【金山】山中キャンプ場の周回コース【佐賀県】

2021.07.01(木) 日帰り

活動データ

タイム

03:37

距離

6.8km

上り

597m

下り

596m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 37
休憩時間
49
距離
6.8 km
上り / 下り
597 / 596 m
7
1 24
1 19
8

活動詳細

すべて見る

10年以上前に花乱の滝や坊主ヶ滝を前後に見ながら登って以来、かなり久しぶりの金山‼️ 今回は佐賀県側の緩やかなコースながらも、沢がある山中キャンプ場のコースをチョイス😊 駐車場は沢があって涼しく、トイレも完備。これはいいと思いましたよ✨ 半分以上沢沿いなので涼しげでしたが無風💦稜線に出てようやく風に当たりました。風の勝ち😆 途中はマムシやカナヘビ、大なめくじ(ドラクエの敵ではない)が出現😲‼️一人でわちゃわちゃしてました。あと、私しか通らないのでクモの巣🕸️も多め💦 下りは周回をチョイス。笹が茂り過ぎて足元が見えないところが一番怖く感じました。害虫やヘビに怯えながらかき分けていきました~。それがなければ、変化が多くて沢もあるいいコースだと感じました。 翌日からの雨に備えた、よい遠征登山になりました。 ※地図は雷山・井原山でしてるみたいで、特に不自由はなかったですが、ヤマップに掲載されるときにねじれちゃいますね💦ご迷惑をかけます。 動画は⇓⇓ https://youtu.be/LB8kyRfJZik

雷山・井原山 山中キャンプ場駐車場
目の前がトイレなのもありがたい。男女別、多目的トイレもあり🚻
山中キャンプ場駐車場 目の前がトイレなのもありがたい。男女別、多目的トイレもあり🚻
雷山・井原山 この時点でも涼しいのがありがたい
目の前に沢が流れてます
この時点でも涼しいのがありがたい 目の前に沢が流れてます
雷山・井原山 キャンプ場案内板
キャンプ場案内板
雷山・井原山 山中キャンプ場使用上の注意
山中キャンプ場使用上の注意
雷山・井原山 ほぼ木陰で山頂まで歩けます
ほぼ木陰で山頂まで歩けます
雷山・井原山 目の前が登山道の始まり
ここまで車で来ることも可能だと感じたので写真撮りました
目の前が登山道の始まり ここまで車で来ることも可能だと感じたので写真撮りました
雷山・井原山 沢沿いの道
沢沿いの道
雷山・井原山 一旦林道に出ますが、横断するだけです
一旦林道に出ますが、横断するだけです
雷山・井原山 金山まで林道から70分
金山まで林道から70分
雷山・井原山 林道沿いの橋の名
林道沿いの橋の名
雷山・井原山 このコースは九州自然歩道のようです
このコースは九州自然歩道のようです
雷山・井原山 沢沿いで、熊本で言うと八方ヶ岳の沢コースです
右が沢で、雰囲気似てます
沢沿いで、熊本で言うと八方ヶ岳の沢コースです 右が沢で、雰囲気似てます
雷山・井原山 この類の標識も多い
この類の標識も多い
雷山・井原山 道明の滝
やや登山道から外れるので、ここまでくる道に注意
道明の滝 やや登山道から外れるので、ここまでくる道に注意
雷山・井原山 涼しいです
涼しいです
雷山・井原山 道明の滝の看板
道明の滝の看板
雷山・井原山 ここの沢、渡りながら右にルート変更になるので迷いやすいと思います。

沢を渡って真っすぐいかないように注意
ここの沢、渡りながら右にルート変更になるので迷いやすいと思います。 沢を渡って真っすぐいかないように注意
雷山・井原山 背振の自然を愛する会
背振の自然を愛する会
雷山・井原山 ヤマアジサイかな
ミヤマキリシマが終わってしばらく花がないと思っただけに、きれい
ヤマアジサイかな ミヤマキリシマが終わってしばらく花がないと思っただけに、きれい
雷山・井原山 沢がずっとあります
沢がずっとあります
雷山・井原山 これが最後の沢かもって思って撮りました
これが最後の沢かもって思って撮りました
雷山・井原山 植林帯になりました
植林帯になりました
雷山・井原山 あと1キロ切った
あと1キロ切った
雷山・井原山 先ほどマムシがいたのですが、逃げられた。これはマムシじゃなくカナヘビとかかな?
ピンぼけすみません
先ほどマムシがいたのですが、逃げられた。これはマムシじゃなくカナヘビとかかな? ピンぼけすみません
雷山・井原山 分岐に出た三瀬峠からとの合流点かな
分岐に出た三瀬峠からとの合流点かな
雷山・井原山 ヤマップでは近くに水場の表示があって探しましたが、ここは飲むのに勇気要ります
ヤマップでは近くに水場の表示があって探しましたが、ここは飲むのに勇気要ります
雷山・井原山 水場に枯れかけのツツジかな
水場に枯れかけのツツジかな
雷山・井原山 ここは水が汲みやすそうだけど、飲むのは厳しいかもな・・・
ここは水が汲みやすそうだけど、飲むのは厳しいかもな・・・
雷山・井原山 曇りがちなので、今日にしては珍しい木洩れ日
曇りがちなので、今日にしては珍しい木洩れ日
雷山・井原山 最後の分岐
ここは風が抜けて涼しいのでしばらく休憩しました
最後の分岐 ここは風が抜けて涼しいのでしばらく休憩しました
雷山・井原山 読んでません
読んでません
雷山・井原山 10年以上ぶりの金山!
前回は福岡側から登ったので、感慨深い
10年以上ぶりの金山! 前回は福岡側から登ったので、感慨深い
雷山・井原山 下山時も含めて誰一人会わなかった
下山時も含めて誰一人会わなかった
雷山・井原山 福岡側(北側)の眺め
福岡側(北側)の眺め
雷山・井原山 佐賀側(北側)の眺め
佐賀側(北側)の眺め
雷山・井原山 下山開始
ここは昔の分岐だが、通るのに勇気要る。通らずスルー
下山開始 ここは昔の分岐だが、通るのに勇気要る。通らずスルー
雷山・井原山 主稜線は笹が刈ってあり助かる
主稜線は笹が刈ってあり助かる
雷山・井原山 その笹道のど真ん中にマムシか!!と思ったら
その笹道のど真ん中にマムシか!!と思ったら
雷山・井原山 大ナメクジでした!
大ナメクジでした!
雷山・井原山 主稜線とはここでお別れ
右に曲がって山中キャンプ場へ
ここに標識は一切なし
主稜線とはここでお別れ 右に曲がって山中キャンプ場へ ここに標識は一切なし
雷山・井原山 笹は刈ってなさそうな笹地帯
笹は刈ってなさそうな笹地帯
雷山・井原山 刈ってほしい・・・
刈ってほしい・・・
雷山・井原山 ここも沢が多い
ここも沢が多い
雷山・井原山 下って沢を渡ってロープに飛びつくおもしろいアトラクション
下って沢を渡ってロープに飛びつくおもしろいアトラクション
雷山・井原山 笹を進むと、たまにズボンに青虫がいたので定期的に確認する
笹を進むと、たまにズボンに青虫がいたので定期的に確認する
雷山・井原山 落ち葉が深い道でフカフカ
落ち葉が深い道でフカフカ
雷山・井原山 植林帯になってさらに急坂となる
植林帯になってさらに急坂となる
雷山・井原山 通った道を振り返るが、生い茂っており、通るのに勢いが要る〜
通った道を振り返るが、生い茂っており、通るのに勢いが要る〜
雷山・井原山 蛇は出なかったが、その恐怖と戦いながらのソロ下山
蛇は出なかったが、その恐怖と戦いながらのソロ下山
雷山・井原山 間違って進もうとしたところ
引き返した
間違って進もうとしたところ 引き返した
雷山・井原山 林道に到着
林道歩きは20分ほど
ここが一番暑かったです
林道に到着 林道歩きは20分ほど ここが一番暑かったです
雷山・井原山 左(南)の景色が開けている箇所あり
左(南)の景色が開けている箇所あり
雷山・井原山 工事個所
通れました
工事個所 通れました
雷山・井原山 山中キャンプ場に戻ってきました。

夏にオススメのコースで、金山までも近いです。慣れないかただとシンプルにピストンしたほうが易しいです。

山中キャンプ場の沢は浅く、子供でも遊べそうなステキな所でした!登山をしない人でもココはオススメです。

今回も最後まで見ていただいてありがとうございます。
山中キャンプ場に戻ってきました。 夏にオススメのコースで、金山までも近いです。慣れないかただとシンプルにピストンしたほうが易しいです。 山中キャンプ場の沢は浅く、子供でも遊べそうなステキな所でした!登山をしない人でもココはオススメです。 今回も最後まで見ていただいてありがとうございます。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。