今日は平ヶ岳です!

2021.07.03(土) 日帰り

活動データ

タイム

06:27

距離

20.4km

上り

1866m

下り

1868m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 27
休憩時間
3
距離
20.4 km
上り / 下り
1866 / 1868 m
1 16
26
1 10
14
1 28
23
1 3

活動詳細

すべて見る

今日は平ヶ岳へ行って来ました♪ てんくら見てたら平ヶ岳がA!梅雨の合間に登ってしまえと思い立ち、仕事終了後に雨の中を車移動🚗 本当に明日大丈夫?って位の雨でしたが、爽やかな雨上がりの中スタート出来ました☀️🏃‍♂️ ○アクセス 新潟県魚沼市の小出まで国道17号線を移動。 国道17号から352号へ。 途中から奥只見シルバーラインを走り銀山平で再び352号へ。 銀山平から酷道と言われる352号を35km程進むと登山口駐車場に到着します。 シルバーラインはトンネルがメイン。トンネル内に銀山平右の標識出てきますので見落とさないように。 見落とすとダムまで行ってしまうので注意⚠️ 352号は道が狭いですが、夜中なら駐車場まで1台もすれ違いません。 昼間は対向車いますので慎重に運転しましょう。 駐車場は土曜日だけに満車。 駐車場に水道無いですが、登山口近くに沢があります。少し歩きますが、下山時に顔や手足を洗えます。 ○登ってみて 序盤から急登、痩せ尾根が連発します。 登りより下山時の方が歩きづらい感じでした。 数ヶ所ロープありましたが、登りはほとんど使いませんでした。下山時はロープ必要です。 痩せ尾根は歩きやすく、それほどの危険は感じませんでした。ただし切り立っている部分ありますので、滑落しないように注意。 急登が終わると樹林帯メインになります。木道が整備されて歩きやすい、なだらかなアップダウンが続きます。 この木道ですが雨上がりは濡れていて滑りやすく注意が必要です。 あと雨上がり後のため、地面グチャグチャエリアが複数あります。 木道エリアをスイスイ進み距離を稼いだら、池ノ岳ピークまでの急登が始まります。 ロングコースだけに最後の急登が足にきます。 登り切ると目の前に湿原が現れます。池塘が点在している素晴らしい眺めです。 僅かに青空も見え、青空が池塘に映える光景が見れました。 ここから平ヶ岳ピークへ向かいます。 池ノ岳から平ヶ岳までは緩やかなアップダウン。 サクサク歩いてピーク到達です。 平ヶ岳三角点の標柱を右折。木道の先にピーク標柱あります。標柱と三角点だけのシンプルなピークでした。 ピークの後は行き止まりで折り返し。 たまご石に行こうと途中を左に行きましたが、残雪がありました。 踏み跡も無く、軽アイゼンも持参してなかったので、雪の無いとこを進みました。 ただ水場はここなので、行かれる方は気をつけて下さい。水場は、雪解け水が豊富に流れていました。 残雪を避けて木道に戻ったら池ノ岳の分岐へ戻ってしまいました。なので本日のたまご石は諦めました。 ○感想 苗場山程の広さではありませんが、素敵な湿原と、美しい池塘に癒されました。 ピークも苗場山と同様に、湿原の中で三角点打ったとこに標柱立てましたみたいな感じです。そんなピークそのものが湿原の素晴らしいお山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。