焼岳(北峰) 梅雨の止み間を狙って

2021.07.03(土) 日帰り

活動データ

タイム

05:29

距離

6.5km

上り

890m

下り

885m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 29
休憩時間
1 時間
距離
6.5 km
上り / 下り
890 / 885 m
2 21
39

活動詳細

すべて見る

焼岳には土砂降りじゃ無かったら行ってみようと前日に思いつき夜中に出発 豪雨の通行止めで1時間迂回にロスタイムも空の明るさにテンションは下がらず、到着と同時にスタート 道は雨の影響で一部水没も雨上がりのマイナスイオンたっぷりの気持ち良い朝の空気感を味わいながら樹林帯を抜ける 振り返ると雲海と乗鞍岳も見えた ここまで晴れるとは思って無かったから嬉しい モクモクとガスが噴き出る真横を通りながら山頂へ やっぱり岩も暖かい 活火山に地球の営みを感じます。 そりゃ〜平湯温泉のお湯が良い湯な訳です。 多分1番のりで山頂をしばらく独り占め その後に登って来たお兄さんとイロイロ山のお話し 下からのガスが上がって来て穂高岳、槍ヶ岳、上高地方面の眺望は無かったけど満足な山行きとなりました この夏に挑戦しようと思っている新穂高から双六岳に向かう小池新道だけ時より雲の切れ間に姿を表してくれて嬉しかった 実は焼岳は先月、豪雨と体調不良で前半で撤収してました。早々にリベンジ出来てちょっとスッキリしました。 帰りは何時もの温泉と何時もの蕎麦屋へ 本当は中の湯温泉に入りたかったけど日帰りのオープンがちょっと遅いですねー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。