やっと「砂払いの頭」(尾根)に出ました

砂払いの頭は足場が少ない岩場です ここからは絶景が続きます

砂払いの頭は足場が少ない岩場です ここからは絶景が続きます

砂払いの頭から少し登るとそれがよく見えます いよいよ稜線歩きですが私には長い…

砂払いの頭から少し登るとそれがよく見えます いよいよ稜線歩きですが私には長い…

稜線から左手には先日登った瑞牆山2230mがはっきり見えています

稜線から左手には先日登った瑞牆山2230mがはっきり見えています

正面に南アルプス、右手前に瑞牆山を撮っている私 「絶景ぃ~~!」と思っていました(^^♪

正面に南アルプス、右手前に瑞牆山を撮っている私 「絶景ぃ~~!」と思っていました(^^♪

稜線の進行方向の右手には富士山! 雲が出てきたぁ~ 急がなきゃ!

稜線の進行方向の右手には富士山! 雲が出てきたぁ~ 急がなきゃ!

はぁ~!?急ぎたいけどこれは私には壁です…

はぁ~!?急ぎたいけどこれは私には壁です…

でもそれを登ると見えたぁ~☆ いちばん左のコブが目指す金峰山山頂、その右が五丈岩です!! たぶんこの辺りが「千代ノ吹上」といわれるあたりだと思います だって、これまた素晴らしい絶壁! 

でもそれを登ると見えたぁ~☆ いちばん左のコブが目指す金峰山山頂、その右が五丈岩です!! たぶんこの辺りが「千代ノ吹上」といわれるあたりだと思います だって、これまた素晴らしい絶壁! 

ここまで来ると高山に生息するハクサンシャクナゲがまだ咲いていました

ここまで来ると高山に生息するハクサンシャクナゲがまだ咲いていました

歩いてきた千代ノ吹上を振り返るとやっぱり絶壁

歩いてきた千代ノ吹上を振り返るとやっぱり絶壁

わぁ~また鎖場… SHIZUさんは先に進んでいるので一人寂しく登ります(~_~;)

わぁ~また鎖場… SHIZUさんは先に進んでいるので一人寂しく登ります(~_~;)

でも鎖場を登ると更に頂上が近付いてきた

でも鎖場を登ると更に頂上が近付いてきた

んん~見た目には気持ちいいぃ~ でも私にはキツイのです…

んん~見た目には気持ちいいぃ~ でも私にはキツイのです…

これ可愛いけど、なんだろぉ~ もう考えてる余裕もありません

これ可愛いけど、なんだろぉ~ もう考えてる余裕もありません

稜線に雲が流れてきた まだ一超えあるなぁ~

稜線に雲が流れてきた まだ一超えあるなぁ~

近づいているけど、やっぱりキツイ…

近づいているけど、やっぱりキツイ…

後ろを振り返るとすでに大きな一超えしてるんですが…

後ろを振り返るとすでに大きな一超えしてるんですが…

金峰小屋への分岐まで来ました ここから25分?で着くかなぁ~?

金峰小屋への分岐まで来ました ここから25分?で着くかなぁ~?

なだらかに見えてきたけどちょっとした起伏が心拍数の上がっている私にはしんどいっ

なだらかに見えてきたけどちょっとした起伏が心拍数の上がっている私にはしんどいっ

右手の富士山、タイムリミットが近そう~

右手の富士山、タイムリミットが近そう~

後少しで五丈岩の真横に着く!

後少しで五丈岩の真横に着く!

やっと五丈岩の真横です ここでSHIZUさんは15分も待っていてくれていました

やっと五丈岩の真横です ここでSHIZUさんは15分も待っていてくれていました

山頂手前の五丈岩にとうちゃぁ~く!! 山頂は写真奥のガレの山

山頂手前の五丈岩にとうちゃぁ~く!! 山頂は写真奥のガレの山

まだ富士山少し見えているけど少しずつ雲が多くなってきた

まだ富士山少し見えているけど少しずつ雲が多くなってきた

五丈岩と左に富士山! 既に2人五丈岩に登っていますが、1段目位の大きな岩の左からなんとかよじ登ろうとしているのが私(・・?

五丈岩と左に富士山! 既に2人五丈岩に登っていますが、1段目位の大きな岩の左からなんとかよじ登ろうとしているのが私(・・?

五丈岩の真ん中あたりでヨガの立ち木のポーズ♪ これ以上は登れませんでした!

五丈岩の真ん中あたりでヨガの立ち木のポーズ♪ これ以上は登れませんでした!

五丈岩と山頂の間でおにぎりを食べるSHIZUさん

五丈岩と山頂の間でおにぎりを食べるSHIZUさん

金峰山 2599m 山頂です!!

金峰山 2599m 山頂です!!

山頂から見た五丈岩と歩いてきた稜線

山頂から見た五丈岩と歩いてきた稜線

山頂からの瑞牆山

山頂からの瑞牆山

おっ!怪力!!山頂のガレ山の周りを一周できる?ようでこんなトンネルありました 

おっ!怪力!!山頂のガレ山の周りを一周できる?ようでこんなトンネルありました 

五丈岩の前まで戻るとトップレスの男性がトップで黄昏ていました ん?ダジャレ!?

五丈岩の前まで戻るとトップレスの男性がトップで黄昏ていました ん?ダジャレ!?

ハナニガナ  下山開始しています

ハナニガナ  下山開始しています

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

一気に降りてきて大日岩のところでランチタイムのライスバーガー

一気に降りてきて大日岩のところでランチタイムのライスバーガー

食後のコーヒータイム♪ 今日もお気に入りのアイリッシュコーヒー

食後のコーヒータイム♪ 今日もお気に入りのアイリッシュコーヒー

大日岩さん、乾杯ぃぃ~~☆

大日岩さん、乾杯ぃぃ~~☆

下りも鎖場で鎖を持たないでヒョイヒョイ降りる人…

下りも鎖場で鎖を持たないでヒョイヒョイ降りる人…

あっ、ここも持たない… 結局この人鎖触ってないんじゃないの!?

あっ、ここも持たない… 結局この人鎖触ってないんじゃないの!?

大日小屋まで降りてきました

大日小屋まで降りてきました

富士見小屋はこちらですね!? ご親切にどーも!

富士見小屋はこちらですね!? ご親切にどーも!

行きでは気づかなかった苔の丸太

行きでは気づかなかった苔の丸太

マムシグサの群生は結構迫力がある

マムシグサの群生は結構迫力がある

富士見小屋まで戻ってきました 朝は開いていたのに何かの都合で閉めていました

富士見小屋まで戻ってきました 朝は開いていたのに何かの都合で閉めていました

アザミとミツバチ

アザミとミツバチ

?

キバナノヤマオダマキは富士見小屋辺りにたくさんありました

キバナノヤマオダマキは富士見小屋辺りにたくさんありました

富士見小屋がある富士見平を後にします

富士見小屋がある富士見平を後にします

ここからは足元は柔らかいですがどんどん高度が下がります

ここからは足元は柔らかいですがどんどん高度が下がります

瑞牆山荘に到着!! ソフト、ソフト♪

瑞牆山荘に到着!! ソフト、ソフト♪

登山口の木陰に戻ってソフトクリーム頂きますっ♡ 溶けそう…

登山口の木陰に戻ってソフトクリーム頂きますっ♡ 溶けそう…

ソフトに続いてアイスコーヒーを一気飲み! 

ソフトに続いてアイスコーヒーを一気飲み! 

瑞牆湖を通過して、

瑞牆湖を通過して、

増富ラジウム温泉『増富の湯』にやってきました ここは色々な温度のラジウム温泉があってとってもいい!! 42度、37度、30度、25度があり37度が気持ちいい♡ 25度はプールみたいでした(~_~;)

増富ラジウム温泉『増富の湯』にやってきました ここは色々な温度のラジウム温泉があってとってもいい!! 42度、37度、30度、25度があり37度が気持ちいい♡ 25度はプールみたいでした(~_~;)

温泉後は梅味の酵素シャーベットを頂きます 見た目より美味しくてちょっとビックリ!酵素のどんな効果があるのか知らないけど、もう1個食べたい!

温泉後は梅味の酵素シャーベットを頂きます 見た目より美味しくてちょっとビックリ!酵素のどんな効果があるのか知らないけど、もう1個食べたい!

北杜市のマンホールにはキャラクターと一緒に瑞牆山もデザインされています

北杜市のマンホールにはキャラクターと一緒に瑞牆山もデザインされています

帰りの中央高速からの富士山! あれ?なぜまたこんなに見えてるの!?

帰りの中央高速からの富士山! あれ?なぜまたこんなに見えてるの!?

こ、こわい! 談合坂パーキングで遭遇したツバメの大群はなんだか不気味

こ、こわい! 談合坂パーキングで遭遇したツバメの大群はなんだか不気味

道具リスト

  • T Aenergy GT Women 0632-black-mallow

    MAMMUT

  • マルシェ20

    MILLET

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。